藪遊び

藪歩きの後、体の表面に付いた見えない
砂鉄のようなもの
小瓶に集めて、眺めてみます。

真価

2017-07-14 18:44:47 | 山で


真夏の低山登りは どれ程
木立の中を歩くかに かかっています。

テンテラ干しの中 登る行動を続ける事は
すぐ隣に 熱中症が居るという事ですが・・



木立の中に入り 木々を通ってきた
風が吹いたりすると 信じられない爽やかさに
そこら辺に転がって 昼寝をしていたくなったりします。

洗足山も木立の中のルートで その涼風の誘惑に
何度も立ち尽くしてしまいました。



今回は初めて 余計な事(鬼の岩屋を見る為に
300mも下り 登りなおした)をしてしまい
エネルギー切れとなる所でしたから・・。

しかし この涼風の爽やかさは 最低でも
一時間は汗を流して登って来てこそ 体感できるので
高原に車で横付けしても その真価は解らないと思います。



カケスが 私の様子を伺っていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何で山? | トップ | 真夏日の・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。