ノアの小窓から

日々の思いを祈りとともに語りたい

神の国――キリストの教えの中心をやさしく語る第2課(抜粋)5

2017年03月14日 | 聖書






  きょうは、神の国――キリストのおしえの中心をやさしく語る――
   第2課Ⅳ
を掲載します。
    罪の世から神に支配していただく「世」という、聖書のメッセージが佳境に入ってくるところです。

   「神の国」(天国)は、死んでから行く所であるだけではなく、今すぐ、入ることができる、
   その約束は、キリスト(救い主)が来られたことで実現する・・・。

    不思議な、素敵な、メッセージです。

    世の中の醜い、汚い面だけを見ていても、同時に、
    私たちは、いつでもひかり輝く平安の中にいるのだと
    わかったとき、私たちは生まれ変わることができる、そう語られます。
    そのための、神様(キリスト)の犠牲は、とても大きなものだったのですが、
    キリストは、私たちのいのちも営みも肯定的に見ることを、教えてくれます。

    訪問して下さって感謝です。


       
    

Ⅳ. キリストの生涯と神の国

  キリストは神の国の到来(とうらい)を宣言し、ご自分の働きは、神の国が現在ここに来ていることの証明であると、お教えになりました。キリストは神の国をもたらしてくださったのです。(マタイ4:17)


Ⅳ.A. 人々の期待
  国家が二つに分裂して、大きいほうが完全に滅ぼされてから、700年以上も神の国の出現、すなわち国家の再建を待ち望んでいたイスラエルに、キリストはお生まれになりました。
  その頃のイスラエル人は、ローマの圧政から国を解放して建て直す、力強い王を、「今や遅しと」待ちわびていたのです。
  当時のイスラエルにも、一応へロデという王がいましたが、純粋なイスラエル人ではない上に、ローマ帝国のあやつり人形にすぎず、民衆は彼を嫌って、他の王の出現を期待していました。

 ヘロデは、自分の王位に異常なまでに執着し、猜疑心(さいぎしん)にかられて自分の親族・妻子までも殺してしまった人間です。
  キリストがお生まれになった時にも、新しい王の誕生という情報に、自分の王位が危うくなるのを恐れ、生まれたばかりのキリストがいると思われた地方の、2才以下の赤児(あかご)を皆殺しにしてしまいました。

  キリストが30才になり、実際に教えを始め、数々(かずかず)の奇跡(きせき)を行われると、人々の期待はいやがうえにも膨(ふく)れあがり、もう、まさに爆発寸前というありさまでした。実際、人々はたびたびキリストを王として担(かつ)ぎ上げようとして、暴動(ぼうどう)にさえなりかけたのです。(ヨハネ6:15)


 Ⅳ.B. 人々の失望


  人々の期待がますます過熱するのを、目(ま)の当(あ)たりにしながら、キリストは王になることに関してまったく無関心で、もっぱら病人を治し、悪霊を追い出し、罪にとらわれていた人々を解放する働きに、専念しておられました。それこそが、その時キリストがもたらした、霊的な神の国、悪魔の支配を打ち破る、神の主権と力の現れだったのです。(マタイ12:24-28)
 
  キリストの態度は、過激な愛国者で、現世的(げんせてき)独立国家を望んでいた多くの人々には、優柔不断(ゆうじゅうふだん)でまどろっこしいものでした。そんなことから、いつしか、キリストに対する不信が芽生えていきました。 

  一方、宗教家や国家の指導者たちは、キリストを嫌っていました。民衆がキリストになぴいて行くことに対する妬(ねた)み。自分たちのひそかな罪と偽善(ぎぜん)が、キリストの鋭い教えに暴(あば)かれてしまう恐れと憎しみ。どうしてもキリストの教えに対抗できない腹立(はらだ)たしさ。
  さらには、キリストを王として担(かつ)ぎ出そうとする人々の暴動の可能性。それを弾圧するに違いない、ローマ帝国をなだめなければならない心配。これらが重なり合って、彼らはついにキリストを殺す陰謀(いんぼう)に走り、真夜中に祈っておられたキリストを捕(と)らえて、いつわりの裁判を開き、死刑の求刑をするのです。

  当時、植民地(しょくみんち)国家であるイスラエルの法廷は、死刑の宣告をすることが許されていなかったために、彼らは、キリストを宗主国のローマの官憲(かんけん)に手渡し、虚偽(きょぎ)の訴えをして死刑を求めたのです。
  憎いローマの官憲(かんけん)に手渡されてしまったキリストを見て、一般民衆のキリストに対する不満と不信は、たちまち頂点(ちょうてん)に達しました。こともあろうに、ローマを敵として戦う、勇ましい王として期待していたキリストが、いとも簡単に捕らえられ、弱々しく裁判にかけられ、口も開かずにいるのです。つい数日前までの人々の大きな期待は裏切(うらぎ)られ、まったくの失望に変わってしまいました


Ⅳ.C. キリストの死

  大きかった期待を裏切られた怒りは、そのまま、キリストにぶつけられました。この方こそ新しく王になられるのだと信じて、「一目でも見たい。一言でもお祝いの言葉をかけたい」と集まった群衆。椰子の葉を道に敷いて臨時の凱旋行進さえ演出し、胸躍らせ、歓呼して都に迎えた民衆は、一変して、キリストの死刑を要求したのです。
  誤って理解していた神の国への望みが、どんなに強力なものであったかがよく分かります。こうして、キリストは、死刑の中でももっとも重く残酷な、十字架刑に処(しょ)せられたのです。


Ⅳ.D. 神の国の再認識

  キリストは十字架の上で死に、墓に葬(ほうむ)られました。しかし、私たちが信じ崇(あが)めているキリストは、墓の中で朽(く)ちはてた人間ではありません。墓を打ち破って復活して下さった神の子です。キリストは3日目に甦(よみがえ)り、40日に及んで多くの人々の前に現れ、教えと働きの最後のしめくくりをした後、天に昇って行かれました。

  ここに至って、キリストと親しく生活を共にし、くわしく教えを学んだ弟子たちを中心に、神の国の新しい理解、正しい理解が生まれてきたのです。
  弟子たちも、一般の民衆と同じように、いや、それ以上に、キリストが王となり、ローマ帝国を打ち破って、繁栄の独立国家を再建して下さることを期待していました。ですから彼らにとって、キリストの死は、まさに、絶望だったのです。
  キリストの甦りはそんな弟子たちを狂喜させ、神の国の正しい理解を可能にしたのです。







『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神の国(2課)――キリストの... | トップ | 神の国――キリストの教えの中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。