Interminable-その日暮らしの手帖

南の島にルーツを持ち、着物アロハとハワイをこよなく愛するシャツ屋「ロケットシャツ」姉妹の、まったく個人的な日々の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美女のるつぼ Byパペ@

2008-05-13 02:09:41 | 普通の日
入園前から覚悟していたことだが、やはり困ったことが・・・それは、よそのママさんが綺麗過ぎると言うこと!
経済的な格差は覚悟していましたが、車や身に着けるものだけでなく、やはり明らかに「お顔」が違う~。

送迎時の立ち話やチラ見だけでなく、公の茶話会や懇談会のようなもので、一通りお顔は合わせているので、早く顔と名前を覚えようと、私の手帳には「○○さん:リカちゃん人形のよう」「△△さん:ハーフ風美人」などと秘密のメモが書かれているのだが、最近はそれに「元(あるいは現役さんも)スッチー(←しかもたくさん居る!)」「元ミス○○女子大」とか言う情報も加わって、頭の中はもう大変である。

美しき古参ママの間には、親しい人同士は「ファーストネーム」を用いる風習があるらしく、おしゃれな美人ママ同士が街角(園は街中にあるので)でファーストネームで呼び合う光景には、園の送迎臭は皆無である。

新たなお知り合いだけでなく、一緒に通園している既知のお母さんも、京美人や知的美人、宝塚風と美人ぞろいと来たもんだ。

ワシ(←グレてる)、居る場所がないですやん~と思っていたら、これらの風俗になじめず一時は転園も考えた、とカミングアウトしてくれたママさんも居た。この方とて、山の手のマンションにお住まいのなかなか可愛いママさんなのだが、そうかいそうかい、じゃ私と一緒にアウトローとして生きていこうじゃないの!と語り合ったのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ポップサーカスの楽しみ方、いろいろ Byパペ@

2008-04-30 02:29:25 | 普通の日
 先日買ったダンボのDVDにはまってるBB(4歳)&KT(3歳)の強いリクエストで、神戸で上演中のポップサーカスなるものを見に行った。

 主な出演者は、たぶん雑技団系&ボリショイ?的なメンバー、そして中途半端な日本語のピエロと芸達者な犬たち。象は出てこなかった。

 背格好・髪型も揃えたキュートな中国的美少女の曲芸や、中国的ジャニーズJrのアクロバット、ロシア的(何でも「的」かい?)空中ブランコなど、何十年ぶりかのサーカスを楽しんだが、指定席の真上が空中ブランコの待ち場所(?)で、終始Tバックのお姉さんを下から見上げ続けることに。指定席券を買ってきた夫、Good job?

 念願の初サーカスを見て、満足げに帰宅したBBは、私にこう耳打ち。

 「ピエロさんも面白かったけど、水色の服の女の子(1台の自転車に12名乗るグループ)、すっごい可愛かった!『えー、あんな可愛い子がいるの~?!』と思ったよ。・・・でも、お父さんには秘密。」

 うふふ…BB、すっかり中国美女4千年の歴史に魅了されとる…。でも、秘密のわりに、声、大きすぎますよ。お父さん、別の部屋に行ってから爆笑。

 日々ダンボの台詞を復唱しているKTは、やや納得のいかない様子。「次はダンボの出てくるサーカス、行きたい。」

 えっーと、「普通の象」じゃダメですかね?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

入園。そして脱力・・・ Byパペ@

2008-04-14 10:30:25 | 普通の日
 先週金曜は、BB(仮称:4歳)とKT(仮称:3歳)の兄弟まとめて入園式。母と離れて泣くと予想されたKTは、やはり自分の教室の前で、私の腕を引っ張って大暴れ。

「いや~っ!KTもゆり組(BBのクラス)に行ーくー!」

 母恋し、じゃなくてそっちかい?!

 とはいえ、可愛い先生が来て優しくいざなってくれると、いそいそと自分の教室へ入っていったKT。ほほ、若い娘さんにかかると、男はチョロイもんじゃの。

 今朝も楽しく初登園で、私は久々のフリータイム。お迎えまでの2時間ちょっと、お茶しながらゆっくり片付けものでもしますか。まずは、普段BB達に聞かせてもらえない、お気に入りのネイティヴハワイアンのCDでもかけて・・・って、アレ、この前チェリー@に持っていかれたよなあ。

 く、くつろげない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴメン、しばらくコメント受付できません・・・Byパペ@

2008-04-01 16:53:13 | 普通の日
 ブログ書いてる人、共通の悩みだと思うのですが、毎度毎度オツムの悪いエロコメントが届いて、管理者側での削除が間に合いません。

 ブログそのものも全然更新していなくて申し訳ないのだけど、少し時間ができたから更新を…と開けてみたら、おげれつコメントの削除でTimeUp…って、阿呆ですかね。

 見てくださってる方の目に触れる前に削除(コメント保留→確認後にUP)と言う手もありますが、正直私の貴重な時間をおげれつコメント削除に使うこと自体が、精神的に参ってしまいそうで…。

 そんなこんなで、マメにブログ更新&おげれつコメントの削除をできるようになるまで、コメントを受付できない設定にさせていただいてます。ご了解ください。

 で、お友達の皆さんは、個人アドレスの方へメールよろしく!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

すっかりごぶさた Byパペ@

2007-12-28 07:57:20 | 普通の日
 ご無沙汰っちゅうか、もうやめたかと思ったでしょ?あはは、私も思いました。

 その間、昨年3歳(当時)にして浪人させてしまったBB(仮称:現4歳)と、来春から遊び相手を失ってしまうKT(仮称:3歳)の入園先を決めるのと、その手続きやら、「入園までにコレ作っといてね」と渡された製作リストをこなすので必死でして…。

 いや、必死と言うのは嘘やね。正直ウハウハ。だって、今時「買った方が安い」小物作りを、肩身の狭い思いして、家事の合間に細々とやってたのに、「だって幼稚園で要るからさー」と家事放棄&コスト軽視で作り放題。好きな柄を考え、生地を選び、形が出来ても刺繍なども入れ続け…。

 そうそう、BBとKTが入園予定なのは、このあたりでは有名な「何でも手作りで入園グッズを用意させる園」。実際、「こんなん無理!」とばあばに下請けさせたり、手芸屋さんなどでオーダーしてしまうお母さんが多勢とか。

 ウチは2人一度に入園予定と言うことで、会う人毎に「2人分?大変よね~」と心配されるが、大丈夫大丈夫。楽しくミシン&刺繍・キルト三昧の日々を送ってましてよ。

 と、製作開始後既に2ケ月で正確にはまだ未完成。なぜに必要以上に手の込んだことをするかと言うと、エエもの作って子供に持たせて、来年「素敵ねえ。良かったら、作ってくださらない?」「何か、仕事で作ってらっしゃるの?」などと、小物やシャツの口コミ注文が来ないかな?と卑しい下心があるから。

 現役生なのでね、露骨に「製作請け負います」とはPRしにくいじゃない?先生方も一応、「自分で作ってあげてね」のスタンスやし。

 そ-ゆー訳で、我が子すら広告塔にしてしまおうとする、邪悪な「ロケット計画」、着々と進行中である。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不都合な真実・・・の口 Byパペ@

2007-09-06 01:52:08 | 普通の日
 くどいようだが、KT(2歳)は極悪である。何が極悪って、何ひとつ怖いモンがないので、「言うこと聞かないと、○○が来るよ!」などと脅しが効かなかったのだが、最近ようやく怖いモンが出来た。

 それは、いつも行くダ○ソーの向かいにあるローマの「真実の口」。「ローマの休日」にも出てくる、嘘をついた人が手を差し入れると噛まれるという、怖い顔をした石だかレンガだかのレリーフのレプリカが、輸入雑貨の店先に置かれているのだが、ある日BB(4歳)とKTが近づくと、いきなり低い声で何やら呻るように叫びだしたのだ。

 慌てて逃げまどう2人。通路を挟んだ向かいのダ○ソーで買い物中の私の元へ死に物狂いで帰ってきたが、KTは既にパニック状態。そのダ○ソーは、レジを通るとちょうど真実の口の前に出る構造なのだが、我々一行は、レジの支払いを済ました後、迷惑と不審の目を一身に集めながらレジの列を逆行し、泣き喚くKTを引きずるように店を出ることになった。

 しかし、買い物を済ませられたその日はまだ幸せ。以降KTは、同じフロアの幼児教室へ行くのにも、隣の商業ビルから渡り廊下を渡る段階から大暴れ。結局、一旦そのビルを降りて外に出て、横断歩道を渡って目的地のビルに入ってからEVで上がり当該フロアを目指すことになった。

 そして、その頃から怖い物が飛躍的に増えた。水族園にあるサメの頭部骨格標本、公衆トイレにある手を乾かす機械(あれがブーンと作動すると、慌てて尻餅をついたり、こけてトイレの床に手を着いたりするので、非常に困る)、NHK教育に出てくる「真夜中の動物園」と言う歌、セミの声etc。ダ○ソーも以後別の店にしか行けなくなってしまった。

 怖いもので脅して言うことを聞かせたいのだが、あれほど怖いものなしだったKTが、怖すぎて毎回パニック。何事も「過ぎたるは何とか」だな。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫の眼力 Byパペ

2007-08-29 14:24:44 | 普通の日
 ド近眼の夫は、風呂もうたた寝も眼鏡を掛けたままだ。

 歳と過労で最近更に視力が低下している夫が、ある日TVを見ている時、私に「コレ、誰?」と聞いた。芸能人とかに全く興味のない人なので珍しいなと思いつつ、「山田優。なんで?」と逆に聞くと、「チェリー(私の妹)に似てるな、と思って。」とのたまう。

 似てないよ、全然。チェリー、違うよ、分かってるよね?

 夫も相当お疲れやね、と涙ぐんでしまうのだが、そんな夫が眼鏡を掛けたまま本格的に寝ている時にフレームを壊してしまい、早速買い替えに行った。

 チェリーが山田優に見えるような昼行灯な眼鏡はさっさと買い替えるがイイわ、と送り出したが、いつもの「あなたは管理職ですね?」みたいな金縁眼鏡から、意外にもスリムでスタイリッシュなメタルフレームのを掛けて帰ってきた。

 「あ~、イイやん?明日会社でワーキャー言われるって」などと冷やかしていたのだが、翌朝カードの控えを見つけて驚いた。

 デフレな今時なのに、ご、5万円超?

 この高級眼鏡では、チェリーがちゃんと光浦靖子に見えることを期待してますが。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

何の花? By パペ@

2007-08-27 01:38:15 | 普通の日
 春の終わりにプランターに綿花の種を蒔いた。

 某有名小学校時代、居心地の悪かった私は、しばしば休み時間に用務員室(なぜか畳にちゃぶ台)に上がりこんで麦茶をいただいたりしていたのだが、そこで校庭に植えられていた綿の実を分けてもらった事があった。

 結局その時は綿をほじくって遊んだだけで、翌年に種を蒔くのを忘れてたのだが、珍しく綿の種が売っていたので、そんなことを思い出しながら買ってみたのだ。

 しかし長い間芽が出ないので、諦めて同じプランターに枝豆の種(豆ですがね)を蒔き、つぼみとおぼしきものが出来てからは、イノシシに大事を豆を食われては!とカースペースの奥に移動させて隠し、大事て育ててきたが、今月に入ってからこんな花を咲かせ始めた。

 芙蓉の花? 大器晩成の綿花だったのか?

 とにかく、清楚な純白の花姿にうっとり。そしてこの花は、1~2日後には美しい淡紅色に変わり、花の後には薄緑の丸い実がなって、これが日々膨らんでいく。

 やがて緑色の実が割れ、中から白い綿花がふわっと顔を出すのかと思うと楽しみだが、どう考えても小学校の校庭でこんな優美な花を見た記憶がない。

 丸い実が長くなり、中からやっぱり枝豆が出てきたらどうしよう?


  

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Yeah! Byパペ@

2007-08-21 19:51:39 | 普通の日
 この夏、結局ビリーには入隊せずに大日本帝国軍(ラジオ体操)に入隊し、連日早朝特訓を受け、最終日にお菓子の詰め合わせを頂戴して除隊した。

 いいのか、マダムがこんな生活してて?

 っちゅうか、いつも綺麗なだけでなくイイ匂いのするお向かいの奥さんは、ラジオ体操にもちゃんとお化粧して、手抜きでないカジュアルなスタイルで参加なさっていたから、私も見習わないといけないんだけどね。

 で、折も折、友人F嬢のブログで、自分の定点観測として自分の顔の変遷について語っていて、私も考えさせられた。

 そう、毎年終戦記念日だったり、自分の誕生日だったりする8月には、自分の余命や、遺影と遺言について考える。
 先日、インゲボルグで夫に誕生日プレゼントをおねだりをしていた時、夫とはやはり嗜好が違うのを再認識し(←いえ、本質は愛してますよ♪)、家族に遺影選びを任せたらちょっと成仏できないかも?と不安になったからだ。
 市販の骨壷もトイレのポットみたいでイヤだから、実は陶磁器の産地などを旅行した時には、適当なのを探している。

 遺言状についても、相続させるような財産は有していないが、夫の把握していない私の交友関係や、所属している団体などをを書き残しておいた方が良さそうだし、葬式で「コレだけはやめて欲しい企画(スライドショーとか)」もいくつかある。冠婚葬祭に無用の贅沢は控えたいが、菊の花が嫌いなので、菊以外の花で送って欲しいし、そのための追加料金くらいは貯めておかねば、と心がけてもいる。

 そうそう、遺影ね。ここ数年の写真には気に入ったのはない。かと言って、それ以上古い写真を使うのは、幾らなんでも手を合わせてくれるであろう人を愚弄している。ここ数年の写真が気に入らない理由は、ひたすら顔の丸み。

 やはり、ビリーか?(話は結局そこへ戻る。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スエヒロ君の話 Byパペ

2007-08-08 13:30:50 | 普通の日
 今日8月8日は、学生時代のバイト先の先輩「スエヒロ君」の誕生日である。

 「スエヒロ」と言うのは、彼の苗字ではなくファーストネーム。8月8日生まれで「末広がりでめでたいから」、と両親に命名されたのだそうだ。

 彼がめでたいのは、名前だけではなかった。当時三流大学の学生だった彼は、ピカピカの黒のクラウンを乗り回していた。事故車だったので20万で買えたのだ、と言う。ピカピカで20万のクラウンというと、いわゆるイヤな感じの事故履歴を持つ車ではないかと容易に想像できるのだが、スエヒロ君は一切気にせず、お得な買い物だったとほくそ笑み、周囲に自慢していたものだ。

 スエヒロ君と私は、さほど親しかったわけでない。もう20年くらい会っていないし、顔も忘れかけてるくらいだ。なのに彼の強烈なプロフィールゆえ、毎年この日になると彼を思い出す。

 おそらく百歳まで生きるであろう、スエヒロ君に幸あれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加