もう黙ってられない! 原発なくせ! ちばアクション

原発再稼働阻止!原発輸出絶対反対!福島の子ども達を守ろう! chiba20110507@mail.goo.ne.jp

人!ひと!ヒト!1万1000人! 官邸前の再稼働反対集会

2012-06-16 08:39:32 | ちばアクションの活動

タハリール広場化する官邸前の再稼働反対集会『田中龍作ジャーナル』

野田首相や仙谷政調会長代行の“遺影”を手に「再稼働反対」を訴える参加者。=15日午後6時過ぎ、首相官邸前。写真:田中撮影=

野田首相や仙谷政調会長代行の“遺影”を手に「再稼働反対」を訴える参加者。=15日午後6時過ぎ、首相官邸前。写真:田中撮影=

  金曜恒例となった首相官邸前での「大飯原発・再稼働反対集会」が、国民運動の様相を見せ始めた。(主催:首都圏反原発連合)

 参加者の人数は、回を追うごとに最多記録を更新しており、15日は1万1千人(主催者発表)と膨れ上がった。

 この日、歩道は人で一杯になり車道にまで溢れた。長蛇の列は霞が関方面でなく溜池方面にもできた。勤め帰りのサラリーマンやOL、夕食の支度を済ませた主婦が続々詰めかけてくるのだ。物見遊山で訪れた人が携帯電話のカメラで撮影する。ムバラク独裁政権を倒したタハリール広場の蜂起と似た光景である。(2011年2月10日付け拙稿「カイロ発・携帯写メールが見守る市民革命」)

 15歳の少年がマイクを握って叫んだ。「負の遺産を背負っていくのは僕達です。福島の事故が終わっていないのに再稼働はおかしくないですか?」

 横浜から参加した3児の母も声を振り絞って訴えた。「私には子供を育てなければならない責任がある。安全に命をまっとうさせてあげたいんです」。

 「居ても立ってもいられずに岩手県盛岡市から駆け付けた」というのは高校教師の女性(30代)だ。「労働者を被曝させて生活を破壊して。そんな原発はいりません。再稼働を強行するような政府もいりません」。

 老いも若きも男も女も、人道的見地から再稼働反対を訴えたのである。

写メールする女性。「(集会を)一度見に来たかったんですぅ」。タハリール広場とダブって見えた。=写真:田中撮影=

写メールする女性。「(集会を)一度見に来たかったんですぅ」。タハリール広場とダブって見えた。=写真:田中撮影=


 奇しくもこの日(1960年6月15日)は、安保改定に反対する学生が国会に突入し東大生の樺美智子さんが圧死した日だ。

  労働者や学生が連日、国会を取り巻く模様は当時ラジオが実況中継し、それを聞いた市民が駆け付けた。今はネットがライブ中継する。エジプト市民革命はフェイスブックなどで呼びかけ合った市民がタハリール広場に続々集まった。首相官邸前の集会の別名は「ツイッターデモ」である。

6.15緊急!原発再稼動許すな!首相官邸前抗議に1万人(3)~山本太郎、藤波心、谷岡郁子、三宅雪子など数十名が失望と怒りの演説

6月15日、午後6時、首相官邸前抗議に続々と市民が終結し、野田総理に向けて次々と怒りの声をあげた。その数、1万人を超えた。

 市民の演説のなか、山本太郎さん、藤波心さん、そして、このところ連日、集会を開催し、再稼働に反対している民主党有志(122名)のなかから、谷岡郁子参議院議員、14日、福井県庁に抗議に出かけた三宅雪子衆議院議員(面会かなわず)らが怒りのスピーチを行うと、参加者から共感の大きな拍手が巻き起こった。

テレビ、新聞は、こぞって原発再稼働は報道しない。“グッドタイミング”とばかり、オウム真理教の高橋逮捕を報道しまくっている。だから、地方の方にとっては、首相官邸前で何が起きているか、おそらくご存知ないだろうと思われる。知られざる6.15の熱い闘いを実感していただければ、幸い。なお、この集会の主催は、首都圏反原発連合有志。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共産党ががれき受け入れに... | トップ | 野田に殺されてたまるか!野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。