ちーママとスペクトラムな息子との日記ヽ(*’-^*)。 気が滅入りそう!どうすればいい?!

絵が得意な小学6年生。転校して2年。
学校や息子に振り回されてやけっばちな
ちーママはデローザで立ち直り中!

学校を退学することに

2017年06月19日 | 退院後の日々
校長先生と主人が電話で喧嘩!
また勝手な解釈で悪く悪く取られ、主人も我慢の限界が来たよう。

やり方が気に入らないなら退学・・・ということで、学校に行かなくてよくなった息子。

いいんじゃなぁい。
やっと、やっと解放されるんだわ、この管理から。

支援も学校も全てから解放される!

晴れ晴れした気分でちびちびを送り、スペクトラムな息子と普通の公立中学へ行って普通に過ごそうと約束したのです。息子が自分は普通だと言い、自我が目覚めた息子はこの学校を辞める事に納得しているのです。
自分はひとりで学校に通うって。授業も普通の子たちと受けたいって。

不思議と息子にも腹が立たなくなったちーママ。
こいつのせいで、と思っていたのに、息子が私たちの立場に立ってくれたこともあり、息子と一緒に色々考えて自分達で決めて行こうって思える。

すごく楽になった。
元々押し付けられることは大っキライ!!!だったから、例えこれが損をするやり方になってもいい。
気持ち良く行きたい、生きたい。


さあ、これからちょっとした事務手続きがあるけれど、気持ち良く行こうよ、息子。
ジャンル:
学校
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう支援してもらわなくて結構 | トップ | 本意じゃあない »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL