ノアの小窓から

日々の思いを祈りとともに語りたい

聖書に見る美貌13――ダビデの王子たち、アドニヤ、ソロモン

2016年11月01日 | 聖書




       神さまは、最初地上にただ一対の男女を置かれました。
       エバがアダムに与えらえられた時、アダムは彼女を見て、
       「これぞ、私の骨の骨、肉の肉」といって喜んだのです。(旧約聖書・創世記2章23章)


       楽園エデンの園には、何でもそろっていたのですが、
       
       神様は、「人間が一人でいるのは良くない。彼に助け手を造ろう」と仰せになって、
       エバをお造りになったのです。(同2章18節)

       ふたりしかいない時には、外見の様子などはあまり意味がなかったのでしょう。
       彼らの外見に対する描写は、いっさいありません。

       彼らは、全裸だったのですが、その外見を評価するような者もいなかったので、
       これだけ考えても、とても幸せな時代ですね。

       じじつ、彼らは、自分たちが、「全裸である」ことさえ、「知らなかった」のです。

       知恵の実を食べて目が開けたあと、はじめて、たがいに裸だと気がついて、互いに恥ずかしいと思い、
       いちじくの葉をつづり合わせて腰をおおったのです。

       夕方になって、神様が彼らをお呼びになったとき、彼らは、初めて「神様から」隠れたのです。
       神さまに、「なぜ隠れたのか」と聞かれて、「裸なので恥ずかしいと思いました」と答えています。
       「あなたが裸であることを誰が教えたのか」と、続くのです。

       人は、じつに、「目が開けた」瞬間から、うわべを気にしていたんですね。



              ★ ★ ★  



        人のうわべが、悲劇的なのは、それは「朽ちる存在」のためですね。
        どんなに、美しい外見も、年月とともに壁土のように剥落(はくらく)していき、

        どんなに強靭な肉体でも、やがては衰えていくのです。

        アダムとエバが恥じたのは、自分たちの有限の姿を見たからでしょうか。
        神様と対等になるといわれて知恵の実を食べたのに、
        そこには、みるも恥ずかしい姿があった・・・?


                ★ ★ ★★


        王制になったイスラエルに突然、たくさんの美しい男たちが現れます。
        美貌は、「完全」を表徴するのでしょうか。

        たしかに、人がどれほど、化粧や身なりに気を使いお金を使っているかを考えれば、
        神の御心とは反対だと「思って」いても、私たちは、うわべを繕うのかもしれません。

        ダビデが70歳になったときです。
        ダビデは老いて、病気がちになりました。家来たちは、
        王の世話をする若い娘をさがしだしてきて、
        仕えさせます。


                      
      この娘は非常に美しかった。彼女は王の世話をするようになり、彼に仕えたが、
      王は彼女を知ろうとはしなかった。(旧約聖書Ⅰ列王記1章4節)
      一方、ハギテの子アドニヤは、「私が王になろう」と言って、野心をいだき、
      戦車、騎兵、それに、自分の前を走る者五十人を手に入れた。(5節)
      ――彼の父は存命中、「あなたはどうしてこんなことをしたのか」と言って、
      彼のことで心を痛めたことがなかった。
      そのうえ、彼は非常な美男子で、アブシャロムの次に生まれた子であった――(6節)




         若い美しい娘にも心動かされなくなったダビデ。
         王が弱ってきたとき、王宮は騒然としてきます。

         そのとき、王子アドニヤは、自分こそ次の王になろうと思い、戴冠の儀式に必要な
         戦車や騎兵や従者を集め、即位を宣言するのです。
         彼は、アブシャロムの次に生まれた王子でした。
         アブシャロムがクーデターに失敗して倒れたとき、
         「これで、王位は自分のもの」と思ったかもしれません。

         なんといっても、アドニヤも美男子で、
         父親から叱られたことは一度もなく、父親を心配させたこともなかったのです。

         アブシャロムの容姿は、「頭のてっぺんから足の先まで、非の打ち所がなかった」と
         説明されていました。


         してみると、容姿の「完全さ」が、心の完全さだと思われたのでしょうか。

         「人はうわべを見るが、神は心を見る」と言われた神の価値観がないがしろにされ、
         ダビデの王宮にも、悲劇が入り込みました。

         ちなみに、アドニヤを制して王になった
         ソロモンがどのような容姿であったか、直接の言及はありません。
         彼の母、バテ・シェバは、ダビデの8番目の妻で、

         ソロモンはダビデの7番目の息子でした。




         


 




   
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書に見る美貌12――ダビデ... | トップ | Celtic Woman - Little Drumm... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。