カッパの女房

縁あってアスペルガー症候群のカッパさんの嫁になりました。
カッパさんの飼い主・・・いや嫁として日々修行中です。

本名で勝負しよう!

2017-02-09 09:44:44 | Weblog

日本では外国籍の人が市町村に申請すれば、

通名を使用できるらしい。

もちろん一定の条件はある。


大阪府には在日コリアン(←差別用語じゃないよね?)と呼ばれる人々が

約10万人住んでいる。

大阪の人口は900万人弱なので90人に1人の割合だ。

生野区では約3万人の在日外国人がいると言うので、

生野区では4人に1人と割合が高くなる。

でもね殆どが日本人だからね。

生野出身と言えば外国人だと思われるフシがいまだにあるようだ。



外国籍の人が日本名を使って生活していると、

周囲は日本人だと思って接する。

わざわざ国籍を確認したりしない。失礼だもんね。

ところが、最近は本名で通す人が増えてきたようだ。

自分たちのアイデンティティに誇りを持ち、

堂々と本名で生活して行こうと決めたようだ。

勇気がいることだが、それは素晴らしい決断だと思う。

高校の時、山田太郎(仮名)君と言う級友がいた。

しかし2学期の半ばにイ・ビョンホン(仮名)と言う名前に変わった。

その覚悟がすごく「カッケー!!」と心に響いたのを覚えている。

在日コリアンは私たちにとって諜報部員のような存在で、

どこにいるのかは謎であった。

それが堂々とカミングアウトした姿勢に感動した。

しかしなぜあの時本名で通すことを決めたのか、

その真意は結局わからないままだった。


いつも疑問に思うのはなぜ通名を使うのかと言うこと。

立派なアイデンティティを持っているのだから、

誇りを持って堂々と民族を主張してほしい。

ルーツを大切にする姿勢は素晴らしいと思うよ。

しかしそれでも日本人の振りをし続けるのは、

何だろう。

やっぱ差別なのかな?

まだ差別があるんだろうね。

日本は単一民族だから、外国人は住みづらいのかな。

「日本人は善良」「コリアンは性悪」とか

いまだに思っている日本人がいるからね。

私たちには見えない壁があるのかもしれない。

ガラスの天井ならぬガラスの壁だ。

早くこのガラスの壁が溶けてなくなってほしいと思う。

お隣の国も、もう反日はやめてほしい。

民衆もバカじゃない。いつまでも反日に乗っかるとは思わない。

いつまでもネガティブな感情にすがりつくのはやめよう。

みんなが幸せになるような政治を目指してほしいものだ。

そして外国籍の人が堂々と本名が名乗れる日がやってくることを願う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ起こる?ベビーカー論争 | トップ | カッパさんの日常 2017冬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL