Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。


第7回熊本城マラソン

2018年02月19日 | 日々のあれこれ
今年も沿道観戦に…行きたかったんだけど、腰の激痛のため断念。
来年こそはまた観戦に行きたいな、と思う。

RKK(熊本放送・TBS系)とTKU(テレビ熊本・フジテレビ系)で中継があるので、そちらで観戦することにした。
なぜ2局であるかというと、RKKは「30キロロードレース」専門。TKUは「熊本城マラソン」専門。

いやー、スタートの映像は圧巻だなぁ。
30キロの選手たちがスタートしたあと、数分後にフルマラソンがスタートするんだけど、1万人を超える人には圧倒される。
スタート地点にはアンバサダーを務める石川さゆりさんの姿もあった。
そして、妙に目立って声援を送っていたのは、3キロのコースにゲスト出場する間寛平さん。

フルマラソンの号砲から約15分で全員スタート完了。
TKUのカメラが捕らえた選手たちの中に、「出る」と言っていたNHK熊本放送局のアナウンサーを発見。
他にも走るアナウンサーはいるはずなんだけど、見つけられなかった…。
本当は沿道で見つけたかったんだけどな…。

フルマラソンの選手たちがほぼスタートし終わると、今度は3キロの部門がスタート。
アーケード街を走り抜けるという凄いコース。
寛平さんが最後尾からゆっくりと他のランナーや観戦している人たちとふれあいながら走っていく姿が印象に残った。

30キロロードレースの優勝者は青山学院大学の学生。
フルマラソンの優勝者は熊本大学の学生。
どちらも学生ということで、今後が楽しみだ。
そして、あとで知ったのだが、猫ひろしさんもフルマラソンを走っていたらしい。
あー、やっぱり生で見たかったなぁ。

来年は絶対に沿道観戦に復帰してやる!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー#2

2018年02月18日 | 戦隊・感想・雑談
OPの全貌が分かったわけだけど…。
相変わらずというか、何を歌っているのかさっぱり分からない!
映像の方に注意が行ってしまうというのもあるんだろうが、歌詞がほとんど聞き取れないのは辛い。

サブタイトルからして、パトレンジャー側のストーリーになるのかと思いきや、
ルパンレンジャー側の物語だったのは意外だった。
彼らがルパンレンジャーになった経緯は分かった。
ルパンコレクションを取り返そうとしている理由も分かった。
この先、パトレンジャーとどのように交わっていくのかが気になる。

イマイチ馴染めないルパンレンジャーに対して、パトレンジャーの方は好き。
彼らが警察戦隊に抜擢された経緯なり理由なりも明かされるといいなぁ。
上司はいるとはいえ、たった3人の精鋭部隊、どのように結成されたのか気になる。

ところで…。
ロボ戦に違和感があったんだけど、ひょっとして全部CG?
今のところルパンレンジャー側だけだから何とも言えないけど、
パトレンジャー側には重厚感のあるロボ戦を期待したいな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あとは払い込むだけ

2018年02月17日 | 旅行
5月に行われる「遠足」の航空機、ホテルの手配をした。
まだ料金を支払ってはいないが、明日明後日には決済するつもりなので、ほぼ確定。

いつもは大井町にホテルを取っていたのだが、今回は違うところにしてみた。
エリアも大幅に変えてみた。
おそらく集合場所になるであろう池袋!
ひとりで池袋の街中を歩いたことはないので、ちょっと楽しみ。

池袋ではないんだけど、行ってみたいところもあるので、初日に行けたらいいな。

懸案事項としては、今現在悩まされている腰の激痛。
5月には完全にとまではいかなくても、ある程度緩和されているといいんだけどな。

前回は、航空機とホテルと別個に手配したのだが、今回はパックで手配。
3ヶ月以上前というのもあるだろうけど、前に同じ時期に手配しようとしたら大変な額になったのを考えると、
まあまあの金額で手配出来たのは幸いだった。
東京であまり散財しないように気を付けよう…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人のことは言えないが。

2018年02月16日 | gooのお題
お題「間違いやすい日本語といえば?」に参加中!
間違いやすい日本語ねぇ…。
私も間違って覚えている言葉もあるだろうし、タイプミスや変換ミスも多いと思う。
でも見ていて気になるのもたくさんある。

・×的を得る→○的を射る
 的は「射る」ものであって「得る」ものじゃない。
 紙で発売される書籍類でこういう間違いは見ないけど、ネット上の掲示板などではよく見かける。
 すごく気になってしまう。

・伯父母・叔父母の使い分け
 伯→両親の兄姉。叔→両親の弟妹。
 特に何も考えずに使う人が多いのか、ごっちゃになっていると、読んでいて混乱してしまう。
 「伯父(母の弟)」とか書いてあると、どっち!?と頭の中グチャグチャ。

パッと思い当たるのはこんなところかな?

私は中学の時に「雰囲気」を「ふいんき」と表記して、先生に訂正されたことがある。
すごく恥ずかしかったけど、思えば、まだ語彙力も貧弱な子どもでよかったとも思う。
これが大人だったら、なんだかんだ屁理屈つけて「ややこしい!」なんて思っていたかもしれない。
子どもだったから、素直に「ふんいき」と読むんだとすんなり受け入れることが出来た。

高校生ぐらいまでなら、間違うのも大いに結構。
間違って恥かいて、正しい使い方を学べばいい。
大人になっても素直に聞けるのならいいけど、年取ると頑固になっていくからねぇ…。
若いうちに間違いなどは正してもらえるといいんだけどな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、バレンタイン

2018年02月15日 | 日々のあれこれ
昨日は2月14日。
生きていれば、父の71歳の誕生日。
その父は56歳で時は止まっている。

毎年のことなんだけど、この時期になると、美味しそうなチョコレートがわんさか出てくるので、
そのチョコレートを見るのが楽しい。
ただ、たくさんありすぎて目移りしてしまって買えない…ということも多々ある。

コンビニに行った時に、1個だけ買った。
毎年、2月14日には父の仏前にチョコレートをお供えしている。
父は下戸の甘党だったので、喜んでくれていると思いたい。

で、そのコンビニでチョコレートを買ったときのこと。
レジで専用の袋を用意した方がいいかと聞かれた。
だから「いらないです」と答えた。
固まる店員さん。
「普通のレジ袋でいいです」
ともう一度言うと、
「本当にいいんですか?」

バレンタインのチョコを入れる袋って、それ以外に使用用途がないので、ちょっと困るんだよね。
紙資源に、他の紙を入れて出せる大きさならいいんだけど、他には何も入れられないし…。
レジ袋だったら、犬のお散歩に使えるので(何を入れるのかはご想像におまかせします)、そっちの方がありがたい。
大きさもちょうどいいしね。

釈然としない様子の店員さんだったけど、無事にレジ袋に入れてもらったチョコを持って帰宅。
ほぼ丸1日お供えして、母と二人で食べた。
美味しかったです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

22ヶ月。

2018年02月14日 | 熊本地震の記録
1年10ヶ月と言われてもピンとこないんだけど、「22ヶ月」と表記すると、
「ああ、もうこんなに経ったんだ」と思う。

最近は、「みなし仮設の入居期限」問題が出てきて、数十の世帯が入居延長を認められなかったと報じられた。
収入や世帯構成員が「期限延長」の理由を満たしていないそうなのだが…。
この認められなかった世帯の皆さんが、入居できるような物件があるといいんだけどな。

・今現在、新しく家を建築中、でも期限内に引渡しが終わらない(未着工含む)。
・災害公営住宅に住みたいが、これはまだ完成していない。

などの理由であれば、無条件でみなし仮設の入居延長が認められている。
人材・資材不足でなかなか家も完成しないから、そのあたりはちゃんと猶予があるようだ。

近くでは、下水管の災害復旧工事が行われている。
私の家の前の方でも行われる予定なのだが、
工事関係者曰く「こんなに大きな車がしょっちゅう通るとは思わなかった」そうで、
もう少し暖かくなってから、夜間工事で行われることになった。
昼間通れなくなると、どこにも行けなくなっちゃうので、その点はありがたい。

もう少しで2年。
あと2ヶ月で、どのくらい復旧が進むのだろう…。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピードスケートが楽しい

2018年02月13日 | gooのお題
お題「平昌オリンピックで楽しみは?」に参加中!
連日のように報道されているオリンピック。
ものすごい悪天候の中だったり、深夜だったりに競技をしなきゃいけない選手たちには頭が下がる。

冬の競技って採点競技が多いから、あまり興味が持てない。
クラシックバレエをやっていたから、フィギュアスケートは好きだけど、それ以外の採点競技は「??」状態。

そこへ行くと、アルペンスキーとか、スピードスケートは純粋にタイムだけなので、見ていて楽しい。
この前テレビ中継されるはずだった「滑降」を見るはずだったんだけど、残念ながら悪天候で延期に…。
ほどよい風ならともかく、強風だったら選手の命にも関わりかねない競技だけに、その日の中止は当然の決断だったと思う。

この前はスピードスケートの女子3000メートルを見た。
いやぁ、ラップ毎に「現時点でのトップ選手」との差が表示されるから、手に汗握ってしまった。

アルペンもスピードスケートも、長野オリンピックで目覚めた。
自分自身が「滑る」スポーツが全くダメなので、そういう競技をやっているというだけで尊敬してしまう。
自分の力ではどうにもならない気象条件などあると思うけど、全力を出し切れるといいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり多いよね

2018年02月12日 | 玩具類
カテゴリー「玩具類」だけど、私が最近買った玩具についてではありません。

昨日始まった新戦隊。
その変身アイテムを見た母が「なんか、パーツが多いね」と一言。

変身アイテムがブレスタイプでないものに変わっていくのはいいとしても、
他に何かアイテムがないと変身できない、というのも多くなってきている気がする。
その変身するためのアイテムを指して、「パーツが多い」というのが母の論。

くどいようだけど、我が家で戦隊シリーズをリアルタイムで見ていたのは
「大戦隊ゴーグルファイブ」から「超新星フラッシュマン」の途中まで。
全話見た、という点だけで行けば「電撃戦隊チェンジマン」まで。
これらの戦隊の変身アイテムはブレスレッド。
ロボも「フラッシュマン」を除いて1体限り。
その記憶が強いらしく、今の戦隊・ライダーで次々に玩具類が発売されていくのが腑に落ちないようだ。

私や弟が子どもの頃、買ってもらった玩具といえば、
・ゴーグルシーザー(「大戦隊ゴーグルファイブ」の母艦)
・ダイジュピター(「科学戦隊ダイナマン」の母艦)
・グランドバース(「宇宙刑事シャリバン」の母艦(?))
・バイオロボ、もしくはチェンジロボ(「超電子バイオマン」もしくは「電撃戦隊チェンジマン」の合体ロボ)
ぐらいなもの。
ゴーグルシーザーやダイジュピターにロボに合体するためのメカがあったかどうかまでは覚えていない。
でも、何年も同じもので遊んでいたという記憶はある。
全然関係のないおもちゃをいれて、「○○、発進!」なんてやったりもしていた。
親も、何かひとつ買ってやれば、あとは数年遊び倒す、というのを分かっていたので、
その「ひとつ」に関しては「はいはい」と買ってやっていたと言っていた。

最近の作品では、ロボの数も相当なものに上るので、呆れているというのが実情。
そりゃ、新しいものが出れば子どもは欲しがるに決まっている。
でも、出ないなら出ないで工夫して遊べる能力を子どもは持っていると思うんだよねぇ。

「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」で、どの程度のロボや武器が出てくるのか、ちょっと恐ろしい感じもする…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー#1

2018年02月11日 | 戦隊・感想・雑談
長いタイトルになってしまった(笑)

いよいよ放送開始の新戦隊。
今回はルパンレンジャー側のストーリーってところかな。
意外と…と言うと失礼かもしれないが、市民には受け入れられている様子のルパンレンジャー。
彼らがどのようにしてルパンレンジャーになったのか、おいおい明かされていくかな?
役名が難しくて、私のパソコンでは変換できないよー。
何とか辞書登録完了!

あまり描写がなかったパトレンジャー側に期待大。
融通が利かなさそうなレッド(1号)に、ルパンレンジャーに好感を持っているグリーン(2号)の対比が面白そう。
特に2号の役者さん=横山涼さんが、ある俳優さんに似ている気がしてきた。

彼らが変身に使う銃が「ルパンコレクション」だったというのが驚きだった。
開始当初はともかく、中盤以降あたり彼らの関係性がどうなっているのかが気になる。
次回にはオープニングもあるだろうから、どのようなものになっているのか(今回はほとんど聞き取れなかった)、
そのあたりも注目していきたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いくらだったんだろう?

2018年02月10日 | 遠い日への回想
銀座の公立小で、ブランド標準服を導入→高額すぎて批判、ということが起きているが…。
それに関連して、「その学校に行かなきゃいい」という人がいるけど、公立小だよね?
越境入学が出来る学校らしいけど、その学校に行くしかない子はいないということ?
その学校以外の選択肢がない子がいないのなら、いいんだけど。

熊本も標準服を導入している小学校は多い。
私が卒業した小学校もそう。
さすがに値段なんて聞いたことがなかったから、この機会に聞いてみた。
母もしっかりとは覚えていないけど、だいたい1万前後だったような記憶があるとのこと。
私の場合、入学時から卒業まで30センチ以上身長が伸びているので、それなりに買い換えていると思うけど、
3回買ったとして6年間で3~4万というところか。

ちなみに、どんな標準服だったかというと、グレーの上着にグレーのスカート、白のブラウス。
男子はグレーの上着、グレーの半ズボン、白のカッターシャツ。
防寒として、紺色のベストもしくはセーター。
周辺の小学校は紺色上下が多いので、なんだかグレーが野暮ったく感じていた。
今見かけると懐かしく感じてしまうんだけどね。
学校が許可した日以外(遠足とか)、私服で登校するなんて考えたこともなかった。
実質「制服」だったよねぇ。
ま、着ていく服に悩まずに済んだのは、今考えるとありがたいことかな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加