ちーママとスペクトラムな息子との日記ヽ(*’-^*)。 気が滅入りそう!どうすればいい?!

絵が得意な小学6年生。転校して2年。
学校や息子に振り回されてやけっばちな
ちーママはデローザで立ち直り中!

もう支援してもらわなくて結構

2017年06月19日 | 退院後の日々
主人も仕事も忙しくお疲れ気味。二人で家でのトラブルにももうウンザリしてしまい、「もう死んでしまいたい。」と言う主人に同感。

いや、あいつが死ねばいいんだ。

それにもうカウンセリングであれこれ言われるのも相談するのももうウンザリ!!!
来週3つある相談も断ろう。もういい。家庭支援センターももう何もしないでいい。学校ももういい。

校長監督の子ども劇に付き合ってらんない。子どもが主役で、教員がスタッフ、親は脇役なので言うとおりに動かなければならない。脇役の気持ち?そんなの監督が決めているんだからそのとおりにしてないといけない。監督が脚本も兼ねているの。

もうもうウンザリだ。電話連絡して後は好きにしてもらって。
疲れたの。もう息子がどうなろうとどうだっていいじゃないか。最後は児童相談所や精神病院にずっと入っていたらいい。

また通報されようか。

あれこれあれこれみんなで我が家の事をどうこうしようとしてもどうにもならない。あの気違いがいるかぎり。あいつによって我が家の命運がかかってる!なんて馬鹿らしい話。

下のちびちび達の将来はどうなる?数で言うと1対2いや、1対4の幸不幸を考えるとあいつは切り捨てるべきなのに、あいつに振り回されている。恐ろしい威力だわ発達障害め!

おかげでもう一人サイコパスに出会ってしまって、真綿で首を絞められているかのような状態。ずっと何でも管理され続けるの!別に我が家の内状なんて大したことじゃないけれど、管理されていることに腹が立つ。

教育者じゃなく管理者。

教育方法に限らず、何でも方法はいろいろあって正解はひとつじゃあない。我が家はサイコパスの一方的な考えを押し付けられて従わされている。

いつか聞いた「昔、校長室で自閉症の子の机を置いて面倒を見ていたことがあるそうで、ある日そこの親が勝手に承諾なく通級を止めたことで激怒した。」という話。
聞いたときはびっくりして、そこまでしてもらっているのにそんなことをする親がいるのかと思ったけれど、今になってわかるよ。
ウンザリしたのよ。この校長のやり方に。
何もかも勝手に決められて勝手にされて、こちらの言い分を一切認めないやり方に。

私も今、もうウンザリだ。支援してもらうことももうウンザリ。みんなにあれこれ言われるのもウンザリ。もう助けてもらわなくて結構。
カウンセラーも校長も支援センターももう一切手を引いて欲しい。
これで不幸になっても構わないよ。苦悩ばかり。いい手があるよって言っても使えない。遠かったり、息子が気に入らなかったり、息子の気持ちを大事にしろって言われたり、親が主導するべきだって言われたり、オレに従えないのなら出て行けという態度の校長も。
息子、学校行かなくてもいい。お前には精神病院が合ってるでしょ。この家からも出て行って。もう訳の分からないお前の事に振り回されるのはウンザリだよ。
ジャンル:
学校
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ばーかばーかばーかのばーか | トップ | 学校を退学することに »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL