チェルノブイリ子ども基金・事務局だより

チェルノブイリ子ども基金スタッフが綴る事務局の日々。

ニュースレター「チェルノブイリの子どもたち」2017年2月号発行/毎日新聞「人模様」 

2017-02-22 18:15:08 | Weblog
ニュースレター「チェルノブイリの子どもたち」2017年2月号発行しました。

2月号の目次は以下の通りです。
p.2 4 月イベント情報
p.3 2016 年支援報告と2017 年支援計画
p.4 チェルノブイリ支援で子ども基金がウクライナ政府から勲章を受章
p.5-6 ウクライナからの報告
p.7-9 家族訪問(その2)
p.10 里親のページ
p.11 2016 年11 月の報告会
p.12 ふくしまだより
p.13 黒部ドクター
p.14-15 チェルノブイリの歌声
p.16 決算報告
p.17 募金・救援状況
p.18 事務局から

こちらからご覧いただけます。


2/18(土)東京ボランティア市民活動センターの会議室で
発送作業を行いました。
午前、午後あわせて20名のボランティアの方にご参加いただきました。
うち4名の方々は初めてのご参加でした。

金曜日も、発送前の準備作業を5名の方々にお手伝いいただきました。

ボランティアにご参加のみなさま、ほんとうにありがとうございました。


2月号ニュースにも掲載の勲章受章について
2月20日の毎日新聞夕刊「人模様」に記事が掲載されました。








この記事をはてなブックマークに追加

DAYS JAPAN 13周年記念イベント 3/2(木)文京シビック 小ホール

2017-02-21 11:40:43 | Weblog
DAYS JAPAN 13周年記念イベントのご案内です。
お問い合わせ、お申し込みは下記へお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

DAYS JAPAN 13周年記念イベント

【日時】2017年3月2日(木)19:00~(開場 18:30)
【会場】文京シビックホール小ホール
 http://bunkyocivichall.jp/access.html
◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)>文京シビックセンター連絡通路【直結】
◎JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】


【内容】
第1部
☆「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2017」受賞作品発表(スライド上映)
☆参加者によるパブリック・プライズ審査会

第2部 ゲスト講演 
沖縄・東村高江から 伊佐育子さん(「ヘリパッドいらない」住民の会)


【定員】 300名 予約制
【参加費】DAYS JAPAN定期購読者500円 一般700円 (高校生以下、70歳以上無料)

お問い合わせ: DAYS JAPAN 企画
Email: kikaku@daysjapan.net


お申し込みはこちらから

この記事をはてなブックマークに追加

パネル展2017 知ることで未来が見える 戦争の加害 2/21~2/28(かながわ県民センター)

2017-02-20 15:24:50 | Weblog
パネル展のご案内です。
詳細は下記主催者へお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パネル展2017 知ることで未来が見える 戦争の加害

 
日 時:2017年2月21日(火)~28日(火)10:00~20:30
   (但し、28日は10:00~17:00)
会 場:かながわ県民センター1F展示室
    横浜駅西口5分
    地図→http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
入場料:無料

チラシはこちら

主 催:記憶の継承を進める神奈川の会
問合せ:090-7405-4276 080-6634-5071 090-1116-6919
    Email:hiromatu914@yahoo.co.jp
後 援:神奈川新聞社・東京新聞横浜支局・毎日新聞横浜支局・
    TVK(テレビ神奈川)
協 賛:週刊金曜日


この記事をはてなブックマークに追加

BS1スペシャル ノーベル文学賞作家 アレクシエービッチの旅路 2/19

2017-02-17 17:56:03 | Weblog
「チェルノブイリの祈り」の作者
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの福島訪問ドキュメンタリー番組のご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

BS1スペシャル ノーベル文学賞作家 アレクシエービッチの旅路
2月19日(日)19時より、NHK BS1


2015年ノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチ。
「核と人間」「国家と個人」の問題を考え続けてきた彼女は、
昨年11月に福島の原発事故の被災地を訪ね、人々の声に耳を傾けた。
前編では、チェルノブイリ原発事故の被ばくで苦しむ人々を訪ね、
埋もれていた声を記録する取材に密着。
後編では、福島の被災者を訪ね、人々の心の叫びに耳を澄ます。
2つの原発事故から浮かび上がった思索とは。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-02-19/11/16479/3115116/

この記事をはてなブックマークに追加

2/18(土)講演会「こどもと放射能 原発事故から出た放射能と健康」(東京都・東村山市)

2017-02-14 13:26:52 | Weblog
講演会のご案内です。
詳しくは下記お問い合わせへお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
講演会「こどもと放射能 原発事故から出た放射能と健康」

日時: 2月18日(土)開場 13:00/講演 13:30 ~ 15:30
場所: 東京都東村山市中央公民館 3F視聴覚室(東村山市本町2丁目33番地2)
最寄駅:東村山駅東口 徒歩約2分    
資料代:500円

講師:石丸 偉丈(ひでたけ)氏(こどもみらい測定所代表)

講師プロフィールなど、詳しくはコチラ
http://de1014.blog.fc2.com/blog-date-201701.html

主催:こどものごはん委員会
協賛:さよなら原発@東村山
    ガイガー東村山
    子どもの未来を考えるゆるやかなネットワーク♪ IN 東村山

お問い合わせ:042・420・4886 080・5035・7633 西崎
☆保育有り (2か月児以上小学生まで)無料 
※要予約:申込期限2月15日(水)
メール noriko8864shinano@gmail.com
電話 042-420-4886 080-5035-7633(西崎)

この記事をはてなブックマークに追加