もお飽きたよ。

2017-01-03 14:13:40 | 健康
今まで出来なかったことができる様になった時。脳内ではドーパミンが放出される。
威哥王
そして新しくニューロンがつながりシナプスが生まれる。

すると世界は一変する。

全てが明るく、全てが新鮮。

今までの認識が激変する。

今までの善は悪になり、今までの悪は善になる。

狭かった世界は広くなり、遠い所を近くに感じる。

サイコーの瞬間だ。


でも、そんな世界にもそのうち慣れ、新鮮さはなくなる。

そして「飽き」る。

体からは気がぬけ、目は輝きを失う。

見る物全てはバカバカしく映り、世界は狭く、そして暗い。

飽きたよ。

そう言って、簡単に手に入る快楽に逃げる人も少なくはない。



私達の脳は私達が思っているよりもずっとシビアだ。

容易に手に入る快楽で誤魔化した所ですぐに闇に連れ戻される。

本当の勝負はここからだ。

今、私達の前で視界を遮っている「飽き」という名の高い壁。
乗り越え難いと思われるこの壁。
催淫カプセル
越える事は決して楽ではない。

ただそんな壁だからこそ、乗り越えた時の喜びが大きい事 を私達は知っている。

疲れてしまったなら少し休むのも悪くはない。

ただ疲れがとれて、心の準備ができたなら、必ず再び立ち向かってほしい。

少しでも「いけるかも。」と思った時が動く時。

頭の中には越えるイメージは出来ている。

あとは実行に移すだけだ。

壁を乗り越えた時に見える輝いた世界はどんな物なのか。是非私に聞かせて欲しい。

きっとその話は世界に二つとない面白い話だと思うから。


でも、これだけは忘れないで欲しい。

今私達がいる暗くて狭く見えるこの世界にも、私達を影から見守ってくれている「何か」が存在しているという事を。

その「何か」は私達が行くならば私達の背中を押し、私達が暗闇で彷徨い疲れはてていれば、食事を分け与えてくれている。

今は暗くて見えないけど。必ずいる。

神がアダムとイブに皮の衣を与えた様に。

神がカインに印を施した様に。

まぁ「何か」が何かなんて、どーでもいーんですけどね(・ω・)ノ

皆が楽しく出来ていれば。
三体牛鞭
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スランプ気味? | トップ | 悪意の塊な記事 »

健康」カテゴリの最新記事