もう黙ってられない! 原発なくせ! ちばアクション

原発再稼働阻止!原発輸出絶対反対!福島の子ども達を守ろう! chiba20110507@mail.goo.ne.jp

11・23学習講演会  関東の放射能汚染の現実

2016-11-04 14:57:58 | ちばアクションの活動

私たちの体を放射能から守るために、今できること

原発事故から5年半あまり経過しました。
まるで事故がなかったような東京五輪の演出。
多発する福島の子どもたちの甲状腺がん。
「安全・安心」という名の帰還の強制。
いま、海の汚染はどうなっているのか。水は、食品は大丈夫なのか。
時間とともに情報が少なくなり、真実が隠されています。
健康と子どもたちの未来を守るため、私たちにできる何かを考えてみませんか。

お話  川根眞也さ

●プロフィール
さいたま市の公立中
学校理科教師。内部被ばくを考える市
民研究会代表。井戸川裁判を支える会
共 同 代 表。2011 年 3 月 11 日 か ら、地震と原発事故を調査し、インターネットなどで情報発信してきました。
東京・埼玉を中心に全国で講演多数。

会場までのアクセス
京成船橋駅・東口から徒歩約 3 分
JR船橋駅・南口から徒歩約 5 分
 
2016年11月23日 水・休     午後1時~

会場:船橋市勤労市民センター2F・第1会議室 

 (船橋市本町4-19-6)

主催:原発なくせ!ちばアクション/避難プロジェクト@ちば

 

ゆるせない! 検査の縮小・打ち切り

「娘は3 年前に、県の検査を受けて甲状腺がんと診断されました。検査や治療をしている福島県立医大が混んでいて、再検査に半年待たされているうちに、リンパ節に転移してしまったんです。もう少し早く検査・手術ができていれば、再発や転移のリスクも減らせたはず。それなのに、検査を縮小するなんてありえない」(50 代女性・郡山市在住、『女性自身』9 / 22 号より)
 福島の子どもたちの甲状腺がんは175人に増加しています。このなかで、甲状腺検査の規模縮小を福島県の小児科医会が要求。「検査の縮小・打ち切り」論が公然と言われています。
 検査縮小・打ち切りは、この事実を隠し、うやむやにし、事故をなかったものにするためのものです。未来を生きる子どもたちのた

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「我が子守りたい一心」 ー... | トップ | 東京都水道水のセシウム汚染…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ちばアクションの活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。