いげんでんこげんでん

ゴキヨゲンとは 俺のことかと呉清源 言い

----典之先生ももっと評価されていいと思うものであります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

棋聖リーグで山田規三生はふがいなかったが淡路修三が困ったことにがんばっていた。くわばら駿との対局は、どんな感じだったのだろう。

2016年11月05日 18時01分20秒 | 囲碁

くわばら駿の新初段シリーズは淡路修三だ。ほほぉ。
言うことは一つしかない。
淡路修三に負けるな。(伊坂幸太郎にならって)絶対。
しかしながら、…なぜ淡路修三なのだろう。
東京だからとか(中略)。

有村比呂司では不可なのは分かる。師匠や兄弟子が相手するわけでもないし。
有村を立てられないとなれば、当然、鈴木歩も不可。
男性には勝ち越す歩とだったら面白かっただろうに。まあ、vs鈴木歩は、いずれ小四冠の予選A決勝くらいで対局してもらえばいい。
だから林漢傑あたりとかさぁ。山田拓自あたりともうタメでしょう。
歩さんが紹介してないのかなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桑じゃない「くわ」に原は「... | トップ | 吉川一が関西棋院と日本棋院... »

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。