ちびくろ。日記

ちびくろ。は、北海道日本ハムファイターズをゆるゆると応援しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【マリーンズとの3連戦】 男の約束 【6月27日】

2010-06-29 | はむのこと。
やっとの思いで書きあげた記事が消滅するのは、悲しいものですね。゜(PД`q*)゜。
どんな言葉を書いたかなんて、はっきり言って覚えていないので、ざっくりと。

小谷野の大爆発からはじまったマリーンズとの戦いもあっという間に3戦目。

うちの先発は稼ぎ頭のケッペル。これは、3連勝もあるかもね♪♪♪と、意気揚々と札幌ドームへ。


【6月27日(日)】
VS千葉ロッテマリーンズ(札幌ドーム):
M 010 001 010 =3 H9 E1
F 300 013 30× =10 H13 E0
勝/ケッペル (10勝1敗0S)
敗/小野 (3勝2敗0S)
HR/ M:大松13号ソロ(8回)

結果は……。
13安打10得点で快勝♪♪♪ マリーンズを3タテ♪♪♪

先発のケッペル。

<7回、打者29、球数119、安打7、四死球2、三振8、失点2、自責点2>
「いつものように固い守りと大量点で援護してくれた野手の方々に感謝します。チーム全員での努力の結果だと思います。このまま最後までファイターズらしい野球をして、良い流れで次のシリーズを迎えられるように、応援します。」

無難な立ち上がりにも見えましたが、いつもよりもテンポが悪かったので、『大丈夫かなぁ?』と少しだけ心配もしておりました。特に、6回。先頭打者のMキム選手にゴメンナサイの死球を当ててしまい、どうなるかなぁ…とハラハラしましたが、大松選手をサードゴロに打ち取って、これが信二の軽快な守備もあって3-6-3のゲッツー。よぉし!!!!と思ったら、2連打されたあとにワイルドピッチで1点献上……。こんなときは、もう祈るしかありません。『がんばれ、ケッペル。落ちつけ、ケッペル。大丈夫だ、ケッペル……。』。何だか打たれそうな里崎をサードゴロに仕留めて、これ以上の点数は献上せずに、どうにか踏ん張ってくれた、ケッペル。
7回は、三者凡退に斬って取り、ベンチへと引き上げるときには、満面の笑顔。その表情で、ここまでなんだな、と思ったので『よく踏ん張って投げてくれたよ~。』と拍手でお見送り(この日は、ベンチへと戻る選手達の表情がよく見える座席でした)。

ケッペルは、これで10勝目♪♪♪

今日は、ケッペル→加藤武→宮西という継投策。
加藤武は、M大松選手へのあの一球が悔やまれますね。ど真ん中のストレート。ソロHRこそ打たれてしまいましたが、あの一球以外が良い投球を見せてくれたと思います。宮西は、無失点に抑え、それで試合終了となりましたが、何となく疲れちゃってるのかな??という印象を受けました。

先発陣の頭数のことも気掛かりですが、これからは、継投にも頭を使いそうですね。今日みたいに打撃爆発な試合ばかりじゃなく、1点を争うようなそんな局面も必ずあるでしょうからね。『ちょっと疲れてる??』という、わたしの受けた印象が的外れだといいんですが、宮西は、開幕当初からフル回転。今季だけじゃなく、これまでの疲労も蓄積してるでしょうから何となく心配ですね。
試合展開、勝負所で誰に託すか。これからは、ベンチワークにも注目ですね。


打撃陣は今日も好調♪ それに、今日は、この選手にも1本出たぞっ(*゜∀゜*)!!!!

13安打で10得点ですから、当然のように、今日もたくさんのタイムリーを見させて頂けました。
そんななかで、個人的にいちばん嬉しかったのは、信二がようやく打ってくれたこと、かな。
『シンジ打てるよ、打てるよシンジ』と念仏のように唱えながら戦況を見守っておりましたが、打球がセンター前へと抜けたときには、嬉しい気持ちよりも、ホッとした安堵感のようなものを感じました。良かった、打てて。

リーグ再開後、『どうしたの??』っていうぐらいに好調な打撃陣のなかで、たったひとり取り残されてしまった感のあった、信二。打撃不調は開幕当初からでしたが、その後、急性胃腸炎を患い、その後、函館で復活のきっかけになるかな?と思うHRを放つも、今度は、不運にも死球を受けて二軍調整(本人曰く、今まで受けたなかで一番痛かった死球、らしい)。何だが、受難つづきの信二ですが、必死でやっているんだってことは十分分かります。
タイムリー後の本人のコメントからもそれが痛いぐらいに伝わってきます。『必死に振ることだけしか考えてなかったです。ただただそれだけです。今の自分は必死にやるしかないですから。』やっと出た1本。これをきっかけにしてもらいたいな。

9人の打者がいて全員が絶好調♪なんて、そんな状況のほうがおかしいんだから、やっぱり、誰かが調子を落としているときには誰かがそれをカバーして…、そうやっていくしかないんですよね。

そして、5回のタイムリー後の小谷野のコメント。『打点を挙げている選手ばかりじゃなくて、賢介やひちょりのような得点を挙げている選手もしっかり評価してあげてください。』。言うじゃないか、小谷野。だけど、本当にその通りですよね。ホムランがばっかばか出るような、そんなチームじゃないですから、こんなふうに点数がいっぱい入って快勝できたのも、選手が繋いで、繋いでの結果ですものね。

そのコメントに出てきた稀哲は、昨日のヒーロー稲葉さんから活躍のバトンを受けていましたね。
  
そのバトンをしっかりと受け継いで6回にタイムリーを放つ。
意外にもプレッシャーだった? 打ってすぐの2塁上では、どことなくホッとしたような表情をしていましたよ。だけど、3塁まで進んだ稀哲は、めちゃくちゃいい笑顔(*゜∀゜*)♪♪♪
欲を出して言えば、最後にも一本出ると良かったんですがね。

そして、もうひとりの賢介は、4安打の大活躍っぷり。しかも、すべてが点に絡む貴重な安打。
 
開幕からひたすら打撃面では好調を維持。すべては、自主トレ、キャンプと標準をシーズン開幕に合わせてきちんと調整、練習してきた成果でしょうか。それだけ、考え努力してきたからってことですよね。

気になる打率のほうは.357。ぐいぐい上がっていく一方です( ̄ー ̄)ニヤリ。

残り半分もあるから、まだまだわかりませんが、こうなったら獲ってもらいましょうよ、首位打者!!!!
賢介の一打は、自己のためだけじゃなく、チームの勝利へと繋がっていくんですから。


そんなふたりが、今日のHEROでした。
 

稀哲は、半ば強制的に上げられた感はありましたけど(苦笑)。
 
最後に一言の『俺も首位打者とる!!』宣言は、ちょっとおいておいて(笑)、お立ち台で話してくれていたように、チャンスでどんどん打てるようになってください。稀哲が打つと、チームも球場の雰囲気もぐっと良くなるからね。
あとは、この言葉も良かったよね。『僕が怪我したときに大分負け越したので、その分僕が帰ってきてなんとか貯金を作っていきたいと思っています。』って。
本当に、稀哲が復活してくれるまで、チーム状況は最悪でしたよね。いなくなって改めて、その存在感のおっきさを痛感しました。ファイターズに欠かすことの出来ない選手であるってことを。

賢介のヒロインは、終始ニッコニコ(ニッヤニヤ)でした。
  
  
そして、ファンに約束してくれました。

まだまだ借金があり、これから遠征に出るけれど、貯金を作って、次の『WE LOVE HOKKAIDO』シリーズで、ここに戻ってきてくれることを。

男は約束したら、何がなんでも守らなくてはいけません。それが、男ですから。

これからまた12日間の長い長い遠征に出ますが、この3連戦の勢いそのままに、敵地でも全員野球で必死に戦ってきてくれることでしょう。北海道のファンは、賢介の約束が具現化されるためにも、TV、ラジオの前から応援していきましょうd(`・д・´。)。


今日(29日)の先発は、矢貫。
そろそろ結果が求められる大事な登板。気負わずに、欲張らずに、一心不乱に投げ込んでいってもらいたいです。



ランキングに参加中。ポチっとしてくれたら、ちょっとだけ幸せな気持ちになれます(ノ´∀`*)。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

この日もおケツをぷりっぷりさせながら、マー君登場。
 
ファイターズの選手が守備位置につくとき、健気にも拍手をして送り出してくれていた、マー君。

やっぱり、マー君が来訪すると、ファイターズは勝っちゃうのかもね(笑)。
ありがとう、マー君(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消滅……。 | トップ | やっと手にした、初勝利♪♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コロクロまま)
2010-06-30 15:46:45
観戦記、まとめて拝見させていただきました~。
(書いたもの、うっかり消滅させてしまった時って、
ものすごいショックですよね)
勝利の3日間の楽しい様子が伝わってきました。
B☆Bとマー君の、カップラーメン対決も楽しかったです。
こういうのって、なかなか見ることが出来ないので
嬉しかったです。
ありがとうございました。
コロクロままさんへ。 (あき。)
2010-06-30 20:30:32
試合開始前の様子とか、TVには抜かれていないであろう選手の表情とか、選手と選手のやりとりとか、そういうのが観れるのが、わたしの現地観戦での楽しみのひとつだったりします。

サッカーグラウンドでの投手のアップの様子を、ぼんやりと眺めるのが好きで、そのために無駄にはやくドーム出動したりもするんですよね~。

わたしは、まだ道外遠征をしたことが無いから、他球場はどんな感じなのか、すっごく興味があります。時間とお金と相談しながら、今季こそは、どこかに出掛けてみたいなぁ~と思っているんですけど、なかなか難しかったりします(´д`;)。

コメントを投稿

はむのこと。」カテゴリの最新記事