ノアの小窓から

日々の思いを祈りとともに語りたい

聖書に見る美貌――10

2016年09月15日 | 聖書



       日本の戦記物には、
       腕に覚えのある武将が一騎打ちをする場面が、戦場の華(はな)のように語られます。

       「やあやあ、遠からん者は音に聞け。近くば寄って目にも見よ」
       この名乗りは、戦記物を読むと必ず出てきます。
       子どもの本、たとえば、義経物語や曽我兄弟物語などにも出ていました。

       戦いを前に、武者震いをしている武将の姿が目に見えるようです。ですから、
       日本人には、サムエル記の次の箇所、ゴリヤテがダビデと対決する場面は、
       よく理解できるのではないでしょうか。

       
                ◎       

      ペリシテ人(ゴリヤテ)はダビデに言った。
       「さあ、来い。おまえの肉を空の鳥や野の獣にくれてやろう。」
       ダビデはペリシテ人に言った。
        「おまえは、剣と、槍と、投げ槍を持って、私に向かって来るが、
       私は、おまえがなぶったイスラエルの戦陣の神、万軍の主の御名によって、おまえに立ち向かうのだ。」

        きょう、主はおまえを私の手に渡される。 私はおまえを打って、おまえの頭を胴体から離し、
       きょう、ペリシテ人の陣営のしかばねを、空の鳥、地の獣に与える。
       すべての国は、イスラエルに神がおられることを知るであろう。


       この全集団も、主が剣や槍を使わずに救うことを知るであろう。
       この戦いは主の戦いだ。主はお前たちをわれわれの手に渡される。

       そのペリシテ人は、立ち上がり、ダビデを迎え撃とうと近づいて来た。
       ダビデもすばやく戦場を走って行き、ペリシテ人に立ち向かった。
       ダビデは袋の中に手を差し入れ、石を一つ取り、石投げでそれを放ち、ペリシテ人の額を打った。
       石は額に食い込み、彼はうつぶせに倒れた。(Ⅰサムエル記17章44節~49節)


       じつに、簡潔な描写ですが、ダビデは、勝ったのです。

       ダビデが石投げ器で打ち込んだ小石は、ゴリヤテの額に命中しました。
       石投げ器は素朴な武器ですが、
       射程は弓より長く、速度も速かったそうで、急所に命中すれば、威力を発揮したのです。
       
       石投げ器
       https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%95%E7%9F%B3%E5%99%A8


           ◎   

       切り札の勇士ゴリヤテが倒されたペリシテ陣営は総崩れになって、逃げたのです。
       ダビデは、イスラエルを窮地から救ったのです。
       戦場から凱旋する道々、イスラエルのすべての人が街々から出てきて
       サウルとダビデを迎えたのです。


       女たちはイスラエルのすべての町々から出てきて、
       タンバリン、喜びの歌、三弦の琴をもって、歌い、歓び踊りながら、
       サウル王を迎えた。

       女たちは、笑いながら、繰り返してこう歌った。
       「サウルは千を打ち、
       ダビデは万を打った。」
 
       サウルは、この言葉を聞いて、非常に怒り、不満に思って言った。
       「ダビデには、万を当て、私には千を当てた。彼にないのは王位だけだ。」
       その日以来、サウルはダビデを疑いの目で見るようになった。
                            (同18節6節~9節)
                             

       イスラエルの英雄となって、いわば金メダリストになったダビデは、
       王をしのぐ人気者になりました。
       
       見た目も、美貌のダビデが、名実ともに「輝いていく」のです。
       サウルは嫉妬に狂って、ダビデの殺害を企てるようになります。

       嫉妬は、サタンが使う最強の武器です。
       聖書にある人類最初の家庭内殺人事件
       カインが弟アベルを殺したのも、結局、嫉妬でした。(創世記4章1節~9節)

       サウルは、ダビデがなぜゴリヤテを倒せたのかを考えるべきでした。
       ダビデはもちろん、石投げの名手だったでしょう。
       しかし、石をゴリヤテの額に命中させてくださったのは、
       次のように唱えることのできるダビデの、「神への熱い信頼、信仰」でした。

       「私は、おまえがなぶったイスラエルの戦陣の神、
       万軍の主の御名によって、おまえに立ち向かうのだ。」

        このようなダビデの態度を、神は
        「人はうわべを見るが、主は心を見る」と言われたのでしょう。



                     






『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書に見る美貌――9 | トップ | シニア感謝デーのプレゼント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。