Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。


宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.11

2017年04月23日 | 戦隊・感想・雑談
いつかはあるだろうな、と思っていた、ラッキーの「アンラッキーな日」。
こんなに早い段階で実現するとは。
話は飛ぶけど、ラッキーはラッキーで大きすぎる過去を背負っている様子。
彼のポジティブシンキングも、その過去から来るものなのかな。
いつもなら鬱陶しいくらいの「よっしゃ、ラッキー!!」にも意味がありそうな予感。

良くも悪くも張り切りすぎている小太郎。
スティンガーの説教が、今のところは効いているようだけど、また張り切り過ぎないようにしてほしいな。
子どもなりに、そして唯一の地球人だからこそ、キュウレンジャーの力になれることもあると思うから、
そういう時に力を発揮してくれるといいんだけどな。

そして、やっぱり復活したマーダッコ。
性格は変わっても相手をタコ呼ばわりするのは変わらないんだ(笑)
再生するたびに性格が変わる…、「ゴーバスターズ」のエスケイプみたい…。
彼女の最期は悲惨だったけど、マーダッコはどうだろう…?
イカーゲンに利用されるだけ、という展開にならなければ、大丈夫かな…?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーインパルス

2017年04月22日 | 日々のあれこれ
明日、二の丸広場上空にてブルーインパルスが飛行するらしい。
事前告知によると、半径10キロで飛ぶようなので、上手くいけばうちからも見えるかも。
今日も同じルートでテスト飛行があるそうだし、少し外に出ていてみようかな。

パイロットの一人は熊本の方だそうで、コメントも紹介されていた。
本当は二の丸まで見に行けたらいいんだけどね。
たぶん大人一人なんてお呼びでないだろうから…。
曲芸飛行なんてものは行われないのだから、家から見えればそれで十分。

それはそれとして、「ブルーインパルス」の言い方が「アークインパルス」と同一になってしまう、私の性(汗)
あの映像がずっと頭から離れない…。
なんで一致させたんだ、私の頭!(笑)

「アークインパルス」、「時空戦士スピルバン」の必殺技のアレです…。


追記:
テスト飛行、見えた!
ほぼ頭の上を滑空していくのはステキ!
輪を書いたり、ハートを書いたりというのも見ることが出来た。
これだけで満足しちゃいそうだけど、本番は明日!
また見るぞ!いいスポットも見つけたし♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

学校に置いてあった

2017年04月21日 | gooのお題
お題「印象に残ってる絵本は?」に参加中!
特に印象に残っている、というのなら、これかなぁ。

大きい1年生と小さな2年生

細かい展開などはあまり覚えていないのだけど、もう一度読む機会があれば、すぐに思い出せると思う。
たしか、1年生の男の子と2年生の女の子のお話だったと思う。
1年生の方が背が高かったというのは記憶している。
でも、性格は2年生の方がお姉さんっぽかったんだっけ。

学校の学級図書か、図書室か、どちらかで読んだんだと思う。
今はストーリー展開も覚えていないが、当時は散々読みまくったので、暗記とはまではいかなくても、
ストーリー展開の説明くらいは出来ていたと思う。

3~4年生のときは、やたらと学級図書が充実していた。
というのも、各家庭から読まなくなった本を持ち寄っていたから。
不思議と、重なる本というのは少なく、かなりの量の本があった。
ランドセルなどを入れておく棚の端から端までズラーっと並んだ本は、今思い返しても壮観そのもの。
3~4年生は持ち上がりだったので、3年次の本もそのまま4年次の教室に移動。
あの頃は天国だったなぁ。
いろんな本が読み放題。
ちゃんと手続きさえ取れば家に持ち帰って読んでもOKというのも嬉しかった。
5年に上がる時にはクラス替えがあったので、それぞれの家庭に返却された。

今ある、活字好きな一面は、小学生の頃に確立されたんだな、と改めて思った。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

修復作業のめどが付いた

2017年04月20日 | 熊本地震の記録
昨年の地震で一部損壊とされた我が家。
地震保険では「半損」という認定だったので、まとまったお金が入った。
それで耐震補強やらなにやらを頼んでいたのだが、ようやく動き出した。
といっても、まだ何を頼むかを決定させた程度なのだが。

とにかく「次の」地震で崩れないように、というのを第一に。
私の部屋の床をフローリングにして欲しいと伝えたところ、耐震にも役立つとのことで快諾だった。
いやぁ、耐震とは関係ないだろうと思っていたので、意外だった。
あとは母の寝室として使っている部屋の壁を増やすなど、色々と話し合った。

図面を見る限りでは、建築当時の基準にしては筋交いなどがしっかり入っているとのことだった。
現在の耐震基準に照らせば、全然足りないのだけど、しっかりもったのは、このあたりも一因なのかもしれない。
寒さ対策も組み込み、10年後ぐらいにやらないといけなくなるであろう、リフォームも前倒しで組み込み、
下りた地震保険のお金、満額使うか、ちょっと足が出るかも…くらいまでになった。

全く修復作業への道筋が見えていなかったので、ようやくめどが付いたかな、という感じ。
5月の連休前後から外壁の作業開始予定。
「いつでもいい、いつならいい?」はダメ!と言われて、5月の連休付近を選んだ。
(いつでもいい、とかだとどんどん押しやられるとのこと)

本当に予定通り行くのかは、はなはだ疑問ではあるが、そこそこ予定通り進むことを願おう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お大事に。

2017年04月19日 | 時事・ニュース
大西熊本市長、手術で入院へ

昨日の夕方のニュースで見たときは驚いた。
この一年、激動の一年だったから、きっとその疲れやストレスもあるんだろうな。
東京で手術を受けるってことは、熊本だと静養にならないから…なのかな。
連休でもあるし、ゆっくり静養して、万全の体調で戻ってきて欲しい。

お大事に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鶴瓶の家族に乾杯~南阿蘇村~」

2017年04月18日 | テレビ視聴・感想
2014年に放送された南阿蘇村編の、再会編。
昨年夏に訪問を試みようとしたものの、豪雨災害も相次いでいたので断念した、と伝えられていた。
そして今回、放送の字幕によると3月29日に再会が実現。
ゲストは世界的指揮者の佐渡裕さん。
放送とは関係なく、佐渡さんは何度か南阿蘇村や益城町を訪問している。
こんなにも愛してくれている、というのが凄く嬉しい。

南阿蘇村は、阿蘇大橋の崩落などで熊本市からは簡単には行けなくなってしまった。
だから、番組を通して状態を見ることが出来たのは本当に良かったと思う。
3つの村が合併して出来た南阿蘇村、「村」と言う割に広いんだよね。
だから、かつて鶴瓶さんや佐渡さんが訪れていた地域が、比較的無事だったということに安堵した。

番組内で佐渡さんが語っていた構想がいつか実現するといいな。
そう簡単にはいかないだろうけど、もし実現したら聞きに行ってみたい。
この前、ウィーンフィルのメンバーによる弦楽四重奏がニュースの中で放送されたんだけど、
凄く癒やされたし、張り詰めていた緊張感がほぐれていったようにも感じた。
テレビを通してではなく、生で直に聞いてみたいな。

南阿蘇村の皆さんのたくましさには胸を打たれた。
いつか、また南阿蘇村に行ってみたいなと思った。


それにしても…
夜の10時半前後に地震が2回。
震度は1と2でたいしたことなかったんだけど、ブランコにでも乗っているかのようなプラプラ感は一向に慣れないなぁ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めて聞いた

2017年04月17日 | 日々のあれこれ
携帯に搭載されている、「エモパー」という機能。
それによると、今日の天気は「雨、時々、大雨」らしい。

初めて聞いたぞ。

「雨、時々、やむ」は何度か聞いたことがあったけど…。
その予報通り、大雨になることもあるくらい降っている。

先日、熊本駅周辺の道路で通行止めが発生したと聞き(たぶん土砂崩れ)、まだまだ油断は出来ない。
大きな被害が出ないことを祈る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.10

2017年04月16日 | 戦隊・感想・雑談

昨年もこの時期は10話だったな~と思い返しながら視聴した。

10話にして11人目の戦士登場。
正式な「救世主」じゃないんだろうけど、それにしても11人かぁ。
最終的には何人の戦士が登場するのやら…。

冒頭でモライマーズを撃破したときに、飛散した粒子がオリオン号にも降り注いでいたので、
それが何らかの異変をもたらしているんだろうな、というのは想像が付いたが…。
タイミングよくというか、悪くというか、ナーガが倒れているものだから、オリオン号内大騒ぎ。
ショウ司令が連発する「何らかの方法」、みんなそれが知りたいんだよ!って必死に笑いをこらえていた。

ビッグベア総司令が幽霊として登場。
憑依する、というのは「仮面ライダー電王」を思い出すなぁ。
ペガさんなんて、まんまキンタロスだし。
今後は憑依するという場面もなくなるだろうけどね…。

新たな「アルゴ船」という単語も出てきたし、お話も新章突入というところかな。

ところで、新聞に「最年少戦士」というようなサブタイトルが書いてあったのだが…。
これは「キュウレンジャー最年少」でいいんだよね。
全ての戦隊で最年少…じゃないよね。
小太郎が9歳以下なら「全ての戦隊を通して最年少」でいいけど。
(「五星戦隊ダイレンジャー」の6人目、コウが10歳)
演じてる子が中学生みたいだから、いくらなんでも9歳以下は…、ないと思いたい。


下に、もう1つ、今日の記事を上げています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12ヶ月=1年Part3。

2017年04月16日 | 熊本地震の記録
深夜に飛び出してから、生活は一変。
家を飛び出す前には停電していたが、よその家を見る限りでは20~30分で電気は復旧。
家の中がどんな状態なのかが分からないので、とにかく夜明けを待つしかなかった。
結局この日も車中泊。

真っ暗な中、慌てて家を出たという証(?)が、左右で靴が違ったということ。
朝になって近所の子に「それってわざと?」と聞かれて初めて気づいた。
同じ靴の色違いだったので、全然気づいていなかった。
絶妙なツッコミになんだか気持ちがほぐれた。

その後、いろんな情報が入ってくる。
電気以外のライフラインの途絶。
熊本空港の運用停止。
高速道路通行止め。
新幹線はすでに運休(「前震」で脱線したため)。
熊本城石垣の崩落。
水前寺公園の池の水の枯渇。
益城町、南阿蘇村、西原村の惨状。

とにかくあのときは自分たちのことだけで精一杯だった。
近所の人たちとの情報の共有など、助け合ったこともたくさんあった。
今思い返せば、あのときはいろんな情報が錯綜していたな、ということを痛感する。
15日のうちに、東京から従兄が様子伺いに帰ってきていたのだが、彼もまた被災者となってしまった。
でも彼が我々に対し、陣頭指揮を執ってくれたおかげで、何とか数日を過ごせた。
従兄には感謝している。

今、熊本ではいろいろな復興支援のイベントが開かれている。
すべてが元に戻るのには10年単位の時間が必要だと言われている。
普段は忘れていて構わないから、「熊本」という単語を聞いた時くらいは、思い出して欲しいな、と思います。

今日の新聞。




「キュウレンジャー」の感想は後ほどあげます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12ヶ月=1年Part2。

2017年04月15日 | 熊本地震の記録
昨日はテレビ各局、震災の特集番組ばかり(熊本だけだったり、九州沖縄だけだったり)。
「ニュースウオッチ9」で、桑子アナウンサーが、「ブラタモリ~熊本城編~」以来(かな?)の熊本城、古町・新町地区を訪れていたのが印象に残った。
放送された「ブラタモリ」の映像と比較しながらの構成だったので、被災前後の様子がよく分かった。
なかなか古町や新町の方は、地元でも取り上げられないので、この機会に見られて良かったと思う。


それはさておき。

昨年の今日は、朝から大忙しだった。
弟(東日本大震災経験者)から、矢継ぎ早に指示メールが届く。
・飲料水の確保
・風呂に水を貯める
・断水が起きても食べられるようなものの確保
などなど…。

9時過ぎぐらいから行動開始!
完全にバカだったとしか言いようがないんだけど、店という店、ほとんど休業。
ちょっと考えれば分かることなのに、全く想像もしていなかった。
そこで「何で開いてないんだ!」と憤るか、「あ、そうか、そうだよね」と納得するか。
我々は納得した方だったから、人間としては間違っていないと思いたい。

本当は一時休業なのに、中途半端に入り口を開けていたせいでたくさんの人が押しかけた店で、我々も水を購入。
500ml2本というのは心許ないので、水探し行脚へ。
マツモトキヨシが開いてた。
商品が床に散乱していたが、そんなのどうでもいい。
2lの水を数本確保できたのが助かった。

その後は家の片付けやら親戚の家の片付けを手伝った。
夜は、ヘトヘトに疲れ果てて家の中で眠っていたら…。
震度6強に襲われた…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加