むしむし

ちっぽけな虫のような私。でもしぶとく生きてま~す♪

Muchaミュシャ展 初めての国立新美術館

2017-05-19 23:28:34 | 暮らし

誘っていただき、六本木の国立新美術館にミュシャ展を観に行って来ました。

初台リハビリテーション病院に父がお世話になっていた3~4カ月間、
大江戸線で六本木を通過して通っていたのを思い出しました。
その頃と同じ上大岡から特急で大門乗り換えで六本木です。
朝8時31分発を利用し、美術館に10時少し前に到着したので、
行列はまだまだ短くてスムーズに入ることができました。
友人のアドバイスで前日夜にオンラインチケットを準備したのも大きかったです。


草間彌生展も開催していて木にはあの赤地に水玉模様の布が巻かれていました。

撮影可能な展示室があり、撮ってきました。


前面にこちらを見つめる人物が描かれていて・・・


ミュシャはアール・ヌーヴォーの画家としてしか知らなかったので、
今回堪能したチェコ国外世界初公開!のミュシャ渾身の超大作
《スラヴ叙事詩》全20作品にとてもとても衝撃を受けました。
誘ってくれた友人に感謝です

ミュシャ展ホームページより
『華やかで洗練されたポスターや装飾パネルを手がける一方で、ミュシャは故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を数多く描きました。その集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-26年)です。およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言えます。』

帰りに10周年の東京ミッドタウンに寄りました。初めて!



美術館帰りのサービスがあったりしたので敷居の高さも気にならずに楽しめました
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も会えたね! アゲハの幼虫 | トップ | 瀬上の森で生きもの探し »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
堪能しましたね (いもちゃん)
2017-05-20 17:09:40
ご一緒できてよかったです。一人じゃ満足に見られなかった。
時間の管理はみなさん、さすがです。
本当に久しぶりに美術館。食事も待たずにすべてよし!
それにしてもJOJOのこのブログの文章力と写真の配置、いつも素晴らしいです。
またね!
いもちゃんへ! (JOJOママ)
2017-05-20 21:14:55
いもちゃんの「行きたい!」のアピールのおかげで観ることができました。
本当にありがとう

また、「行きましょう!」アピールをぜひよろしくです。

ブログをほめていただき幸せだわぁ~
ありがとう
これかも遊びに来てね
ミュシャ展 (まきこさん)
2017-05-22 21:02:23
音楽と絵画の説明がマッチしてとてもよかったです。
イヤホン借りて大正解。
絵もこうして印象に残った1部分を取り上げるのもいいですね。
また、いいイベントあったら誘ってくださいね。
まきこさんへ (JOJOママ)
2017-05-22 23:49:00
本当に音声ガイドは借りて正解でしたね
BGMでモルダウの流れを聞いて娘たちの合唱祭を思い出し、あの後ずっと頭で流れています(笑)

ボヘミアの川よモルダウよ 過ぎし日のごと今もなお
水清き青きモルダウよ わが故郷を流れ行く
若人さざめくその岸辺 緑濃き丘に年ふりし
古城は立ち若き群れを守りたり・・・

また行きましょう

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL