閑猫堂

hima-neko-dou ときどきのお知らせと猫の話など

なおった

2016-09-25 23:04:51 | 日々

さんちゃんの目が治りました。
近くでよーく見ると、まだわずかに色が違うけど、
もう左右ともすっきりきれいなおめめです。

1日9回の目薬を2週間くらい続けたあと、手術という選択肢も
提示されたのですが、「そのままで治る場合もあります」という
先生の言葉を信じて、さらに2週間、薬も何もなしで、
自然治癒力で治しました。
さんちゃんは強い。

 

だけど、片目で不自由だった間に、すっかりおとなしくなってしまった。
なでた手触りも、足の裏も、前よりずっと柔らかくなったし、
声まで可愛くなって、ときどき真鈴と間違える。
武闘派は、もうやめたのか。
それがちょっと寂しくもあり。

 

クレは、相変わらず無防備な…(笑

 

 

すごい大きな爪とぎ板。
いくらといでも減らないよ。

 

 

そして、問題児ウラシマ。

 

 

 

まったくこの…

 

 

態度のでかいことといったら。

 

 

すーぐ人の椅子を取る~

 

 

足の模様がおもしろい。

 

さて、念願の猫ドアにつづき、念願の猫ブリッジが完成!
階下の猫ドア前にウラシマががんばっていると、
他の子たちが出入りしづらい…という状態を改善するため、
道からダイレクトに2階のベランダに上がれるように、
歩道橋みたいなものを作ってもらったのです。
ウラシマの裏をかくショートカット!
かしこいクレは、教えたらすぐ上りも下りもおぼえたし、
真鈴も、バランスが良いので、まずまず見込みあり。
すももは、ウラシマがいても平気で階下から出入りするので、
ショートカットは利用しなくてもかまわない。
あとは、さんちゃんと、きなちゃんだ。
ふたたび集中特訓の日々です。がんばりましょう。

(画像はまた後日)

 

 

本日の「いいね!」
(上の記事とはあまり関係がないです) 


動物のための橋 12選


「めんどりが道を渡ったのはなぜでしょう?」
Why did the chicken cross the road?

「向う側に行きたかったから」
Because it wants to get on the other side! 

という英語のなぞなぞ(『メアリー・ポピンズ』で読んだ)は、
「あら」とずっこけるジョークだけれど、真実でもある。
野生動物が道路に出て交通事故にあうのはなぜか。
「向う側に行きたかったから」に決まっている。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

バッテリー

2016-09-24 00:28:20 | 日々

野球の話ではなくて、車のバッテリーの話です。

長期間海外に行っている知人の車を預かっている。
「置いとくだけでいいから!」と言われて、外に置いてある。
雨が降るとトランクルームの底に水がたまるそうで、
いちおうカバーはかけてあるけれど、そのカバーの裾に
水がたまるから、雨が止むとたまった水を捨て、
晴れた日にはカバーをはずして風を通す。
動かさないとバッテリーが上がってしまうので、
月に2度はエンジンをかけ、駐車場所を移動する。
栗のイガが落ちないところで、蟻の巣の真上じゃないところ。

このところ雨がつづいて、つい動かしそびれているうちに、
みごとにバッテリー上がってしまった。
持ち主はまだ帰ってこない。
このまま放置するとバッテリーがだめになると聞いたので、
とりあえずうちの車につないでエンジンかけねばと思い、
「ケーブルって、あったっけ?」とMに聞くと、
「どこかで見た…ような気もする」と、きわめてあいまいなお答え。
こりゃーだめだと思い、すぐさまAmazonで翌日届くケーブルを注文し、
充電のしかたもJAFの動画でばっちり予習し、やる気満々でいたところ、
Mが、「ケーブルあったよ~!」と。

なんと、うちの車のトランクに、ちゃんと積んであったのです。
新品未開封の3メートルのバッテリーケーブルが!
そういえば、何年か前、 半ドアか何かでバッテリー上がってしまい、
ご近所でケーブル持ってる人を探して、助けてもらったことがある。
しょっちゅうあることではないだろうけど、万一に備えて、
1本あれば安心だからと、そのとき買った…ような記憶が
ぼんやりとあるような、ないような。

さて、それとは別に、うちの車にも不具合が生じていた。
昨年の4月頃だったか、「エンジン警告灯」というランプが
つきっぱなしになり、原因がよくわからないまま、
イグニッションコイルとやらを交換してもらって直った。
それがまた再発したようなのだ。
修理を頼み、整備士のKさんが来てくれたので、
ついでに預かり車のバッテリーの話をしたら、
「ちょっと見ましょうか」と親切に言ってくれた。
渡りに船と、ボンネット開けようとしたら、開けられない。
なぜか車のドアがロックされているのだ。
そして、1本しかないキーは、車の中に。

え~~、なんでこんなことに?
こういうことのないよう、「ドアは必ず外からキーでロックする」と
教習所でも教わったから、降りしなにロックボタンをぽちっと押す、
なんてことは、ふだんから絶対してないはず…
と、いくら考えてもわからないし、開かないものは開かない。
数日後、修理の終わったうちの車を届けてくれたKさんが、
(ノックセンサーとやらを交換して、とりあえずは直った模様)
道具一式を持ってきて、開かずのドアを開けてくれた。

道具というのは2種類あって、ひとつはドアを傷つけずに隙間を
ちょっとだけ拡げる道具。もうひとつは、薄くて細長い金属板。
それを隙間から差し込んで慎重にレバーをひっかけて外すのを、
ジミー・ヴァレンタインのごとく実演していただいた。
バッテリーはKさんが工場でフル充電してきてくれることになり、
あとは持ち主が帰ってくるまではずしておけば減らないということで、
やれやれ、めでたく一件落着。
前のYさんといい、Kさんといい、整備士さんは
ほんとに優しい人ばかりで、ありがたいです。

で、注文したケーブルも来てしまったんだけど、
(うちに2本もいらないよねー。どうしよう)
あとで預かり車の後ろをよく見たら、スペアタイヤのところに
ケーブル入ってました。
あらまあ。
それ、言っといてくれなきゃ。

 

そして次は、バッテリー取り付け用の10ミリスパナっていうの
買ってこなきゃ。
(メカは全然だめだけど、工具類は好きなのです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の(招かれざる)ゲスト。

 

山栗の実があっちこっちで落ちている。
家のそばでカケスが大声でジャージャーと鳴くので、
外を見たら、ちょうどそこに猪もいて、

 

遠すぎて何だかよくわかりませんが、

 

すたこら逃げていく猪の後ろ姿。
右の前足と後足が同時に上がっている。
そうか、猪って、こうやって走るのか。

(100mを8.0秒で走るそうですよ。速い!)

陸棲動物の走る速さ一覧 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

求人

2016-09-22 23:07:14 | 日々

毎朝、欠かさず求人欄に目を通します。

 

 

現在より条件の良いところはありませんでした。

 

 

どうもウラシマの登場が多くなってしまう。
なにしろ、色柄的に、非常に写真うつりが良い!
カメラを向けられても嫌がらないばかりか、堂々とポーズをとり
目線もばっちり。
実際には甘ったれで威張り屋のトラブルメーカーなんだけど、
写真ではなかなかチャーミングな猫に見える。 

栗拾いに行ったら、ウラシマがピャーピャーいってついてきた。
いがの口の開いたのが頭上に見えるので、落ちないかなーと
木を揺すってみたりしていたら、 ウラシマ、いきなりバババッと
幹を駆け上り、一気にかなり高くまで登って、枝の上から
「どうです」と得意そうな顔をした。
こういうときは、子猫モードではなく、ヒトと対等の意識を感じる。
「あ、その上、もうちょい右!」とか指示して、栗を取ってきてくれたら
すごいんだけど、そうはいかない。猫ですからね。

わが家では、最初からずっと複数の猫がいて、
一番少ないときでも3匹。単独で飼ったことが一度もない。
ウラシマみたいな、自己主張と独占欲の強すぎる甘猫ちゃんは、
1匹だけで飼ってあげるのがほんとはいいんだろうなと思う。
だけど、こればかりは飼ってみるまでわからない福袋。
開けてびっくりはあっても、がっかりはない保証付き。
ラティマも、きっといい猫になるでしょう。

(ラティマ ← ウラティマ ← ウラシマ
名前の変化に比例して甘やかし度が高くなる法則) 

 

このごろちょっと出番が少ないけど、クレちゃんも元気だよー。
 

 

 

 

 

 

 

あれ? いまごろ咲く花だっけ? と毎年見るたびに思ってしまう。
梅雨に咲くからツユクサ、というわけではないんですが。
 
くもり、雨が続き、やっと上の2枚だけが明るく撮れた。
 
 
 
 
本日の「いいね!」 猫2題
 


The Topiary Cat

英国のアーティスト Richard Saunders の作品。

 


大型犬はいるのに、大型猫はなぜいないの?

う~む、たしかに。
化け犬はいないけど、化け猫はいるからね。 

 

 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

きのことり・その2

2016-09-20 23:37:46 | 日々

斜面の下に見える赤い傘。
あれは、もしかして…

 

 

これだ~。
真打登場、タマゴタケ。それもツインで!

 

 

 

根元の卵の殻も真っ白で新しい。きょう開いたばかりですね。

 

 

軸のうろこ模様もあざやか。

これは食べられるきのこだけれど、見るだけで満足して帰ります。
(なぜかというと、北海道にきのこ狩り遠征中のお隣さんが、
天然本シメジをどっさり送ってくださったので!)

採らずに置いといて、もっと増やしてから食べよう、などと思っても、
そうはうまくいかない。来年は消え失せているかもしれない。 
そのへんが、きのこの面白いところ。

 

マカロン茸。(←また勝手につけた!)

 

 

甘食茸。完全に開くとこうなる。

 

 

 

ムラサキシキブ。
昔、こういうお菓子あったなあ…と、見るたびに思い出す。
前にも同じことを書いたかもしれない。
小さい粒の、舌が染まるような色の砂糖菓子。 

 

雨が小降りになった隙に、大急ぎで栗拾いに行く。
柵の外側に生えている山栗は、もう猪さんのひとり勝ちだ。
それはしかたないが、柵の内側ぎりぎりに3つ4つ落ちているのを、
猪はどうしても取りたかったらしく、幅1メートル近く地面を掘って、
漬け物石サイズの石をごろんごろんと10個ばかり転がし、
ワイヤーメッシュの下に鼻先が入るほどの穴を開けていた。 
土の色の新しさからみて、それはついさっきのことのようだ。
気づかなければ、もっと掘り進んでいたかもしれない。

漬物石10個も動かして、ちっちゃい栗4個。
労力に見合った報酬かどうか、ということは考慮しない。
たまたま目の前に栗があったから、それに向かって掘っただけ。
猪突猛進というとおり、がむしゃらで無計画な性格がうかがえる。
柵をぐるっとまわってもっと掘りやすい場所を探してみようとか、
木に体当たりして栗を落とそうとか、そんなことは考えないのが猪で、
考えてくれなくて幸いです。 
またどこを掘るかわからないので、毎日パトロールしなきゃ。
(埋め戻すのが大変ですよ!) 

 

 

本日の「いいね!」

 

猫の店番・八百屋篇

魚屋は求人がなくてね。どういうわけか。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

きのことり

2016-09-19 23:35:42 | 日々

今年は栗は豊作のようだけれど、きのこはいまひとつだろうか。
あんまん茸やマラカス茸(いずれも偽名!)にも出会えていない。
湿り気はじゅうぶんだが、いつまでも蒸し暑く、気温が下がらないせいか。
せっかく出ても、こう雨が多くては、見るひまもなく溶けて消えてしまう。

ま、とにかく、閑猫堂恒例きのこフェアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭がバクハツした。

 

 

 

ぐにゅっとして、かなり大きい。これ、なに?
雨でふやけたシイタケ??

 

 

ヴィヴィッドオレンジが、かなり遠くからでも目立つ。
じつはとても小さい。傘の直径が1cm以下。

 

 

きのこを撮るにしても、もうちょっとお日さま出てほしい。

 

 

 

こちらはナンバンギセル。神出鬼没。
来シーズンはいつどこでばったり会えるやら。 

 

 

 

からすうりも知らないうちに実がついていた。

 

畑の夏野菜は、まだ元気なピーマンとなすを数本だけ残して
片づけ、耕して、冬物の種まきをする準備。

前に、コンビニで「18品目」とかいうお弁当を買ったら、
ちまちまといろんなおかずが詰め合わせてある中に、
長さ5cmほどのゆでたいんげんの切れっ端が1本
入っていて、これで1品目と数えるのか…と思った。
高齢者向きに、「栄養のバランスのとれた」お弁当を、
宅配するサービスがあるけれど、こういうの、見た目には
よさそうでも、3日もつづけば飽きる。絶対飽きる。
なんかいろいろ入ってたね…というぼんやりした印象だけで、
きょうは何を食べた、という実感がないから、
明日は何を食べよう、という意欲もわいてこないんじゃないか。

この夏は、久しぶりにいんげんがよくできて、よく食べた。
ごまあえなら、小鉢にたっぷり。
天ぷらなら、いんげんだけ揚げて、ひとり10本くらい。
採れるとき、採れたてを、これでもかと食べて、
さすがに飽きるころ、シーズンが終わる。
いんげんも、オクラも、なすも、ゴーヤも、きゅうりも、
次の夏まで食べたくならない。
これから大根、かぶ、青菜などをまいて、秋冬はそれを食べ、
春は春で、菜の花や青豆を集中的に食べる。
1年間の全体でバランスがとれる。
ヒトって、本来はそんな感じでいいのではないかしら。
なぁんて言ったら、栄養士さんに叱られるかな(笑) 

 

彼岸の花火。

 

 

本日の「いいね!」


Best Friends

いいなあ。いいなあ。うらやましいなあ。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

神鳴

2016-09-14 22:58:31 | 日々

ちょっとねえ、これはないんじゃないかなあ?
というくらい大量の雨が降った。
降っている時間が長いだけでなく、その密度が濃い。
落ちてくる雨粒の字間行間がぎゅうぎゅうに詰まっている感じ。
これだけの水が頭上にあるということが信じられない。
深夜には雷の集中攻撃にあった。
ぴかっ!と光ってすぐさま「ばりばりどどどん!」ときて、
家じゅうびりびりと振動する。
目をつぶっていても、ぴかっ!が見えるので、そのたびに、
胸の上にのっかっているすももの両耳をふさぎ、
(だから自分の耳はふさげないわけですよ)
「わー、またきたよー、うるさいよー」と言っていたら、
クレもちょっと怖いのか、足にぺったりくっついている。
そのうち、外のひさしにいたさんちゃんも逃げ込んできた。

小さいとき、雷が鳴ると、おもちゃ箱から太鼓をひっぱりだして、
負けじと叩いていた、ということを突然思い出す。
閑猫ちゃん、3歳くらいかな。
太鼓は胴が木で、皮に「三つ巴」みたいな模様が描いてあり、
叩くと「でんでんでん」と間の抜けた音がして、
楽器としても玩具としてもいまいちなシロモノだった。
雷神に対抗するには迫力がなさすぎ、そのなんとも歯がゆい、
もどかしい感じまではっきりと記憶にある。
せめてカール・パーマーくらいのドラムセットがないと…
などと考えながら、猫を抱えて寝ておりました。
Mが午前3時に起きたら停電していたそうです。
隣町へ行く道の川岸が崩れて片側通行になっているとのこと。


 

雨はやんだが、空がいっこうに晴れない。
りこちゃんと水玉拾いに出かけた。 

 

 

 

 

 

クローズアップにすると何だかわからないミズヒキの花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴーヤの巻きひげ水玉。
実のほうは、採り遅れたのが次々と黄色くなってはじける。
今年もたくさん食べました。また来年もよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の「いいね!」


子どもの「手づかみ食べ」はなぜ良いのか?

うちでは夏にスイカを食べるときは、
外にシートを敷いて座らせていました。
最後は犬になめ倒されてたっけね(笑)

 

おまけ


赤ちゃんと猫の幸せなツーショット15選

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

転機

2016-09-13 15:59:23 | 日々

いきなりアップで(笑

8月には約1週間の「謎のお出かけ」があった真鈴さん。
現在はご在宅です。
いちおう、いまのところは。

 

すももとはまた違う方向のマイペース女王。
うるさいウラシマに、「おさがりッ!」と一喝。 

 

 

 

無作法で、やあね、庶民って。




 

で、庶民ウラシマ。
ふたたび「ネコヅメの…」って、それは「ネコヒジ」ですかね。


外に出ると、ウラシマがついてくるようになった。
「ピャーピャー」と甲高い子猫声で呼んで、
こちらの居場所をさがしあてると、目を輝かせ、
犬みたいにびゅーんと一直線にすっとんでくる。
シッポを旗竿のように高々と掲げて。

これは大きな進歩だと思う。
うちに来て、2か月くらいは、ほとんど自分から出ようとしなかった。
出たら入れなくなるのではと不安だったのだろう。
家から離れても、またいつでも戻れる。
じゅうぶんな量のゴハンがあり、寝場所もある。
必死に守らなくても大丈夫だということがやっとわかってきたらしい。
だってほら、真鈴ちゃんを見てごらん。
1週間も無断外泊して、平気で「ただいま~♪」と帰ってくるでしょう?

もしかしたら、あれが転機だったのかな。
先日買ったボストンタイプのキャリーバッグ。
片側を開けてテーブルの下に置いていたら、涼しくなったこともあって、
自分で入って寝るようになった。
それまで、ピアノの上や椅子の上に陣取ってあたりを睥睨していたのは、
他の子にもストレスだったけど、じつは本人も緊張していたんだと思う。
バッグにちんまりおさまったら、急にあたりの空気が穏やかになった。
さんちゃんやクレが通っても、けんかをふっかけることが減ってきた。
よーしよし。

…と思ったのもつかの間です。
夜、外で「ウギャラウギャラ!」と猫のけんかの声。
あーまたウラちゃんかい! と思って、ふと見たら、
ウラシマはテーブルの下で正座しているじゃないの。
さんちゃんもいる。
真鈴、きなこは2階に、すももは例によって台所に。
いないのはクレだ。
とすると、えーと、相手は…誰?

窓を開けたら、縁側でクレちゃんが固まっていた。
ライトで庭の先を照らしてみると、ぴかりと緑の目がふたつ。
あれえ? 見たことのある縞模様に、たわし尻尾。
おひさしぶりのジャッキー・タン。
ウラシマ新規加入のどたばたですっかり忘れていたけど、
そういえば、ジャッキー兄弟もいたんだっけ!
(兄弟がどうか知らないけど便宜上そう呼んでいます) 

1歳半のクレはまだまだお子ちゃまで心もとないし、
右目負傷のトレヴィル隊長はしばらく復帰できない。
ウラシマ、きみだけが頼りだ。
警備隊長代行に任命する。しっかりみんなを守ってくれたまえ。

(ジャッキー・タンは、人を警戒しているので、
そう簡単に猫ドアを突破してこないとは思うけど…
これが次の転機となるか、それとも、さらなる厄介ごとの
始まりか。はたしてウラシマ君は、頼りになるのでしょうか?) 

 

「おう、まかせとけぃ!」って…ほんとかなあ。
(それ手じゃなくて足ですよね)

 

 

彼岸花(白)

 

 

ひょろりと、きのこ。

 

 

 

池で枯れ葉が「立って」いた。
柄を下にして、ちょうど半分沈んだ状態で直立している。
木の葉は毎年たくさん落ちるけど、こんなのは見たことがない。
どうしてこうなるの?

 

 

金魚がかすめても揺れるだけで倒れない。マジック。
(翌日にはもうありませんでした)

 

 

本日の「いいね!」



マヨネーズの瓶とカップ2杯のコーヒー

このたとえ話、元はアメリカあたりだろうと思うけど、
どこで誰に語られるかによって、いろんなバージョンがあるらしく、
(「2杯のビール」というのもあります)
小石と砂の意味、それに最後のオチがちょっとずつ違う。
わたしが気に入ってるのは、
「それは Care と Love だよ」というのです。

  

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

わすれた

2016-09-10 23:36:00 | 日々

 

 

おくつろぎ中。
ではなくて、閉め出され中。

やっと猫ドアをおぼえたきなこ。
しかし、台風などで雨が続いたあいだに忘れたらしく、
またこうして裏や玄関で待っている。
きにゃにゃ~、そこで待ってても開けないからね~っ。 

 

2時間後、監視カメラがとらえた貴重な映像。

 

 

 

 

 

 

(監視カメラというのは嘘。モノクロ加工しただけです)

 

一方、ふりだしにもどったすももばあちゃんは、
おとなしく玄関にいればいいものを、早々と台所に舞い戻り、
現在はまた冷蔵庫の上の吊り棚に滞在中。
(なんだ、上がれるんだ…)
しかし、一か所にいる期間が前より短くなっている感じで、
台所に入るたびに、まずすももの居場所を目でさがし、
「うわ!? 今度はそこか!」と驚く毎日。 

最強マイペース猫のすももは、雨さえ降らなければ
一日一度は、とことことお出かけをなさる。
家を出てから、南へ行くときと、北へ行くときがあり、
南のほうの行く先が長いあいだ謎だったのだが、先日、
こっそり尾行してみたところ、 とことこ歩いて、しばらく休み、
とことこ歩いて、ぼーーっと休み、
(休むというより、たびたびフリーズしている感じ)
ずいぶん時間をかけて、家から遠いほうの川まで行き、
わざわざ水辺におりて水を飲んで、またとことこと帰ってきた。

猫がむこうの川で水を飲むのを見たのは、この30年間で
初めてのことで、かなりびっくり。
帰ってきたら、いつもの水入れのところへ行って、
そこでもまたぺちゃぺちゃと飲んでいた。
わが家の水道は、近いほうの川の上流から引いている。
水源が違うと、味も微妙に違うのだろうな。

 

カラスウリの葉。

 

 



パピルス。 

 

 

本日の「いいね!」(?)


Kill the K-Cup

コーヒーメーカーで使われるカプセルの空き容器が、
リサイクルされないで大量のごみになっているのを
ほっとくとこうなるぞという警告ムービー。

(だけど、「カプセル式のコーヒーメーカーを使うのは
やめよう」とは誰も言ってないみたいなので「?」つき)

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ある日のウラシマ

2016-09-07 23:03:52 | 日々

新聞もテレビもすべておさえた。
あとは、この金をスイスの隠し口座に…

  

 

んっ? FBIに気づかれたか!

 

 

 

ずらかるぞ。おい、早く車を出せ!

 

 

ええーっ、こんなときにエンジントラブルかよ~~

 

 

弁護士が来るまで黙秘だ黙秘。

(これは訓練です) 

 

 


病院で、さんちゃんをキャリーから出すのに苦労するので、
両サイドと上が開くバッグを買ってみたわけです。が、
なぜかウラシマが大喜びで入り、出ようとしない(笑)

こういうものは、実際に猫を入れてみないと
感じがつかめないので、選ぶのがむずかしいです。
ちょっと大きかったなあ。
まあ、使わなくてすめば、それが一番。

 

本日のいただきもの

酔猫さんお手製トルコ料理。
パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ
「お坊さんが気絶する(ほど美味しい)茄子」という意味だそうです。
蒸し煮にした夏野菜の旨味と甘味がじんわりと。
気絶なんかしてたら、隣の人にぺろっと食べられちゃいますよ(笑)

中国には、「お坊さんが塀を乗り越える(ほど美味しい)スープ」
ってのもあるそうですが、そのついでに思い出したのが、
ペ・ド・ノンヌ「尼さんの屁」と名づけられたフランス菓子。
シュー生地を小さく絞り出して球状に揚げるのですね。
これは、例の古いお菓子の本に、「キャトル・キャー」と並んで
載っており、さらにその隣が「チョコレート御飯」なる謎のスウィーツ。
「考えるより食べたほうがずっとおいしい」と書いてあるんだけど、
フランスにも「残り御飯」ってあるのか…
という半世紀前の疑問が解凍される。
あるの? 

 

本日の「いいね!」

地図だけで手紙が届くアイスランド

うちも「○○市」だけで手紙来たことがある。
さすがに宛名は書いてありましたけどね。
田舎の郵便配達の人はほんとに親切。 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

kodomoe

2016-09-06 11:32:06 | お知らせ

kodomoe 10月号(9月7日発売)
星谷菜々さんの連載「絵本のごちそう」で、
『きょうはすてきなドーナツようび』を取り上げていただきました。

絵本から飛び出してきたみたい…というより、
絵本サイズのミニチュアかと思うような、そのまんまのドーナツが!

星谷菜々さんのお菓子の本は1冊持っています。
息子が高校生のころ、誕生日にプレゼントしてくれました。
レシピ本をプレゼントするのは「作ってね」ということで…(笑)
でも、眺めるほうが楽しい本で、結局作れなかったような気がする。
あるいは、作ったけど似ても似つかぬものになった、とか。

 

きょうはすてきなドーナツようび
竹下 文子・文
山田 詩子・絵
アリス館 2012年

 

それから…
次号予告が出てるということは、もうお知らせしてもいいのよね?

 

 

kodomoe12月号(11月7日発売)の別冊付録、
岡田千晶さんとの絵本です。
かわいいよ! おたのしみに。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加