ちーママとスペクトラムな息子との日記ヽ(*’-^*)。 気が滅入りそう!どうすればいい?!

絵が得意な小学6年生。転校して2年。
学校や息子に振り回されてやけっばちな
ちーママはデローザで立ち直り中!

武蔵野東学園の考え方⑤

2017年06月10日 | 6年生
<補足>
高等専修学校というのがよくわかりませんでした(高専とは違う)。
通常の高校とは違い、専門学校とも違う。。。ちーママがこんがらがる大きな違いは、学校教育法で決められた授業内容とそうでないもの、入学資格が中卒か高卒か、ということのようです。

*高等学校・・・・・学校教育法第一条が定義された中で学ぶ。
*高等専修学校・・・学校教育法第一条が定義されていないので自由度が高い。(受験資格は中卒)
*専門学校・・・(受験資格は高卒)

高等学校の「普通科」というものの代わりに、学校の理念に基づいて教育できる「総合キャリア学科」というものがこちらにはあり、(絵画・陶芸・体育・調理製菓・ファッション・情報ビジネスなどから選択)、2年次後期からは大学受験コースが加わります。これらの選択は変更することができます。

そして、同じ学園でも中学校と高等専修学校の雰囲気は随分違うようです。
ちょっと前になりますが、見つけたHPです。参考になるかと思います。
https://www.irukanogakko.jp/yassan-network/%E6%AD%A6%E8%94%B5%E9%87%8E%E6%9D%B1%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%B0%82%E4%BF%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1/

とにかく、一度自分の目で見て感じて質問することが確かだと思います。

中学受験を考えているのに、自閉症児クラスは高等専修学校の事も一緒に考えることが必須となります。高等専修学校進学は確認される大事な条件となるようです。

学園と入学希望者とのお互いのミスマッチを防ぐ、途中で辞めるという残念な結果を生まないためにも、後悔のない考えや選択ができるよう、同じことで悩まれる親御さんのお役に立てばと思います。

ライバルかも(笑)しれないのですが、何でも縁あってのもの、回りまわってちーママも助けられていますので、みんなでいい方向へ進めることを願っています。

これが私の得た情報の全てです。
下手な長い説明でごめんなさいね。
ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武蔵野東学園の考え方④ | トップ | チョコサンドは好きじゃあない »
最近の画像もっと見る

6年生」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL