チェルノブイリ子ども基金・事務局だより

チェルノブイリ子ども基金スタッフが綴る事務局の日々。

出版記念シンポジウム 「3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」7/22

2017-07-18 10:15:10 | Weblog

「3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」
お問合せ、お申し込みは下記へお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出版記念シンポジウム 「3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」

プログラム
1部:「県境を超えてつながる母親たち」上映(OurPlanet-TV制作/2016年/26分)
    報告「保健室の現場から」
2部:トークセッション「保健室と地域は何ができるのか」
 
登壇者    
大谷尚子(養護実践研究センター)
吉田由布子(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク)
白石草(OurPlanet-TV)
佐藤ゑみ(元養護教諭)
松田智恵子(養護教諭)
木本さゆり(放射能からこどもを守ろう関東ネット共同代表・関東子ども健康調査支援基金)


日 時 2017年7月22日(土)13:00~16:00(12:30開場)
場 所 専修大学神田キャンパス205教室(1号館2階)(千代田区神田神保町3-8)
九段下駅(東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
    水道橋駅(JR)西口より徒歩7分 
参加費 1,500円
    ※書籍「3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」付
予 約 件名を「7/22シンポ申込み」とし、お名前、ご人数、ご住所、お電話番号、Emailアドレスをinfo@ourplanet-tv.orgまでお知らせください。
電話(03-3296-2720)、FAX(03-3296-2730)でも受付けております。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェルノブイリ原発周辺の森... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む