チェルノブイリ子ども基金・事務局だより

チェルノブイリ子ども基金スタッフが綴る事務局の日々。

広河隆一写真展「チェルノブイリ30年フクシマ5年」 8/3~8/5 東京YWCA(東京都・千代田区)

2016-07-28 10:21:00 | Weblog
写真展「チェルノブイリ30年フクシマ5年」

フォトジャーナリスト広河隆一の写真
チェルノブイリ60枚/フクシマ20枚/イラク10枚/世界の核汚染10枚など展示。

場所:東京YWCA会館 エントランスロビー・階段
日程:8月3・4・5日(水・木・金) 9:30~20:00
入場無料
※101 会議室でも映画「日本と原発」ダイジェスト版くり返し上映
(3・4日:11~16時 、5日:13~16時)無料

今年で、チェルノブイリ原子力発電所の事故から30年を迎えます。
30年といえば、セシウム137の物理的な半減期の年数です。
大地と大気を核汚染した放射性物質は半減しただけです。
高度に汚染された土地は今も汚染され続け、大地や水、空気からの内部被ばく、
次世代への健康被害も、ますます深刻になっ ています。
日本ではフクシマの事故から5年。子どもたちの間で甲状腺 ガンが増えています。
汚染は県内に止まらず内部被ばくの危険 性が大変案じられます。
因果関係が分からないとして健康被害 が無視されることは許されません。
この写真展をご覧いただくと、チェルノブイリ・フクシマの現状・未来、
また原子力・核産業のゴミによって広く人類に与える影響の大きさ、深刻さの実相が伝わります


主催:日本キリスト教協議会(NCC) 平和・核問題委員会

問い合わせ先 sf-naitou@nifty.com 047-362-4857 稔台教会・内藤

この記事をはてなブックマークに追加

チェルノブイリ30年 広河隆一写真展 7/30(土)~8/31(水)高山別院(岐阜県高山市)

2016-07-27 09:50:31 | Weblog
岐阜県高山市の高山別院にて
広河隆一チェルノブイリ写真展が開催されます。
お近くのみなさま、ぜひ足をお運びください。


チェルノブイリ30年 広河隆一写真展 
~ わたしたちはどこへ歩むのか ~


高山別院
本堂、および寺宝館
7/30(土)~8/31(水)午前9時~午後4時
入場無料


主催:飛騨仏教青年会
共催:高山教区教化委員会
協賛:高山別院/飛騨学場
協力:チェルノブイリ子ども基金
後援:高山市/高山市教育委員会

問い合わせ:高山別院事務所 0577-32-0688 (担当:三枝)

チラシ表


チラシ裏


※広河隆一写真展開催をご希望の方は
広河隆一非核・平和写真展開催を支援する会へお問合せください。





この記事をはてなブックマークに追加

小出裕章さん講演「原子力を選んでいない子どもたちを被ばくから守りたい」動画(4/23練馬文化センター小ホール)

2016-07-26 09:55:00 | Weblog
長らくお待たせしました。

4/23練馬文化センター小ホールで開催した、
小出裕章さん講演
「原子力を選んでいない子どもたちを被ばくから守りたい」

動画をアップしました。
ぜひご覧ください。

小出裕章さん講演


ボランティアの方のご協力により
動画をアップすることができました。
ありがとうございます。


この記事をはてなブックマークに追加

あいち平和美術展7/26~31(名古屋市)、ピースフェスティバルin瀬戸7/29~31(瀬戸市)、広河隆一写真展8/1-2(名古屋市)

2016-07-21 17:50:46 | Weblog
広河隆一さんの写真展示がある催しのご案内です。
お問い合わせは各主催までお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

第56回 あいち平和美術展(愛知県・名古屋市)
2016/7/26(火)-2016/7/31(日)

広河隆一さんの<チェルノブイリ>写真パネル展示あります。

会場:愛知県美術館 ギャラリー(名古屋市東区東桜1丁目13-2)
※地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車。オアシス21を経由し徒歩3分。
入場無料
問合先:あいち平和美術展事務局 052-876-9320

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ピースフェスティバルin瀬戸2016(愛知県・瀬戸市)
「戦争体験を語り継ぐ会」


チェルノブイリ30年・福島5年 広河隆一チェルノブイリ写真展
パルティせと 4Fマルチメディアルーム 
7/29(金)12:00~20:00
7/30(土)10:00~20:00
7/31(金)10:00~16:00
入場無料


そのほかのプログラムはこちら。詳細は主催までお問い合わせ願います。
7/27(水)~8/9(火)パルティせと3F パネル展示「原爆と人間」
8/6(土)7(日)水野公民館2F 講演「陶都戦争譜 講師:中村儀明さん」
8/27(土)28(日)瀬戸蔵つばきホール ステージ企画「銀河鉄道の夜」※要入場料
8/27(土)28(日)瀬戸蔵多目的ホール 平和を願いみんなでつくる美術展

主催:ピースフェスティバル実行委員会
   事務局 090-4198-2159(担当 松原)
講演:瀬戸市/瀬戸市教育委員会


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チェルノブイリ30年・福島5年 広河隆一チェルノブイリ写真展
コープあいち小幡店(愛知県名古屋市)
8/1(月)8/2(火)

8/1(月)午後1時半から伊藤展子さんによるチェルノブイリと福島の保養のお話があります。
伊藤さんはチェルノブイリ子ども基金のボランティアとして2度ベラルーシを訪問しています。

問合先:090-4084-5468(伊藤)


この記事をはてなブックマークに追加

浴衣寄付のお願い 「沖縄・球美の里」保養資金に

2016-07-11 11:42:23 | Weblog
ドイツの若者に人気の高い日本の浴衣を販売し
「沖縄・球美の里」保養の資金を集めます


ドイツ所在のドルトムント独日協会は、
東日本大震災直後の2011年3月にプロジェクトを立ち上げ
福島の子どもたちの沖縄での保養を支援しています。

我々理事およびヘルパーは全員ボランティアで募金活動をしておりますが、
現在まで1000人を超える福島の子どもたちを日本のパートナーを通して沖縄に招待いたしました。

この活動は今後も可能な限り継続する意向です。
しかし、原発事故から5年という歳月もさることながら
ドイツが現在置かれている難民問題など困難な政治・経済状況の影響を受け募金が激減しています。

そのためこのたびドイツの若者に人気の高い日本の浴衣を販売し保養の資金を集めることになりました。

その売上金はすべて現在の日本のパートナー「沖縄・球美の里」に送金され、
福島の子どもたちの保養に使われます。

寄付をお願いしたいのは、大人男女の浴衣と伊達締め、腰ひもです。
古着、新品大歓迎。
シミのついた浴衣や子供の浴衣はご遠慮くださるようお願いいたします。
ぜひご協力をお願いいたします。

2016年6月
ドルトムント独日協会 代表 シュルターマン容子
http://www.hilfefuerjapan2011.de/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

未来の福島こども基金でも浴衣を募集、輸送費カンパも募っています。
ご協力をお願いいたします。

浴衣・帯の送付先 〒353-0006 埼玉県志木市館2-3-4-409 未来の福島こども基金
TEL:090-3539-7611 FAX: 048-470-1502  Email: fromcherno0311@yahoo.co.jp

カンパ送り先 郵便振替口座:001900496774 未来の福島こども基金
 振込用紙に「浴衣輸送費カンパ」と明記してください。一口500円から
 口座間振込の場合は、メールまたはFAXにて、ご連絡ください。

締め切り 2016年9月30日

この記事をはてなブックマークに追加