ちーママとスペクトラムな息子との日記ヽ(*’-^*)。 気が滅入りそう!どうすればいい?!

絵が得意な小学6年生。転校して2年。
学校や息子に振り回されてやけっばちな
ちーママはデローザで立ち直り中!

一緒に思われたくない自尊心って・・・

2017年04月19日 | 退院後の日々
放課後デイへ、息子が行きたくないって言っている事をお話しすると、あちらの方も
「何となく居心地が悪そうな感じでした。」と。

奇声を発するお子さんもいらっしゃるので、どうかと心配されていたのです。こちらに来ているお子さん達は、どちらかと言うと重度で、養護学校に行かれているお子さんが多いとのこと。悪気はなくコミュニケーションを取ろうとして触って来たり相手の嫌な事を言って来たりすることがあるとのこと。


・・・息子はどうやら軽い・・・らしい。

確かに初対面の人に訳もなく?暴言や嫌な事をしたりはしないし、したこともない。
奇声を発することはまずない。
こだわりの行動などもない。

息子がトラブルになるときは相手が何かやっているとき。


外でサッカーだと開放的でトラブルも少ないかもしれない。

すると、担当者の方は、
「外ですと、ゲームが中心となります。そうすると、押したり触ったりがどうしても出てきます。

もうひとつは、自尊心の問題があります。公園だとまわりの目があります。繊細な年齢になって来ているので、一緒に思われたくないなど気にされるのです。中には軽度のお子さんもいらっしゃるので、仲良くやっていけたらと願っているのですが。」

十分わかります。
今までは、私たちが差別?区別?される立場だったので。
仲良くやっていきたい。

一緒に思われたくない自尊心って?

主人に訊くと、
「オレ?・・・ちょっとあるかも。君、そういうの無いでしょ。」

無いね・・・誰かと一緒にいる事で周りからどう思われるかを気にしたり自分を卑下したりする経験はないのです。何とも思わないというか。自尊心というのがないのか?!(笑)


そんなことより、いろんな人と付き合うことで本人の世界や人間性を広げてもらいたい。
思わぬ出会いや出来事が成長させてくれる。思ったり感ずるものがある筈。

息子は、いえ息子に限らず、今の世の中は危険な事も多く避けて行かなければならないことも多々あるのでしょうが、ライン引きを念入りにし過ぎて、成長のチャンスを逃させたくないとも思うのです。

思いもかけない素敵な体験もして欲しいな、とも願うのです。殴られても(笑)

普段から外れがちなこんな息子でも、一緒に思われたくないと思う自尊心というのがあるのだろうか?
いーじゃないか。一緒だと思われようが思われまいが。
思う方が疎ましいヤツだよ?


ジャンル:
学校
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカーで盛り上がる我が家... | トップ | 毎日欠かさずやっていること »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL