カナダでぐーたら

カナダ ケベックシティからデブ犬ムーとどーでもいい事をダラダラとあれやこれや。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリスマスだったけども

2007年12月29日 11時17分52秒 | カナダについて

クリスマスが終わったね。

教会のミサに行く?って聞かれたよ。

もちろん丁重にお断りいたしました。

教会って寒そうじゃん。めんどくさいし。

ってか私はクリスチャンじゃないから行ってどーする?みたいなね。

唯一の神はトム・ヨークだって信じている私にはとりあえず資格なしだし。

 ←神 

トムが祭られている教会なら毎週通うけどね。

イエス様じゃ 無理っしょ。 

25日が休日なのか謎だったので旦那に聞いてみたら「あたりまえじゃん!ここはカナダだよ!」って切り替えされてムカっとしてみた。

キリスト教の国なんだからみたいなこと言うわけよ。

ふ~んだ。他の宗教もたくさんあるだろうに。

なーんかね。やーっぱりね。 ふーんだ。

クリスマスなんかより元旦が大切なのだよ。日本人にはね。

新しい年を迎える この気持ちの切り替え方 好きだわー。

まぁ いいや。

 

っつーかさ Rihannaって誰?  売れた人らしいけど。

MTVとかうざいし見てないから分からんのだけども。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

大日本人

2007年12月14日 12時50分47秒 | 映画

う~ん 

話題になりすぎてたので期待も大きかったんでしょう。

これは限りなく駄作だと思う。

 

前半はグダグダ、途中からテンポよくなって「あっ このままおもしろくなるのかな?」って思ったらラストのあれ。

あんなのは自分の番組でコントとしてやればいいでしょーに。

 

映画としてはねぇ・・・・ もし私がお金払って映画館で見てたとしてあのラストだったら配給会社に少なくともクレームは入れるね。 

 

別に映画にルールはないんだし、好きなように作ればいいよ。だけど見るお客さんがいて初めて映画として成り立つわけだからね。どうやったら楽しませられるか?ってことも念頭において作っていただきたい。

 

どうせ松ちゃんは涼しい顔して「おれのセンスが分からんやつはクズだ」とばかりに理解できないこちら側を見下すんでしょうがね。 

小難しい映画が嫌いなわけじゃないし、むしろドンちゃん騒ぎの映画よりは単館モノのほうがタイプなんだけどさ。この大日本人はそれとも違う。

 

まぁね まだ一作目だからさ。 まるっと新人だしね。

あまり辛口でも駄目なのかもしれないけど。

 

社会風刺が含まれているようで、実は監督自身まったくそんなことを思ってなさそうだし。 

とにかくつかみ所のない映画でした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どろろ

2007年12月14日 08時44分56秒 | 映画

ちょっと前に話題になっていた「どろろ」を見た。

 

う~ん・・・・ やっぱりねぇ なんだかねぇ。

こういうスペクタクルっての?はぁ?? 

なんての こういった感じの大作は日本は作るのが下手だよね。

 

まず役者が事前に役作りをしっかりしないんでしょう ワイヤーアクションが多いんだけど動きのキレがあまりにもなくって不自然。

そういった意味では嫌いだけどハリウッド映画はしっかりしている。

 

あと配役ミスなのかな? 人気役者を使えばいいってもんじゃないっしょ。

ブッキーはキャラが違うと思うし、コウ様も「演技派」と呼ばれているようだけど実際どーなのよ。キィーキィーうるさいだけでイマイチ。

特にコウ様は最近 何を演じても同じにしか見えないので女版キムタクになりそうで心配。

 

内容も私は原作を読んだことがないから比べられないんだけど、無理やり押し込んだって感じもするし、「原作読んでいる人には細かい部分は伝わるけど、それ以外は読んだ人に聞いて」っていうよくあるパターン。

いろんな意味で冒険はしてるんだろうけども新しさを感じさせない。

最近の日本映画はがんばってると思うし実際におもしろい作品も多いんだけど、こういった作風のいかにも「ハリウッド映画に近づこう」としてるのは駄目だ。

 

駄作ではないと思うけど、かといって絶賛はできない。

DVDで十分ですな。 

大画面でこのアクションが見たかったって気にさせないのがかなりマイナス。 

続編作るらしいけど・・・どうだかねぇ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こっそり

2007年12月11日 15時47分06秒 | ひとりごと
密かに更新してみる。

MIXIでリンクしてたのも止めてみたので誰も気付かないであろう。

最近 引き篭もりに拍車がかかり映画・音楽・本と大量に消化しているのでメモ代わりといった感じで。

そしていつまた更新するか謎なのでコメント欄もなしで。

いたってつまらないブログになる予定。

なにかメッセージがあればメールでね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更新してみた

2007年06月18日 13時48分36秒 | ひとりごと

最近 更新をさぼりすぎ。

いろいろ心配のメールとかありがとうございます。

更新できないほど体調悪いって訳ではなく、PCの調子がむちゃくちゃ悪いのですわ。

「時効警察」も終わっちゃったし、あとは「私たちの教科書」と「バンビーノ」だけだわね。

これからマメに更新するつもりです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

総まとめ 

2007年06月01日 18時01分51秒 | 収集

最近は体調不良に磨きがかかり、すっかり引篭もりどころか人間嫌いの域に突入。 人類なんて滅びてしまえーー

で、ミスユニバース日本代表やりましたね

やっぱりいろいろ巷で言われているように私も森さんはタイプじゃないのだよね。

顔が大きかったですね。

化粧も濃すぎですわ。

これぐらいの方が美しいです。

これはいくらなんても濃すぎかと。

しかしダンスをやってるだけあって体はすごいっすわね

もちろん一般的にいえばお美しい方だろうし、私なんかよりも数億倍も完璧な女性なんでしょうがねぇ

いろんな掲示板で言われている通り、私も去年のくららたんの方が好みだったりする。それはもういろんな意味で。

語学堪能と言ってた割にはどれも初心者レベルだったり、大舞台で空回りしまくったり、話すと意外に痛いキャラだったり。

 川原亜矢子なのかSHIHOなのかもう区別がつかなかったりするけれども・・・。

お顔と体の美しさにプラスされるものが大きいのだよ。くららたんは。

今年の日本代表選考会は写真だけ並べてみると「オカマのコンテスト?」と疑ってしまいそうになるほどだったんだけどもさ。

こんな感じで。

だいたい日本代表をプロデュースとか外国人がやってるんでしょ。身のこなしから化粧の仕方まで指導するそうで。それってもう日本の美じゃないじゃんか。要するに外国人から見た美しさだけを求めてるわけでしょ。しかも欧米限定で。

優勝とかしなくってもいいから、日本人が美しいと思える女性を出して欲しいよね。

まぁ 各国それぞれ美の基準が違うんだから、それをひとまとめにして世界一を決めようってことに無理があるわさ。

外見じゃなくって内面だって言っても、それでも違いはかなりあるしね。

例えば森さんは堂々として他の代表に負けないだけの華があったけど、ドレスの裾をヒラヒラさせたり異常なほどの腰振りキャットウォークだったり。欧米人が見ていいと思ってることも日本人から見たら「やりすぎ」って映ることもある。

ちょっとYOU TUBEとかのコメ欄で叩かれすぎてるので可哀想になってしまったけど、どーやらミスユニバースに選ばれると1年間はNYで暮らすことになるらしいので。

帰国してからの活躍を楽しみにしましょう。

 

 

で、やっぱりなんでも歪んだ心で斜めから見てしまう私にとって、今回のミスユニバースもいろんな意味で楽しめました。

とりあえず一番 心に残ったのは

森さんの高い頬骨と上向きな鼻がね、

 ホンコンさんを彷彿させるのよ。

 

それから韓国の報道では韓国代表のライバルになるのはこの二人だ!って感じで写真を載せてたんだけども。

やっぱり・・・ってぐらい韓国代表の彼女、囁かれてます。整形を。どーなんでしょうかね。

 可愛いんですけども。森さんより私はタイプかなぁー。鼻が怪しいか?

私は整形疑惑よりも彼女が韓国大会で着た「くす玉」みたいなドレスが気になって仕方がない。

 気になったドレス。 大会本番はとっても素敵なドレスを着て好評だったから良かったね。

 

可哀想だったのはアメリカ代表の子。ステージですっ転ぶし、会場のメキシコ人からすごいブーイングされて 気持ち分からなくもないけど、彼女には関係ないしさ。それでも必死に質問に答えてる姿は素敵でした。可愛かったしね ちょっとジェシカ・アルバっぽくって好きかも。

すっかり日本が優勝するとは思ってなかったので、私の中での下馬評は

女豹のようなブラジル&素直に可愛いインドネシアでした

それから民族衣装の審査もあったんだけど、これが笑わずにはいられない

もうふざけてるでしょ?としか思えないものが多数で、これを見るためだけに一年待ってもいいかもと思える。

オーストラリアとカナダ どちらの国にも民族衣装と呼べるものはないとしてもさ。なんで水着なのか?そしてなぜホッケーチームのユニフォームなのか?着せられるほうも気の毒だよ。

オーストラリアならコアラかなぁ・・・。

カナダならチェックのシャツにオーバーオールでキコリ風かなぁ。

こんな格好をさせられる代表の人たちが気の毒になってくる。

なんとなく年々と派手になっていく気もするし・・・。

数年後が楽しみかもしれない。

 森さんも負けじと。イメージは遊女でしょうか?串みたいな簪が刺さってるから花魁ですかね?

浅草のお土産屋で買ったみたいな・・・外人は好きだろうさね。

去年もくららたんのサムライにも度肝を抜かれたけど、あれで優勝するんだもんね。民族衣装の観念が大きくズレているんだわな。

イルカは民族衣装じゃなくって名物なのではないかと思うんだけど。

もう仮装大会みたいになっちゃって、ますます道を踏み外してほしいこの大会。

実はスポンサーやらバックについてるなんとかでお金が動いててそれで決まるみたいなことを囁かれてしまっているミスユニバース世界大会。

どーでもいいよ。きっと見てる人も世界一の美女を決めるって思って見てないし。

笑わかせ続けて欲しいもんです

 

 ちなみにミス日本2007.

ミス日本とミスユニバース日本代表が違うものだと最近知りました

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

恥ずかしいプレゼント

2007年05月17日 06時26分46秒 | ひとりごと

旦那の親戚の子の誕生日がもうすぐ来る。

 

今年で8歳だと。ちょっと前に生まれたばっかりじゃん。

 

プレゼントはもう決まっていて、  

アヴリル・ラヴィーンの新しいCDが欲しいと。

 コレ コレ

恥ずかしいからーーーーー

いい年してアヴちゃんのCDを買うのがどれだけ恥ずかしいことか。 もう罰ゲームの域ですわ。

 

何気なく旦那仕事の帰りに買ってこいと言ったら絶対に嫌だと却下されまして。 

どっちが買ってくるかでクジ引きをして負けました。私・・・

ということで勇気を出して行ってきたがな。

 

もうね、久々にコソコソしてみたよ。

「絶対に誰にも会いませんように」と祈りながら。

実際は私が何を聞こうが誰も気にしないし、笑わないんだろうけどさ。恥ずかしいものは恥ずかしい・・・・

とにかく一目散でCDを手に取りレジへ!

 

レジのお兄ちゃんの目が「おまえ 30過ぎてこんなの聞くのか?」って叫んでる気がして挙動不審。周りを見ればお客みんなが「あの子は今年33になるのにアブリルを聞くなんて・・・やりきれないわ」と囁いているように見える そんな私が一番危ない。

 

ええ、被害妄想もいいとこですがね。

 

そしてこんなときはやっぱり起こるアクシデント。

 

焦りすぎて中身の入ってない見本を持ってきてしまったらしい。

言わないで、言わないで。誰にも頼まないで。私が取り替えてくるからっ!!って強く念じてみたけど届かず。

 

大きな声で「おい!アヴリル・ラヴィーンのCD一枚持ってきてーー!」って声を限りに叫ばれてしまい・・・。

爆死してみました

 

これがエロいDVDでも同じことをするんですか?と問い詰めたい。

 

走ってレジまでCDを持ってきてくれた女の子が涙でかすむ。

唯一の希望だった「プレゼントですか?お包みしましょうか?」なんていうパステル色なサービスはカナダのCD屋ではあるわけもなく

 

これはいろんな意味ですごいプレゼントだよ。

「パテオ」取りに行く加勢大周と同じ気持ちかも。

 

アヴリル・ラヴィーンといえば英のシエナ、米のリンジーと肩を並べカナダを代表するクソアマ・キャラ。驚くほど態度が悪いので有名ですが、別に私は嫌いじゃないのよ。

可愛らしいなぁと思うしねテレビで流れたら光速でチャンネル変えるけども。

 

なんだか、日本でHMVに行った時、レジで並んでいた前のOLさんの手にしていたCDがパリス・ヒルトンだったのを見てしまったときの切なさを思い出した。

大事に聞いて欲しいもんだよ

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパン・マニアック

2007年05月14日 15時35分41秒 | 収集

もう全く更新してないもんね。

忙しくはないけれども体調不良で完璧な引篭もり。

ムーの散歩以外は家でコロコロ

ゲームして編み物して映画見てアニメ見て、すっかり社会的脱落者となってしまいました。

意外とエンジョイしている引篭もり生活。今年の夏は焼かずにすみそう

さて↑の少女。フランス人14歳。

夢は日本人になることらしくって、日本に住みたくってウズウズしててパリの街を見てうんざりした毎日を送っているそうな。

出来ることなら代わってやりたいさ。

ゴスロリ・ファッションに身を包んだ姿はもはや神。

ヲタに国境はなしなのね。

とにかく日本を過大評価しすぎているとは思うし、そんないいところでもないですよと言いたくもなるけど、実際には私はフランスより日本に住みたいのでなんとも言えなかったりするんだけども。

ダフネという素敵な名前がありながら「SUIKA」(西瓜)なんて名乗っちゃうところは痛々しく、それはまるで日本におけるB系ファッションに身を包み、黒人に憧れて和夫なんて大和な響きの名前があるにもかかわらず「ブラザーピンプ」(ポン引き兄弟←実際)なんてカウンターパンチ的な衝撃に似ていたりする。

日本人に憧れてコスプレにハマるのも、黒人に憧れてチェケラッチョリズムにハマるのも、ガンダムに憧れて自家製MSを作ろうとするのもどれも同じさね。

本場(?)の人からみたらきっと嬉しいやら、滑稽やら、寒々しいやら。

まぁ そんなフランス人少女たちの実像をこっから見てみるといいと思うんだわ。

フランス少女、アニメ、漫画を通じて、日本に魅了される[1/2]

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=231993

フランス少女、アニメ、漫画を通じて、日本に魅了される[2/2]

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=232003

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

世界基準で萌えてみる?

2007年04月15日 10時52分22秒 | 収集

冷え性の敵はフローリングだ。

ここ2,3日はちょこーっと暖かいので体調もよく、調子に乗ってフラフラ出歩いたら砂利に足をとられて転倒。

パーキングメーターで激しく後頭部を打ち軽い脳震盪なのか記憶が飛びまして、しばらく自分がなんで外にいるのが理解できずに座り込んだまま(泥だらけ)ボケーっとしてたら、ベランダで煙草を吸っていたカップルに助けられてみた。

なんだかフランス語でいろいろ言ってたけど一言も理解できずにぼんやりしてて、転んだ事実を思い出し可笑しくなってきてヘラヘラ笑い出したら(泥だらけ)すごい悲しそうな目で見られてしまいました 

遠くを見ると手から離れたリードを引きずりながら駈けずりまわってるムーを発見・・・。 

今頃 あのカップルは夕飯でも食べながら「今日すごい気味の悪い女を見たんだよ」とでも話していることでしょう。

 

まっ だから?って話なんですけどね。

今日見つけたのはTHE DAILY MODEL MALE .COMってーやつ。

http://male.thedailymodel.com/ 

なんだか世界中のいい男を集めたらしいサイト。

ここで気になるのは一番多いカテゴリーが中国。2006年のいい男人気投票でもほぼ中国産で占められている。

中にはカリスマ主婦の紀宮様によく似た人もいたりするけど。

日本のハンクの中には何故だか吉田栄作やヨシキと今のギャルは知ってそうもないチョイスがありますが、解せないのはこの人↓

誰なのか?日系ハワイアンってことらしんだけど。

この人の写真 常に上半身裸でほぼ全裸とかまであります。こーいう人に萌え~ってなる肉食アメリケン女子もいることはいるんだ。

 

この人も謎。ハーフらしいんだけど、腐ったやべっちみたいで選ばれる基準が分からない。

NO.1はぺ様なんだってー。

まぁ 他には王道のキムタクやもこみち、成宮君や松潤なんかが載ってますが、岡田君が載らずに三宅が載るってところも怪しかったりしないでもない。

それぞれにあるコメント欄もイングリッシュスピーカーの腐れ女子がいろいろと萌えてて笑えます

横のサムネイルで国別に見てみるのも面白いよ。

いろんな国が載ってるけどあくまでアジア系のみのセレクション。

ロシアもUSAも白人さんも黒人さんも除外されてます。こーいった意味ではここの管理人と話が合うのかと。

やっぱりどーして私は日本男子のページをしっかりブックマーク。

こーやって並べてみると・・・なんだかんだ言ってもキムタクはいい男だってことかもしれない

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ごぶさたしておりましたね

2007年04月10日 17時31分52秒 | 収集

お久しぶりでございます。

ちょこっと前に戻ってきちゃった なんで飛行機って飛ぶのかな?と憂鬱な気持ちで合計27時間の旅。カナダの入国でひっかかった時は「じゃぁ日本に送還していいよ」と逆ギレ気味だったのに許可されてしまい、トロントからケベックまではいつハイジャックしてやろうかと。 

帰ってきてからは体調悪くって寝たっきり編みっぱなし状態でした。今もあんまりよくない。更年期か? 

日本の友達からはお花見に行ったという聞きたくもない浮かれたメールが連日届きますが、たぶんここケベックにはもう永遠に春はこないでしょうと思わせる天候が続いております。まんざら嘘でもないでしょう。

明日もマイナスだよ

しばらく更新してなかったので今まで通ってくれていた方はもう離れていってしまっているでしょうが、期待とは裏腹に今後もひっそりと収集していこうと考えておりますのでよろしくお願いしたい次第でございます。

とりあえず男のお子様をお持ちの方に朗報で記念すべく復帰第一弾を締めくくりたいと思います。

これ↓

 吉徳大光 限定五月人形 ダースベイダー鎧飾り お値段は張りますが、最後は実の息子に討たれて倒れるという男親なら誰でも夢見るアツい暗黒の騎士。

秋月のように冠に家紋をお入れしていないようですが、それでも鯉のぼりは諦めてこれを購入して毎年5月の節句には親子水入らずで闇の世界を学ぶ。これが実は真の親子愛を育てたりするかもしれないけどしないかもしれない、そーいうことです。

徳川美術館の雛人形のように明らかに夜中に勝手に徘徊してそうな佇まいですが、それならそれで他の通販筋からライトセーバーとか買えばいいしね 

今年念願の男の子が生まれたそこ!

購入の仕方はここからですの。

http://www.yoshitoku.co.jp/starwars.html

まぁ そーいうこおとでこれからもお付き合い下さい

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加