チェルノブイリ子ども基金・事務局だより

チェルノブイリ子ども基金スタッフが綴る事務局の日々。

沖縄・球美の里 4周年イベント『球美ぬ里にめんそうれ』展  10/31~11/3 文京シビック

2016-10-17 14:29:51 | Weblog

沖縄・球美の里4周年イベント
『球美ぬ里にめんそうれ』展 ~福島の子ども保養プロジェクト写真展~


2016/10/31(月)~2016/11/3(木・祝)
10:00~20:00 (10/31は12:00~)
文京シビックセンター1階 展示室2
入場無料

■ 撮影:広河隆一、福島の子どもたち、沖縄・球美の里スタッフ 
■ 福島の子どもたちが描いた絵、動画スライド上映

球美の里ってどんなところ?
久米島ってどんなところ?
保養って何?

福島の子どもたちに沖縄・久米島の美しい自然の中で思いっきり遊んでもらいたい。

2011年3月の福島原発事故の翌年からスタートした、
福島の子どもの保養プロジェクト「沖縄・球美(くみ)の里」は
2012年7月、第一次グループの子どもたち32名を保養に受け入れてから、
現在までほぼ毎月、福島の子どもたちを招待し続けてきました。

みなさまのあたたかいご支援のおかげで、今年はプロジェクト4周年。
子どもたちに、もっともっと保養してもらいたい。
このプロジェクトを、もっともっと、たくさんの人に知らせたい。
もっともっと応援していただきたい。
そんな思いから、『球美ぬ里にめんそうれ』*展を開催します。

*久米島の民謡グループ「なんくるさんしん」が
福島の子どもたちのために作ってくれた曲
(2014年沖縄で新唄大賞受賞)『球美ぬ里にめんそうれ』(球美の里にようこそ)の曲名を借りました。
展示会場でこの曲を流します。


同時開催トークイベント
■チェルノブイリ最新報告 広河隆一(フォトジャーナリスト、沖縄・球美の里名誉理事長)
■福島の子どもたちの現状 黒部信一
  (小児科医師、未来の福島こども基金代表)
■赤坂憲雄&向井雪子 トークセッション
  「子どもたちの未来へ……私たちが願うこと」

   ・赤坂憲雄(学習院大学教授/民俗学者/福島県立博物館館長)
   ・向井雪子(沖縄・球美の里理事長/チェルノブイリ子ども基金 代表理事)

2016/10/31(月)
18:30開場 19:00開演 21:00終演予定
文京シビックセンター3階 会議室1
入場無料


■ コーディネーター: 鈴木薫
(沖縄・球美の里 副理事長/いわき放射能市民測定室たらちね事務局長)
■ 主催:認定NPO法人 沖縄・球美の里
〒169-0075東京都新宿区高田馬場2-19-7-702
TEL:03-6205-6139 FAX:03-6205-6140
Email:tokyo@kuminosato.net
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『広河隆一 人間の戦場』映... | トップ | ニュースレター「チェルノブ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む