いんちきヨギーニ帰国中◎

家も仕事も引き払い・・・旅に出た…ただいま帰国中

恋し…

2013-07-31 19:16:21 | India 2


写真は
ラジェスターンスタイル男性バージョンのディナー
チャパティをひきつめた上に
この日はマトンカレー
みんなでシェアして食べるのがラジェスターンスタイル


〆たてのマトンを
じっくり時間をかけて煮込んだ贅沢なカレー


私は食べれないが
スープだけでも飲んでみて~!!


と言われたほど
格別に美味しかったようです
プシュガル外れの村にすむ親戚はチキンは食べないそうです
一番のご馳走なのかな??

食べれない私は私で
これまた絶品サブジー&ライスで幸せでした◎

本文には何の関係もありません

最近このパターン続いてます


今回
北インドに入ってから
いや
入る前から日本人に全く接してない

日本語の活字はBlog入力の我が文章だけ



さすがに日本語が恋しくなってきた



雨が小降りになったのを見計らい外出
期待せず入ったフリーWi-Fiの店
ランチとディナーを兼ねた17時前に入店



予想に反しWi-Fiの状態がよく
外はまた土砂降りの雨



これは粘るしかない




スカイプ&LINEで電話しまくる

残念ながらみんな忙しい模様




唯一つながった友人とたわいもない会話



用事はないのだ





ひとしきり話して
これ以上は粘り辛く退散



GHの鍵をあけながら

彼に電話しようかな?
と思ったら
電話がきた



今日のMnaliはとても暑かったらしい
今日のBhagsuは一日雨でとても寒かった
部屋中湿気でジッとり
こらゃカビもはえるわな


いつも3分未満の電話トーク
お互いボキャブラリーに乏しいゆえ電話は難しい

それに
仕事の合間のわずかな時間しか話せないことは分かっている


私に
長電話は必要ない
短い電話だからこそかけたい時にかけれるだろう


電話をきって
昨日の残りのワインをのみ
ボンヤリ過ごす


この2週間ずっと一緒やったから
やっぱりさみしいなぁ…




結局
今日は一日雨でMcleod Gangにはいかなかった
明日晴れたら行きたいなぁ
長袖を一枚買いたい
村にもあるが選択肢が少ない



たかがRs.250くらいの出費にも悩む私がここにいる

でも
まだまだインドの金銭感覚ではない


日本のときの自分の金銭感覚が狂っていたと思う



シンプルに生きる

日本では不可能に近いな
インドにいたらそう思う
村を周って
本当にそう思った



食べて
話して
寝る


食べる為に
蒔きで火をおこし
麦をひき
こねる
チャパティ一枚一枚やく

肉屋さんでは目の前で〆てさばかれるのを見る
ミルクをしぼり
ヨーグルトやチーズやバターをつくり

カレーをつくりみんなでシェアして食べる


食べる迄に何時間かかるんだ?
ってくらい時間がかかる


しかし
誰も急かさない
急ぐ必要はないのだ
食事はインド人にとってもっとも大切だ


人々は話す
チャイを飲みながらひたすら話す



赤ちゃんはオムツをしていない
オシッコが空高く飛び
周りは大笑いしながら世話をする
オムツなんかいらない
泣いたりさせない
赤ちゃんは周りの大人やお兄ちゃん達
全員から愛され見守られるべき存在
いつも
かならず誰かの目がある
手が差し伸べられる



そして
男の子は身の回りのことは全て
マム おかあさん
マミー おばさん
パイ お姉さん
が世話をやく


さすがに靴下は自分ではいていたが…



女の子は赤ちゃんの世話や家事をする
嫁入りの準備だ
未婚の女性の部屋には男性は父親や兄弟であっても勝手に入れない
中から必ず鍵がかかっている


私は女性なので昼寝の時はその部屋で寝た
なぜか
夜は彼と彼の従兄弟やお兄ちゃんと一緒に寝てた


この理由はわからない
別の村では
そこん家の子供をはさんで川の字で寝た


よくわからないシステムやし
なんの意味もないシステムだ




ラジェスターン地方はどうも
他のインドよりオープンなようだ
おおらかであった



いま
少しずつ村巡りのことを振り返っている


彼も
彼の家族や親戚も


ヨシも
ヨシの友達もいつ来ても構わない
大歓迎だよ!
ここはヨシの家だからみんなを連れてきていいからね
Vijayが来なくても一人できて構わないからね



何もない小さい村
裕福とは言えないだろうがシンプルな生活と
暖かい人の愛情がここにはあった

その生活に迷いはなく
あるがままの生活を営む人々の姿があった


女性は家の敷地から外に出ない
若い子や働いてる人は別だろうが…
買い物は男性がバイクでマーケットまで行く
ずーっと家の敷地内での生活だ


そして
おばあちゃんの足には
重さ1.5キロくらいのアンクレットがはめられていた


なぜだ?
重すぎるだろう


しかし
おばあちゃんは英語が話せないから
理由はわからずじまい
おばあちゃんの手の甲にはタトゥーが入れられていた
聞けば
なんだかのマークと旦那さんの名前だそうだ


おばあちゃんとは
良く話した
言葉は通じないが
よく一緒に過ごした


おばあちゃんは手相が見れる
見てもらったら
私はお金をたくさん稼ぐらしい
私の手相の三角になってるところを示し
マネーのジェスチャー



へぇ~
無職のわたしがねぇ~

といいながら
金がなくなる
と言われるより
稼ぐ
と言われる方がいいので
乗っかり喜んだ



働いていない現在の私
日本で仕事に恵まれていたとつくづく思う
ここでは仕事にありつくのも難しい



前に書いたかなぁ?
書いたかもな


つい2年前までは
ジャイプールのマーケットストリートで客ひきしていた彼
いまは
ManaliやGoaのショップ管理を任され
他にもいろいろ仕事してる
何でも屋さんの様に働いてる

客引きからは出世したんだろうが
かなりハードそうであり
収入はたいしたことはなさそうだ
仕送りしたら手元には残らないだろう



昔の写真にはゴールドのピアスがあるのに
今はしていない


なんで?



と尋ねたら


お金ない時に売ったの
また
お金稼いだら買う
僕の友達はみんなリッチだろ?
いい車にのり
ホワイトゴールドをオーダーして身につけている

僕はなんにもないをだよぉ

これから頑張ってもっとお金稼ぐんだよ
家族を幸せにしたいし
小さい自分の家を建てる

その後の会話はご想像におまかせします






すごく
いい体験をさせてもらった
本やTVの薄っぺらい情報ではなく
ツーリストが来ない
小さい村の生活…


私があまり知らない家族としての愛情ってもんを見せてもらった


あと
彼の地元の友人達
リッチな人も
貧乏な人も
みんながみんな仲が良い
上下はなくあるがままで仲が良い
自分を卑下したりしていない
人を見下したりしていない


ほとんどみんな英語が話せない
話せる人も単語トーク


そんな各友人達が単語で私に伝えてきた


奴は心がいいんだよ
心が優しいよ






みんなも優しいね◎



快適からは程遠いが
今の日本にはなくなった生活があったかな…


BhagsuやDharamshalaはツーリストプレイスなんで
そんな
何かはありゃしない
ノンビリするだけ~




これも重要!
いつもいつも刺激的すぎても
今の私では全てを受け入れられない
きっと
体調不良はキャパ超え状態に陥ったからだろう



少しずつ
時間をかけながら色んなことを吸収していけるようになりたい
ゆっくりゆっくりだぁ



ヨガする人にとって
一人旅は重要やな
旅することで
自分の外と中を観察できる
フレキシブルに対応していく能力が高められる
インドは時に厳しいが
多くの白人ヨギーが旅してるのも
うなずける

私はまだまだ未熟だが
思い切って北インドにきて良かった
アーサナの練習が滞ったとしても
退行したとしても
私は旅を優先して良かったと思っている


プラクティスは自己内面のトレーニングである


ヨガ イズ ライフ
あんぽんたんな私はノンビリ歩くだけであ~る!!


また
土砂降りの雨が降ってます

この記事をはてなブックマークに追加

7/31

2013-07-31 14:35:59 | India 2
よく眠れた
上の階の人も静か◎


朝ゆっくり過ごす

買っておいた
バナナとりんごを食べる
食欲復活!



りんご
Manaliのりんごである


やっぱり
りんごは日本が美味しいな


ただ
日本のりんごは大きすぎる
小ぶりで歯ごたえあるりんごが好き♡




グダグダ過ごして
久々にヤムナる



身体の感覚が違う
度重なる移動のダメージは顔面より
身体の方が大きい模様



ゆっくりほぐす

肩と首
背中
が痛かったが少し良くなる


慌てず
今日はヤムナだけにしておいた



気づいたら13時をまわっていた



お腹も空いたし
Wi-Fiつなぎたいし
ちょっと村までおりようかな




思ったら雨



朝は晴れていたが
やっぱりモンスーンシーズン
昼からは雨のようだ



お腹空いたけど
傘がないし
寒いし
外に出るのがおっくう



小降りになるまで昼寝するか…






何もしない時が復活


退屈を楽しむ時間は大切やと思う
最近は
バタバタしっぱなしやったなぁ



私にしては珍しい



練習以外は何にもしない日々を過ごそう♡



あぁ
雨がより強くなってきちゃったよぉ
昨日
パンでも買っておけば良かったかなぁ?



2時間は外に出れないな…
こりゃ
傘があっても出れないぜよ!






毎日数回短い電話をくれる彼

電波が繋がらないときもある
ManaliもBhagsuも山である
仕方ないのだ


仕事も忙しくなってきているようで
安心した



はて
私はなぜ彼と付き合うことにしたんだ?

素直で優しい人柄
それだけだ


金もなければ
カッコいい訳でもない


頑なに
彼は作らない


と決めて旅をしてきて
やっぱり彼は作らない方がいい

とも思っていた


別に
付き合うのに理由はいらないし
理由を求めてもいないが



時間がありあまってるので
考えてみている



初めて会って話したときに
僕たちはつながってるって分かったんだ
ヨシは僕の誘いを何度もブッチしたけど
僕は信じていたよ
そしたら
ヨシがManaliでる予定の前の日に電話くれた!
神様が僕の所にヨシを呼んでくれたんだ
だから
すぐに僕の家族と友人全てにヨシをあわせたかった




出たっ!
神様!!!

ヒンドゥー教徒である
神様LOVE♡
な人達




移動するたびに
出会った3~5人は付き合いたい
といってくる


日本人だからであって
私が特別モテるわけではない
と思う
少々フレンドリーすぎる所もあるので若干数は多いかもしれないが…

だいたいは
ショートタイム ラブ
ワンナイト ラブ
狙い

あわよくば何か買って貰いたい
くらいに思ってるんじゃないかな?

あと
外人の彼女を持つのは大変自慢になるようだ




そんな中で
なぜ今の彼を選択したのかはわからない


ちょっと
どんくさい所がよかったのか?

バイクや車の運転は上手いんだが

女性の誘い方がイマイチどんくさいのだ
他のイケメン インド人はスマートに誘ってくるのに
奴はどんくさい…



まぁ
私もなぜか彼には連絡とったわけで
何かの縁なんやろう…


行く先々の村で
彼女
と公言され

帰りのバスではワイフになっていた
(⌒-⌒; )



若さゆえのつっぱしりである



年は気にしない私ではあるが
さすがに
ダブルカウント以上違うので…


幸い
末っ子の彼
お母さんは私より年下ではなさそうであった



18才とかで結婚し
子供を産むインド人女性
下手すると
お母さんは年下になる



末っ子で良かった…



頼りなさ全開の私は若く見られるので
これまた幸い



たまにいる
マジで見える人達にはバレるが…
奴らにはごまかしがきかない

困ったもんだ!!






この記事をはてなブックマークに追加

7/30

2013-07-30 08:40:24 | India 2



写真はプシュガルの外れの村での宴会です
見事にインド人男性の中にわたくし一人まじり続けてました
みんな
いい人ばかりです◎
ここで頂いた
サブジーとライスがめちゃ美味しかった
もちろん手作り♡
ちなみに
チャパティは粉をひくところから手作り
チーズはバッファローの乳をしぼるところから手作りです

バッファローのミルクは1リットル
Rs.48で売れるそうです

本文と全く関係ありません







無事
DharamshalaのMcleod Gangj マクロードガンジに到着


タクシーしかなく
泣く泣くRs.100払いBhagsu ボクソ村に向かう




タクシーを降りてから
紹介されたGHを探す
バックパック背負ったままトレッキング状態
村の人に尋ねると
かなり
上の方らしい



なかなか見つからない


一人のイスラエリー女子が声をかけてきた


あなたキレイね!


え~!
今度はレズか???




GH探しを手伝ってくれた



Manaliで知り合った人から教えてもらったGH

アウトサイド バス Rs.150
インサイド バス Rs.250 1F
Rs.300 2F


う~む
聞いていたのと違う
何となくなっとくいかず
荷物を預かってもらい周辺を聞き込み

二軒目
Rs.400を一ヶ月借りると言ったら
Rs.300にしてくれた
1FならRs.250


う~む
とりあえず考える
とキープ


三軒目
Rs.350 1フロアーに一部屋しかない小さい建物
新しい
ミニ ベランダあり
一ヶ月借りるからていってRs.250まで値切る

三軒目に決定


キッチンがあるがガスは自分で買って来ないと行けない
一人だから
作る方が高くつくかも?
ガス購入は一日考えよう



GHを探してる途中
話しかけてきたヤバそうなカフェの兄ちゃん
暇やし
お腹空いたんでいってみたら
やっぱりヤバイやつやった



面白いし
私が習いたかったことができるので
明日習いにいってみる


GHに戻り荷ほどきをし
しばし昼寝&シャワー

その後
Wi-Fi求めてフリーWi-Fiのカフェにランチがてらいってみた



案の定
シグナルはあるんだが繋がらない
山でよくある現象


あきらめて
ワインとチップス買って帰宅



明日
Mcleod Ganjまで降りてみるか…
モンスーンの時期で
寒いし
洗濯物が乾かない
あたらしい部屋だが少々カビ臭い


カビ臭い
といって避けていたら
この辺りでは部屋にありつけないだろう

せいぜい
肺炎にならないように気をつけよう
どう
気をつけるかわからないが
気をつけよう


モンスーンの時期やからどうしようもないからねぇ
半端ない雨が降るらしい


それも
またよいではないか!!


移動しGHが決まったとたん
お腹が減る


久しぶりにもりもり食べた一日であった




ストレスやったんかなぁ

それと
去年と同じ
マサラに負けたか…



ずっと
わからないヒンディー語を話すインド人の群れの中にいたからなぁ



インド人はひとりになるのがイヤ
彼もそうである
必ず友人が一緒
ヒンディー語と英語に聞こえないヒングリッシュ
ボリウッドムービーにミュージック



正直


うんざりよぉぉぉぉぉ
なんも

おもんなぁぁぁぁぁい!!!



と思っていた




ヒンディー語
必要ですわ
英語じゃあストレスたまる
ここはインドやもんな


英語
話せないが
たまにまともな文章で話す

通じない


単語を単純にならべる方がインド人には通じる


これじゃあ
私の英語練習にはならない…


今日
久々にケベックの人と話した
これから北を周るらしく情報提供◎
この人はケベック出身だが英語教育を受けた環境で育ったらしい
やっぱり
カナダ英語は聞き安い◎
それに
ゆっくり話してくれる
ケベック人は優しいわ!




彼から電話
仕事はまずまず上手くいってるらしいが
色々あるそうな
今日は問題ばっかでグッタリ
だそうだ


若いが
家族の中の稼ぎ頭やからなぁ
新しい家建ててるからお金もいるだろう


まぁ
21歳で大黒柱やから大変やわな




他人事



はい
他人事です


私はあくまでも付き合ってるだけで
嫁ではありません
そこは線引きさしてもらいます!






若い彼は
その若さゆえ色々思いを口にするが
わたくしは
全く持って冷静でござる

私は稼ぎ頭になりとうございませんっ



若いって罪よねぇ~




さみしい


けど

ちょっと気楽なBhagsu村生活一日目は
寝て
食べて
ワイン飲んだだけで終わりました



明日から練習再開です


明日はMcleod ganjいってみるかなぁ??

すでに
下山するのめんどくさくなってきています…



土地に慣れるのが早くなってきたようです◎

この記事をはてなブックマークに追加

移動中

2013-07-29 23:31:27 | India 2




写真はジャイプールの有名ラッシー屋さんのラッシー



大変美味しゅうございました
よそとは一味違いました
器は使い捨てです…


さすがに
なんどもManaliを
出たり
戻ったりしてると


休憩場所やバスルームの場所やキレイさが記憶されている



もう
Manaliは私の庭か?
冗談



今回のバスは

ローカルバスかっ?



と彼に言われたくらい安いけど
白人多し



今までインド人まみれで過ごして来たので

違和感を感じる



以前は白人にまみれてたのにね…




この先は
進路がいつもと違うはずなんで楽しみ♪


といっても爆睡タイム突入です



白人は2人組が多いから
特に話すこともなく
退屈




バス停に向かってた途中
Old Manaliで泊まってたGHのMGに遭遇



君を覚えてるよ
まだManaliにいたの?



ちっ!
誰にも会いたくなかったのにあっちまったよ



トータル2週間くらい滞在しただけだが
ヴァシシュト
Old Manali
New Manali
3箇所とも顔見知りが増え過ぎてしまっていた


そう
おしゃべり日本人一人もん
は多くない
だから
すぐ覚えられてしまう…



いいのか?
悪いのか?


これからちょっとおしゃべり控えようかなぁ…

(⌒-⌒; )

この記事をはてなブックマークに追加

そうそう

2013-07-29 17:59:52 | India 2
よく


ハガキでも出そうかな?

思うんですが


メール主流のいま
みんなの住所を知らない…



私に住所教えてもいいよ~

って方は
コメントに住所を送ってくださいな
もちろん
公開しません





気まぐれさんですから
そんなこと言っても出すか出さないかは
わかりません



メールは便利ですが
やっぱり
ハガキや手紙を書きたくなります


新聞も読みたい


活字が恋しい…



ヒンディー語とヒングリッシュにとりまかれています



まさか
こんなに新聞読みたくなるとは思いもしませんでした…




いま
カフェで
タイタニックのテーマソングが流れています


泣きそうです…

この記事をはてなブックマークに追加