3万人の前で盛大に介錯、浦和に感謝だ!(vs 浦和戦)

2017-05-14 21:57:23 | Weblog

溜まってた膿がドバァーッと、大観衆の前で出ちっゃた・・・って感じですね。
ケチャップじゃなく。

負けてあーだこーだは他のブログやFacebookとかに任せた!
ワタシはワタシの道を行く。
なので、これから綴ることにご不満な方は、ここで読むのを止めていただきたいと。
写真も撮ってきたんですけど、今回はお蔵入りにしたい。
それだけこの試合はこれからのアルビの転機となる試合だったと。

と書くと、ついつい読んじゃってまた頭に来るので・・・止めてくださいね。

なぜ憎っくき浦和に感謝なのか。
今回はつくづく浦和で良かったと思う理由。
呂比須監督に洗いざらい、現状のアルビを見せられたという事。
変にいい試合してたら、修正点わかんなくなる。
まあ今日の浦和はとても出来がいいとは言えないものの、それでも大敗してしまう。
前半の途中で選手がプッツンしてましたから(特に大! サイドでのアレはいかんよ!)。
攻守において「俺たち今、こんな状態なんすよ。」と正直に示したことは、ポジティブでも
なんでもなく、この後のリーグ戦、思ったよりも早く整理されるんじゃないかと。
だって欠点はっきり見えるんだもん。(ド素人に)

1.当然トップを争う浦和に対してアルビがどんだけアレなのか、浦和は全力でつぶしに来てくれた。
アルビのDFの甘ちゃんぶりを徹底的にぶっ潰してくれた。
初回の同点弾と2点目はほぼ同じ形でやられる。
今日はEの2層目のゴール側横の一番前で見てたので、あの横から見た守備。
はっきりアルビのDFのいい加減さを理解、そして浦和の飛び出しについていけない稚拙さ。
もう、修正点ははっきりしてる。
はじめ上から見ると「えっ?5バック?」、大宮と同じかい!
慣れないことすんじゃない!

2. 勝ちたかったのなら武蔵のヘッドで先制した後、ベタ引きしてゴールに鍵をかけるべきだった。
それをしないで中途半端に欲を出し、前に出たいのを逆手に取られ、戻りが中途半端、ファーを
突っ切られ連続失点。
やることなすこと、すべて中途半端。
これ本当に片渕コーチの指示なの?
違うと思うよ。

3.セットプレーがすべて失点につながるお粗末さん。
周りも言ってましたが、セットプレーになった時点で、「あー点とられる」。
その通りでした。
皆さん分ってらっしゃる。
落下点予測というか競り合いがこれまた中途半端。
体の体感弱いから、競り合いに負けボールをロスト、失点。
まあ傍目にも「弱いなー」、と同情にも似たため息。
これじゃいかんでしょ。

4. ゴールのチャンスは後半も山ほどあったのに決められん。
こればっかりは正直天を仰ぎました。
これが実力だ。チームの現状だ。相手がどうのこうのじゃなく選手の自信の無さが
プレーに直結し、一瞬の判断が遅れ体が反応してない。

******************************************

言いたい事は山ほどありますが、言っても今の状況変えられるのは新しい監督と選手だけなので。

で、こんなホームで全く勝てないチームのホームに3万人も来た事が驚きです。
まあ浦和サポも手伝ってもらってますが、それでもこの数は異常。
これだけ下を這いずり回ると、この観客数にはならない。
「怖いもの見たさ」?

じゃないでしょう。
アルビサポは暖かいね。ってかこんな時だからこそ来てくれるんです。
こんなサポーターを大事にしなきゃいかんですよ。フロントは。
それに試合後、当然盛大なブーイングだと思ってたら、力強い拍手とチャント。
これには涙が出た。
これ以上選手の心を打つことは無いなと。
ある意味、アルビサポも生まれ変わったなと思った。
一皮むけて強くなるよ。

浦和から全力で叩かれアルビのプライド、過去の甘い思い出もズタボロ。
3万人の前で浦和に介錯してもらったようなもの。
これで今日までアルビは死にました。
過去の3年間の残留争いとか苦い思い出も、これでスッキリ清算です。

たとえこれがJ2降格してしまったとしても、新しいアルビに生まれ変わるきっかけに
してもらい、いや絶対にするのだ。
明日からは新生アルビです。
体質をガラッと変えてください。
どんなシステムになるかはわかりませんが、中途半端はやめてください。
今までこうしてきた、とか引きずるからこの成績なのだ。
変わる勇気を持て。
時間がかかろうがそれは仕方ない。
選手が変わる? 大いに結構。
勝つまでに時間がかかる?
強くなるためだ。待ちましょう。
それだけ、覚悟完了したという事。

**************************************
試合後、GK大谷選手が浦和サポに挨拶に行き、盛大な拍手を受けてました。
(試合中はすごいブーイングでしたが愛ゆえになんだよなぁ)

愛されてた大谷選手、うらやましい。
これで浦和とも決別。
ようやっとアルビの大谷として再出発。
*今日はほぼノーチャンスだったなー。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呂比須新監督視察の浦和戦 | トップ | 呂比須DNAとの融合  アルビ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (牛肉)
2017-05-14 22:37:33
大宮の対浦和5バックがどんなものだったのかは見ていませんが
5人並べててあんだけサイドからやられちゃうのは…
(左サイドからクロス→ファーで楽々押し込まれるの
今シーズン何回目ですか…)
てっきりスタメン発表で大野が左SBかと思ってたんですが。
個人的には後ろに人数かけて引いて守るより
中盤で柏木や阿部に好きに蹴らせない方が
後ろも楽になったような気が。
これからだぁ! (ある吉)
2017-05-15 07:21:45
遂に沈むところまで沈みましたねぇ。もう、落ちることはない訳です。これからは、新監督の下、一歩ずつ上がっていくしかありません。7月以降、関東での試合が増えます。積極的に現地応援にかかわっていこうと気持ちを新たにした次第です。
この浦和戦、後半は数点GETしてもおかしくない試合展開でしたよね。さあ、これからでしょう!
頑張れ新潟! (新潟レッズ)
2017-05-15 07:46:07
昨日はお疲れ様でした。
試合後、大谷が挨拶に来た時になぜか涙が溢れでて泣いてしまいました。
Jリーグ発足時から浦和サポーターしてますが勝ったにも関わらず昨日の試合はなんとも言えない気持ちでした。
新潟!頑張れ!落ちるんじゃねぇよ!
浦和サポーターみんなの思いです。浦和サポーターはなんか知らないけど新潟が好きなんです。陰ながら俺も応援します。もう上がるだけです。頑張ってください。それと達也、大谷を宜しくお願いします。なんか俺らしくない真面目なコメントですみません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。