ノアの小窓から

日々の思いを祈りとともに語りたい

Celtic Woman - Ave Maria

2016年11月04日 | 聖書




      もう一度、Celtic Womanです。
             シューベルトの「アベ・マリア」です。

    プロテスタント教会では、イエスの母マリヤは、礼拝の対象となっていません。

    聖書に照らしてみると、カトリックのマリヤ信仰は、無理があると考えられます。
    マリヤは、救い主キリストのお母さまですが、神様ではないからです。


    しかしながら、
    聖霊によって神の子をみごもり、困難の中でイエスを産み、

    やがて、十字架に掛けられて死ぬ息子を見る女性の物語は、

    人々の苦しみや悲しみを映して、その人々を慰める
    神のようなイメージを創りだしたのでしょうか。    

    美しいマリヤ賛美の曲をたくさん生み出したようです。



    
           



Celtic Woman - Ave Maria





          御使いは、入ってくると、マリヤに言った。
          「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」

          しかし、マリヤはこのことばにひどくとまどって、これはいったいなんのあいさつかと考えこんだ。

          すると、御使いが言った。
          「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。」
                                 (新約聖書・ルカの福音書1章28節~30節)




                  御使い=天使、
                  主=神






『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Celtic Woman - Little Drumm... | トップ | 聖書に見る美貌14――ソロモン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。