Blue Sky Blue

バイブルーのシェルティ ウィンディとルー、そしてコリーのデュークの田舎暮らし。

2014/11/26 永観堂から哲学の道を銀閣寺へ

2014-11-29 16:11:35 | Travel

永観堂の境内を下りはじめると 散り敷いた落ち葉が見事でした。
こういうのを錦秋というのでしょうか。
大画面で出したいのに 最近のgooブログはそれができません。
残念。






茶屋があって 紅葉の下でぜんざいや茶団子などを食べられます。
私も甘酒をいただいて一休み。




せっかくここまで来たのだから 哲学の道を歩いて銀閣まで行くことにしました。
まだ4時というのに 何やら冬の日は早い。
ふだんに比べれば歩いている人は多いけれど
永観堂の人ごみを思えば 静かなものです。
こんなに歩くと思わなかったのでスニーカーを履いてこなかった、足が痛くなってしまいました。
永観堂から銀閣までは4キロほどあります。


長い坂を上がってやっと銀閣につきました。
もう何やら薄暗く 写真は綺麗に撮れないかも・・・




しかしここにもモミジはたくさんあって こんな華やかな銀閣は初めて見ました。


やはりまともに撮れた写真は少ない。


帰り道、雨が降り始めました。
バスに乗ってからは本降りです。
朝のうちの雨のおかげで 雨上がりの紅葉は綺麗だったし、お天気の神様ありがとう。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

2014/11/26 京の紅葉 金地院と南禅寺そして永観堂

2014-11-28 20:49:19 | Travel

同窓会で神戸へ行きました。
せっかくなので京都まで突っ走って 紅葉を見ることにしました。
三千院へ行きたかったけど 時間がないので(ホテルは神戸)東山を歩くことに。
地下鉄で蹴上まで行き、メインは永観堂ですが その道すがら南禅寺の山門を見るつもりです。
永観堂はなんといっても京都のモミジの永観堂と言われる美しさだそうで、楽しみ。

南禅寺へ歩いていく途中に東照宮があり、小堀遠州作の庭があるというので、立ち寄ってみました。












面白くて思わぬ時間を食ってしまったけれど 南禅寺に向かいます。
両側に鮮やかな紅葉。


せっかく来たのだから 石川五右衛門で有名な三門に上ってみました。
紅葉を頭の上から見るのも面白い。






いよいよ永観堂です。
名前だけは聞いていたけど 見るのは初めて。 楽しみです。

これは門に向かう参道、右手に永観堂の土塀があり、燃えるようなモミジが迫っています。


これは!ちょっとケバいのではないか、と思わず心の声。
まるで燃え立つ炎のようです。






みかえり阿弥陀という、遅れるものをふり向いて励ます慈悲の阿弥陀様がちょうど見られるというので、上って行って見せてもらいました。
思いのほか小さな綺麗な阿弥陀様です。






永観堂というのは小さな庵かと勘違いしていたけど
ほんとは総本山禅林寺という名で とても広い。
石段を登ったり回廊を廻ったり、(途中に水琴窟もあった)やっと阿弥陀堂から下りはじめるとホッとしました。
京のお寺は山の斜面にあることが多く、かなり足腰にこたえます。

永観堂の下りは次回。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2014/6/30 笑ったり怒ったり

2014-07-10 13:41:56 | Travel

耳のあたりをコチョコチョされて嬉しいウィンディ。
えへへへ・・・




爪切りに行ったウィンディは いつものお姉さんの顔を見ると
「うう~ん、うう~ん」と いやいやをして、私の足の間に頭を突っ込んで 隠れたつもり。
でもおしり丸見え、
お姉さんに 「見えてるよ~」と笑われてしまった。
帰りの車の中では わんわんワンワン吠えまくって、 怒っておりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2014/4/17 アーチ

2014-04-25 23:58:08 | Travel

前後しますが、ナショナルの会場です。
Purina Farmという広大な公園の中に 会場があります。


面白かったのはこの立札。
NO POOP!と書いてあります。
これをお土産に買って帰りたかった。


整然とパドックが並んでいて 綺麗なシェルティを見ることが出来ます。


木くずを敷いているので犬たちは木屑まみれ。


お昼は会場内のカフェテリアで食べますが、なんだかどれもおんなじ味がします。
2日目からはいやになります。


ホールに オーナーさんたちの寄付で出されるスナックが 時々並べられます。
美味しそうに見えるけど ケーキはとっても甘い。
反対に果物は甘さがありません。


午後から時間があったのでセントルイスの観光をしようということになり
有名なアーチを見に行きました。
ここからその昔 幌馬車隊が西部に向かって旅立っていったのです。




いいアングルでしょう?
観光用の馬車が止まっていました。


ものすごく大きな、たぶんステンレスのアーチです。
ほんとはこの中を登って行けるそうですが 時間が遅くて登れませんでした。
中の西部開拓の博物館だけ見て帰りました。










セントルイスは空港がいくつもあるので 飛行機が飛び交っています。


夜は、会場近くのカフェ(パスタの店?)で 盛り上がりました。
kencherryさんはワインを2杯飲んですっかり出来上がりました。
みんなにCute!って言われてましたよ。
注文を取りに来るのも料理が出てくるのも遅くて パスタはとても美味しかったのに サラダでおなかがいっぱいで、あまり入りませんでした。
残念、あとから思えばこれがアメリカで食べた一番おいしい食事でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/4/16 アメリカ 1日目

2014-04-23 15:33:45 | Travel

アメリカ セントルイスで行われたASSAのナショナルこと
シェルティの全米展へ行ってきました。
総勢738頭のシェルティが 5日間にわたって競い合うという大きな大会です。
昨日帰ったばかりで まだ疲れ果てているので ぼちぼちと、とりあえず一日目の写真だけ アップします。

成田からデルタでデトロイトに飛び それからセントルイスです。
これはデトロイト空港


小さな国内機に乗り換えて、延々と北米大陸の上を飛びます。
この日は見渡す限りこんな白い泡のような雲ばかり。
透き通った水の上に 泡がふわふわ浮いているようでした。


セントルイスの街が見えてきました。
この川はミシシッピ?


カナダのKimさんとPeterさんが空港まで来てくれて ホテルへ連れて行ってくれました。
手違いでナビのないレンタカーになってしまったので ほんとに助かりました。
ショー会場近くの ホリディ インです。(本館はだめだけど、裏のロッジはペットOK)
時間も遅かったので ホテルのレストランで食事。
アメリカなんだもの、まずはステーキ!と張り切ったものの・・・


ワラジのようなステーキが出てきたのはいいけれど 硬い!焼きすぎ!まずい!
やっぱり和牛よね~


まあそれでもいっぱいおしゃべりをして、楽しい一日目でした。
いよいよ明日からショーが始まります。
Puppy 6~9か月のsable & whiteから始まりますが
KimさんたちのLuが9~12か月のAny other allowed color dogsに出ます。
Luはバイブルーの うっとりするような美しい男の子で、Luを見るのはこの旅行の一番の楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加