ちーちゃん(札幌) [chisapporo] です。

ちーのgoo版でーす。 \(^0^)/
よろしく!!

地球大皇帝様,地球大天使様,他は、49日間は喪に服す期間のため、第2次朝鮮戦争は中立の立場をとり、動かないこととなりました。

2017-04-05 12:31:41 | 日記

地球大皇帝様,地球大天使様,他は、49日間は喪に服す期間のため、第2次朝鮮戦争は
中立の立場をとり、動かないこととなりました。

 

こんにちはー、ちーでーす。(*^_^*)

 

地球大皇帝様,地球大天使様,他グループ一同、49日間、D.ロックフェラー様の喪に服し、
ご逝去を悼み、心よりご冥福をお祈りする期間のため、
第2次朝鮮戦争に関しては、動かず、中立の立場をとることとなりました。

以上
2017.04.05 9:00am 発表

 


*注)上記の情報の真偽に関しては当Blogは一切保証いたしませんので、
  ご了承願います。又、上記の記述に関しては当Blogは社会的責任等他
  一切責任は負いませんので、ご了承願います。

 


当Blogでは記事の内容は保障できないの。
ごめんなさーい。m(_ _)m

 

 

*四十九日前にコンサートがあります*

母の四十九日明ける少し前にすきなミュージシャンの
コンサートがあります
行くことに少々迷いがあります

もちろん気持ちはまだ落ち込んではいますが。

ただ既に入金済みで仲のいい友達といくので
やめるのもな・・という感じです

こういうものはやめたほうがいいのでしょうか?

コンサートを見ている間は
楽しめて気が紛れるかなとも思ってます

 

*answer*

 

・言い訳では?

気が紛れるからというのは、あなたの都合のよい言い訳。
今は十分に故人を思い、偲び、時には悲しんでください。
四十九日までは仏様がご自宅にまだいらっしゃると聞いています。
そんな時に、あなたの愉しみを優先させますか?
気を紛らすために、色々愉しいことをするのは、
四十九日がすんでからだと私は思います。
四十九日が過ぎたら気持ちに区切りをつけ、愉しいことをして、
あなたもどうぞ元気に前向きになって暮らしてください。
それが故人の願いでもあると思います。

もっとも、あまりに悲しみが深い時は、四十九日で心の区切りなど、
到底つきませんけれど、あくまで一般的な話をしてみました。

 

・コンサートですよね。

四十九日前ですよね。コンサートですか。私でしたら行きません。
楽しめると思いますか?お母様ですよね。亡くなったのは。
ちょっと常識外。
忌中ですよ。控えるのが常識かと思います

 

・私は、実母を亡くしましたが・・

49日前は、とてもそんな気分になりませんでした。
楽しめて気がまぎれるとありますが、確かに、気は紛れるかもしれませんが、
心底、楽しめるとは思えません。

確かに、ずっと悲しんで泣いていても、母は喜ばないと思いますが、
いくら好きなアーティストのコンサートだとしても、とても行く気にはなりません。

ちなみに、小さな子供がいるっていうのもありましたが、母が亡くなった年は、
どこにも行く気が起きませんでした。

 

・そんなに行きたいの?

春休み中の学生さんでしょうか?

コンサートなんてこの先何度でも行く機会があるでしょう。
こんな時くらい我慢できませんか。

お父さんや年長のご家族は、なんと仰ってますか?
「いいよ気にしないで」「好きにしなさい」とか言われて真に受けてますか?

>もちろん気持ちはまだ落ち込んではいますが。

「もちろん」などと肉親を亡くした事実と並べて語るほど重要な事なんでしょうか。
そのアーチストへの思い入れというのはどんなに入れあげようと向こうはあなたのことなど知りはしません。
顔も知らない一ファンなど他人以下です。彼らがあなたの為に何かしてくれますか?
一緒に出かける友達にしても同じ。今あなたの家はそれどころではないけど、
他人事にすぎないそんな事情は相手の知ったことではないんです。

もしもの時本当に助け合えるのは血を分けた家族です。
今がその時なのに独り抜け出して何をやっているのですか?

ご家族の背中を見て何か感じるところがあるでしょう?
物理的にも精神的にも大変な筈です。

考えて、家で出来ることをしなさいな?

 

・控えるべき

四十九日が明けるまではおとなしくしておくほうがいいですよ。
楽しめるかどうか、気分転換になるかはそれぞれ。でも、コンサートに行ったら、
それを快く受け入れる人は少数じゃないかと思います。

私も「行ってもかまわない」という意見が多いことに驚いているひとりです。
考え方が古いのかもしれませんが、冠婚葬祭は迷ったら古い考えに従うほうが
無難じゃないかと思っています(経験上)。

若い世代や、自分と同世代が「かまわない」と考えても、
上の世代はそうは思いません。
親戚の方、ご近所の方からはどう思われるでしょう?
「この時期にコンサートだなんて…」と責められるのはあなただけではありません。
ご家族も同様に責められるでしょう。

四十九日を過ぎてしまえば大丈夫。それまでは派手なことは控えたほうがよいですよ

 

・人に聞くことではない

トピ主さんがちょっとの間悲しみを横に置いておいて、
コンサートを楽しみたいというのなら行けばいいし
お母様の死を悼み喪に服したいのなら行くべきではない。
どちらですか?

天国のお母様の気持ちや人の目は置いておいていいと思います。
でもここでこうして人に聞くくらいなら、やめたほうがいいのでは。

 

・迷うならやめておけ。

このたびは、ご愁傷様です。
夜、眠れて居ますか?
どうしようかと、迷っている場合、100%辞めておいた方が良いです。

コンサートは又行けるチャンスがあると思います。
気分転換には、その時、その場では、なるとは思います。

ただ、他の方のレスでも「辞めておいた方が・・・」と言われるように、
きっと、身近な人にその事を言われると思うのです。

その度に気分が落ち込むと思います。
迷っているのなら、やめておきましょう。

大好きな人のコンサートをコンサートに行く度、
嫌な思い出と一緒になるのも嫌でしょう?

一緒に行くお友達にも気を使わせると思うので、
今回は行かない方が、ご自身の為ですよ。

トピ主様に笑顔が戻りますように。

 

・通夜にライヴへ行きました

おじーちゃんならわかってくれる!
と通夜にライヴ(フェス)へ行きました。
もちろん親戚には
「どうしても仕事がぬけられない」といっときました。

 

 

 

閲覧ありがとうございまーす。(*^_^*)
今日はこれで、失礼いたしまーす。ヽ(^o^)丿

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球大皇帝様,地球大天使様,... | トップ | こんにちはー、ちーでーす。(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。