Blue Sky Blue

バイブルーのシェルティ ウィンディとルー、そしてコリーのデュークの田舎暮らし。

2008/12/28 デューク一才の誕生日

2008-12-28 19:36:09 | Duke

今日はデュークの誕生日です。
デカくて、もうおっさんみたいだけど、やっと一才、実はまだおこちゃまなのね。
今日の写真はないけど、昨日ドッグランで撮った写真です。
今年最後という事で、記念写真を撮りました。
みんなビシッと決めてるのに、しぇり~~


とはいえ、一瞬後にはこんな感じ。


リオのあくびが らぶり~。


一見まじめそうなコリーズ。
デュークとフィオーレちゃんは、急に、よく似てきました。


デューク、一才の誕生日おめでとう!
次回までに フセを完璧にして、脚側の位置を直そうね。
リードの持ち方を練習するのは母さんの方です。

次回のトレーニングは1月10日(土曜日)です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/24 ジョーディちゃん

2008-12-27 20:21:43 | Dog Friends
お友達の所に ゴールデンのパピーが来ました。
名前はジョーディちゃん、女の子です。
まだ2ヶ月もきていないから、パピーというより ベビーかな。
オシッコとウンチでてんてこ舞いだそうです。

  
「今はお昼寝で天使のようですが、目をさますと恐ろしい事に・・・」
だ、そうです。
きっと家の中が活気づいて、笑い声や悲鳴が絶えないんじゃないでしょうか。
ご対面は来年になるかな~。
みんな楽しみにしています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/21 田舎の子

2008-12-22 15:28:19 | Pier

新しいビニールハウスが出来ました。
さて、何を作るのかな?(何も考えてない)
案外ピアたちの遊び場になってたりして・・・


嬉しそうに田圃を走り回るピア。
絵に描いた様な田舎の子だね。

その頃東京のビックサイトでは・・・


東京インターナショナル ドッグショーが開かれており
ピアの偉大なサムパパことKencherry's Keep Topが、BOB、Group1stをとりました。
輝かしい賞歴を誇るサム君は、これを最後に ショーを引退です。

写真はそら&りきママさんからいただきました。


11歳になっても惚れ惚れする美しさ。
2年前、ピアがサムパパと一緒にショーに出たのが、今では夢のようです。
あの時一緒にお立ち台に立った弟プリンス君は 今はオーストラリアです。


その時の親子3頭のお立ち台写真を また載せちゃおう。
だってピアの一生のうちでも、めったにないような嬉しい日だったから。
この時はプリンス君がいてミキさんがいて・・・
あれからわずか2年です・・・

サムパパ、ピアをありがとう。
いつまでも元気で幸せに暮らしてね。
ピアはまたパパに会いに行きます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/20 トレーニングと忘年会

2008-12-21 20:59:59 | Dog Run

ボール命のシンディちゃんとフィーちゃん。
遊び好きのバーディ君とデューク。


大型犬3頭は 先週のちょっとしたいざこざで、はっきり順位付けが済みました。
デュークがバーディ君を押さえこんで一件落着。
今日も付きまとうバーディ君にフィーちゃんが怒ると、デュークが駆けつけて一声威嚇します。
バーディ君はおなかを見せておしまい。
いつでもそんな順位の外にいておきらくなのはシェリ。
シェリだって男の子なんだけどな~、問題外なのか。


ピアは体格で負けるフィーちゃんが苦手のようです。
ちっちゃなリオの陰に隠れて、どうするの。



次回までにマテを完璧にしておかねば。
左に座らせてから右足から離れる。(近くで良い)
えさで釣ってもボールが転がっても、だれかが前を走っても動かないように。
ぐるりと廻ってもとの位置に戻り、必ず一呼吸おいてからよし!と解放する。
失敗した時はあっ!」と大声を出して同時にリードを吊り上げる。
失敗させないことが大切。
次回のトレーニングは12月27日(土曜日)10:00から。
雨が降れば翌日です。

夜は いつも楽しいプール仲間との忘年会でした。
本日のこの一枚。
お肉が食べられない友人が、アスパラベーコンがなかったと、さんざんお店の人に文句を言ったのですが 私が撮った中に証拠写真が・・・
アスパラベーコンをとってるこの手は、誰?
いつもながら 笑い転げた数時間でした。
次は新年会、楽しみだね~。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/18 我が家のラン

2008-12-20 14:59:18 | Flowers
我が家のラン。(クリックで、大きな画像が見られます。)

カトレア 『ビューティフル アート』
ミニカトレアですが、とても鮮やかな人目を引く色です。
鉢が小さくて転んでしまったので、傷がついてしまった・・・


これもカトレア、多花性で、ただいま6輪咲いています。


11月に咲いたゴンゴーラ。
下垂性の地味な花だけど、一度にたくさんの花穂が出ると、シャンデリアのようで綺麗です。


らん展に出したパフィオ。
まだあと2週間くらいは咲いています。
残り3本の蕾が次々咲くから、結局2ヶ月くらいは咲いているかな。


らん展の直前に花が終わってしまったバルボ 『エリザベス アン』
一鉢に10本の花が付きました。
花の長さは20センチから大きいものは30センチにもなります。
世界らん展でグランプリをとった花です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/15 らん展

2008-12-19 21:01:00 | Flowers
久しぶりのらん展です。
カトレア。


パフィオぺディラム。


原種のデンドロビウム。


やっぱり華やかなカトレア。


出陳したパフィオ。
今年は時期がずれて、ちょうど満開に咲いているのがなくて、こんな地味な花になってしまった。
とても大きくて立派に咲いたのだけど、せめてあと3本出ていた蕾が咲いていたらね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/14 ハンドラー講習

2008-12-18 16:16:48 | Dog Show

年に一度のハンドラー講習会でした。
まあ何か役に立つ事を教えてくれるかも・・・と、あまり期待もせず参加してきました。
講師は菅原先生。
面白い話でした。
さまざまな用途にそって作られた犬種が どう骨格が違っていて歩様が変わっていくのか、
犬種特有の正確な歩様とはどういうものなのか
テールが上がると後肢の角度が変わってきて、ショートバックになってくるとかの話も面白かった。

ハンドリングの技術。
リードを上に引っ張りあげて走ると、推進力が前に行かず、犬は前足を叩いてしまう。
スピードを上げすぎると前はクロスになり、後肢は踏み込みすぎてオーバーリーチになる。
果てはぶつかるのを避けようと、斜行するようになる。
自転車運動でスピードを上げすぎるとオーバーリーチから斜行する事になりかねない。云々

もう一つ印象的だったのはドッグショー出陳者のマナーの問題です。
次々インドアの会場を貸してもらえなくなる実情、
置き去りにされたブルーシートを一枚破棄するのに千円必要で、何十万もの出費になるのだとか。
ドッグショーのあと、1週間くらいで空気が冷えてくると、舞い上がっていた毛が落ちてくる、
というのを聞いても、なるほどと インドアの会場の難しさを知りました。

会場に来ていた 珍しいトライのボーダーパピーちゃん。
トライのボーダーなんて、初めて見ました。



講習が終わった後、急いで松山空港へ走りました。
ピアがやっと帰ってきたのです。
バリケンを見つけて、「ピア!」と声をかけると
じたばたドタバタ、バリケンをゆすり始めました。
車に乗せてやると、ワンワン ワンワン、うるさい。
kencherryさんに電話する間も吠え続け。
羽田へ向かう車の中で、空港が近づくとハアハア言い初めて心配になったほどだとか。
よっぽど飛行機が怖いのかなあ。

あ~、帰ってきたよ、と田圃でくつろぐピア。
田圃の匂いがするんだろうね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/13 

2008-12-14 23:15:29 | Dog Friends
         次のトレーニングは20日(土曜日)です。

リオとシンディちゃん。


フィーちゃんとシンディちゃん。
バーバラさんいわく、「ladyになってきた。」


バーバラさん ”Good Boy ! "
デューク  へへへ
こちらは図体はでかいけど、軽いラテン系のノリ。
それでももうすぐ1歳になるデューク、ちょっと頑固になってくるはず、と、
今のうちにdownを教える事にしました。
ゲーム感覚で教えるには、タイミングが大切なようです。


なぜか急にフィオーレ母さん命になって 自ら紐なし脚側をするデューク。
どうやら遊んでもらってるつもり?


いつもマイペースで楽しんでいるシェリ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/4 ルミナリエ 点灯式の動画

2008-12-11 23:17:52 | Pier

You Tube初体験。
鐘の音が素敵でしょう。

     click here

せっかくだから、何枚か追加画像を貼っておきます。
それぞれクリックして拡大画像を見てほしい・・・






     
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008/12/6 佐伯祐三展

2008-12-10 21:44:23 | Pier

はなしが前後しますが・・・

土曜日、ドッグランから帰って、大急ぎで高松へ向かいました。
没後80年になる佐伯祐三の展覧会があるのです。
100点以上もの佐伯作品とユトリロ、ヴラマンクまで出展されているという、
こんな田舎で信じられないような展覧会。
明日が最終日というのに、会場の高松市美術館は人影もまばらで、心ゆくまで鑑賞する事が出来ました。
しかもほとんどがガラス張りでなく、むき出しのキャンバスを間近で見る事ができたのです。
今も我が家に飾ってあるレストランや人形の絵も、じっくり見る事が出来ました。

以前神戸や松山で見たときは 押すな押すなの混雑でしたが
学芸員の方も言っておられたように、「高松の人は幸せ」です。

佐伯祐三展にはいろいろな思い出があります。
一番最初に行ったのは 多分 学生時代の神戸大丸。
夢中になった私が階段の踊り場に張ってあった郵便配達夫のポスターを見て
「ほしい!!」というと、付いてきていた友人が辺りを見回してピンをはずしたのです。
学生ってけっこう悪さをするものです。
自分では盗れなかったけど、そのポスターは私の宝物になりました。
もう時効ですよね、願わくば。

今回はショップでこんな物を見つけました。
なんと『人形』が、トートバッグに!
こんなの、あり?とびっくりしながらも、買ってしまった。


実はわが町に面白いものがあります。
黒島神宮という、ほんとに小さな安産の神様があるのですが
そこをぶらぶら歩いていると『佐伯祐三』という名の刻まれた玉垣を見つけたのです。
???
社務所で、「あの~、あそこに佐伯祐三という名前があるのですが・・・」と尋ねると
「あー、あれは奥さんの米子先生が奉納されたものです。」との答え。
えっ、あの佐伯米子さんが?
先代の神主さんと親交があって、「お参りに行く事は出来ないけれど。」と、大きな提燈まで奉納されたそうで、確かに佐伯米子の名前が書いてありました。
いったいどんなご縁が、こんな小さな神社にあったのでしょう。
きっと佐伯祐三もびっくりしてるんじゃないかな。
パリで祐三と共に幼い娘 弥智子を亡くした米子さんにとって
安産の神様というのは 何か心にふれるものがあったのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加