chia_neとゆかいな仲間たち「学級日誌」

新しい職場で四苦八苦しながらも、何とか生きてます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気づいたら

2013-09-22 22:01:18 | ひとり言
2年ほど更新していない状況。

とりあえず、生きています。

ブログ一本化しようかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修会にて

2012-06-05 20:53:20 | ひとり言
まとまりのない話の連続というか、何に向かって話し合っているのかがよくわからないまま2時間。

どうにかならないものか・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日毎日・・・

2012-05-22 21:13:54 | ひとり言
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気な人が・・・

2012-05-15 21:26:35 | ひとり言
「疲れてない?いつも元気な人が・・・」と。

だんだん仕事に行くのがいやになる自分。

『やらされている』感情が大きいからかなぁ・・・。

いかんいかん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛が・・・

2012-01-15 18:51:18 | ひとり言
最近、腰が痛い…。
たぶん、動かないからだと思います。
仕事に行くと平気なので、寝過ぎっていうやつだと思います。

明日からヨガです。早く復帰しなければ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月10月は・・・

2011-11-06 20:30:06 | ひとり言
9月、10月は激動だった。

10月はじめの学習発表会に向けて走っているところに、学校へ来れなくなってしまうこが出る。
結局10月後半までひきずり、11月を目の前に回復。

この流れの中で子どもたちの温かさに感激した。いつの間にか子どもたちが育っている。
私とその子の繋がりよりも、子どもと子どもの繋がりの方が遙かに深い。大事。

子どもたちに助けられた。

あと5ヶ月。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新学期

2011-09-03 22:28:58 | ひとり言
9月が始まりました。新学期です。

新学期最初の土日。
圧倒的に睡眠時間の多い土曜日になりました。

まだ寝れそう。

来週のために充電。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日暑い!

2011-07-10 18:31:04 | ひとり言
梅雨明けし、夏本番。今年は残暑が長くなるらしい・・・。

とにかく毎日暑い!
節電も大切だけど、自分が倒れないことがまず第一。

教室に扇風機を一台いただきました。
が、熱風が回るだけ・・・。

どうしたら涼しくなるかな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戻ってきました。

2011-05-01 21:31:57 | ひとり言
 昨日、県外の温泉施設へ行ったのですが、その脱衣場ではずしたネックレスを帰りに付けずに忘れてきてしまいました。富山へ戻ってから気がつき、先方に電話をして取っておいてもらうことができました。
 それを今朝から取りに行ってきました。その場所へは車で1時間ほどでいけるところです。ドライブ好きな私には丁度よい距離です。風が強い日でしたが、午前中は比較的穏やかだったようで助かりました。久しぶりの高速道路はとっても緊張したので、帰りは下道で。下道の方が早かった(笑)
 とっても大事にしていたものだったので、手元に戻ってきてよかったです。昨日気がついたときには本当にショック・・・半分泣きそうだった自分がいました。「無理して取りに行かなくてもいいよ」と言ってくれたけど、無いこと、おいてきてしまった自分にショックで、絶対に取りに行く!と思いました。本当によかった。戻ってきて。これでホッとしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現実に・・・

2011-03-13 22:35:41 | ひとり言
11日金曜日
現実とは思えない事態に、テレビから目が離せない日が続いています。
現地で被災されたみなさんのご無事をただただ祈るばかりです。

富山でもちょうど6時間目が始まって10分ほど経ったころ、震度3の揺れがありました。
はじめは立ちくらみをしたような気持ち悪い感じがして、自分も風邪気味だったので、これはいよいよ調子が悪くなったのかと思ってゆっくり立ち上がってもまた揺れる・・・。
子どもたちが、「先生揺れてない?」「揺れとるよ」と声を上げ、これは地震だと思い、すぐに机の下に頭を入れるように指示。
経験と知識を総動員して考えた結果、とにかく、富山でもしくは周辺で起こったものでは無いらしいことは分かったので、
「とりあえず距離はあるから、落ち着かれ。大丈夫。」
と子どもたちに声をかけ廊下に様子を見に出ました。
隣の主任とも顔を合わせ、地震であることを確認中、第一次放送が入りました。
たまたまパソコンを利用中だったので、すぐに検索したところ、宮城県沖M7.9
これはかなり大きい地震 震度は7。
阪神大震災の光景を思わず頭に思い浮かべました。


子どもたち同様、現実と受け止め切れなかったのは私自身だったと思います。
いつもなら残留児童確認が私の仕事ですが、
そのことはすっかり抜け落ち、とにかく子どもたちを体育館に安全に連れて行くことしかできませんでした。
これがもっと大きい揺れであったら、今回以上に冷静な対応はできなかったと思います。甘さを痛感しました。
何事も無いこと、当たり前の日々があるということにありがたさを感じました。

子どもたちの帰宅を見届け、職員室へ戻って思ったのは、現地の学校はどうなったんだろう・・・ということ。本当に、子どもたち、先生方のご無事をただただ祈るばかりです・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加