もう黙ってられない! 原発なくせ! ちばアクション

原発再稼働阻止!原発輸出絶対反対!福島の子ども達を守ろう! chiba20110507@mail.goo.ne.jp

鉄道使って帰還強制するな! 常磐線全面開通絶対反対! 7.12 動労水戸ストライキ!

2016-07-10 12:29:48 | 放射能汚染

7月12日、南相馬市の避難区域解除と一体で常磐線(小高~原ノ町)が運転再開される。動労水戸は、運行再開に抗議しストライキに入る。

被曝の強制を許すな!

 これまでのいわき以北の常磐線延伸により、乗務員などのJR関係労働者はじめ、除染や鉄道復旧作業に携わる労働者が被曝させられている。
また高線量地帯を走行することで、多量の放射能粉塵が付着した車両の検査修繕をやる郡山総合車両センターや勝田車両センターの労働者も、放射能粉塵吸引による内部被曝をうけることは必死だ。
 しかし、JRは動労水戸との団交の中で「原発は安全な状態の中で管理され安定している」「被曝してもきちんと線量を管理すれば問題ない」と言いはなっている。絶対に許せない。

高線量地帯への帰還の強制

 この間強行されている避難区域の解除は、法定基準の20倍もの値、年間20ミリシーベルト基準をもって住民に帰還と被曝を強制するものだ。
 福島第一原発事故は依然として収束しておらず、「除染」で発生した廃棄物の処理もできていない。そして何より、子どもたちの甲状腺ガンが増え続け、すで に173人の子どもたちが見つかっている。実際に運行再開が強行された楢葉町でも、町に戻った人は1割にも満たない状況だ。
 高線量地帯への住民の居住を既成事実化することで、原発事故は収束したことにする国の政策に鉄道が利用されることは、鉄道で働く者として絶対に認めることはできない。

 「搬送まで4時間」―常磐道事故

 安倍首相は3月に福島県を訪れ、「2020年の常磐線全線開通」を宣言した。しかし、そうなれば高線量地帯のど真ん中を列車が走ることになる。
 5月4日の「駐停車禁止、開窓禁止」の常磐自動車道での衝突事故は記憶に新しい。重体だった小学一年生の少女は、近くに緊急受入れ可能な病院がなかった ため、70キロも離れた福島市の病院に移送され亡くなった。軽傷だった乗客も救援の車が来るまでの2時間、毎時1.9マイクロシーベルトの路肩で待機させ られた。全員の搬送が完了したのは発生から約4時間後だった。
 常磐線で事故が起きた場合も、同様な事態になることは避けられない。鉄道は、乗用車やバスをはるかに上回る数の乗客の命と安全を預かる仕事だ。緊急時の安全を確保することができない中で運行を再開することは、鉄道会社としてあってはならならないことだ。


もっと深刻な問題 車輌の検査修繕ー清掃を行う 労働者の内部被爆

常磐線が運転再開し。高濃度汚染地帯を電車が走る、乗客、乗務員が被爆するだけではなく、もっと深刻な問題は、この電車の車輌の検査修繕ー車輌清掃を行う 労働者が内部被爆するということになる。

常磐線の車輌は勝田車輌センター、そして郡山総合車輌センター〈JR郡山工場)で検査・修繕・清掃・除染する。そ こで働く労働者は被曝労働を強制されるのだ。絶対に許せない。
すでに東北新幹線仙台総合車輌所では、高濃度汚染された塵や砂の取り扱いで問題になった。キロ8千ベクレルを上回る塵や砂が山積みされていた。

http://www.e-nru.com/079tihonsy…/083sendai/tihon/sen2634.pdf


新幹線車輌をの点検修繕。清掃を行った労働者の被爆による健康障害が今後大問題になるかもしれない。

7.12動労総連合統一行動
【動労水戸】
12:00 スト突入 
15:00 いわき駅前抗議行動
【動労福島】
12:00 南相馬・原ノ町抗議行動
【動労東京】
18:00 JR東日本本社抗議行動(新宿)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そもそも原発事故の汚染土は... | トップ | 福島県南相馬市 法令の640倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。