呂比須サッカーは今ある素材を凶器に変える力を秘めている (vs 札幌戦 その1)

2017-05-20 18:30:19 | Weblog

久しぶりっちゅうか約1年ぶりのリーグ戦ホーム初勝利でありました。
今日は試合も早い時間に終わったので、一旦新津の自宅に戻り、シャワーを浴びてこちらでブログをアップしております。
その方が帰ってからゆっくり休めるっちゅうわけです。

それと気がつきませんでした。
このブログを始めて12年目にしてご来場者通算350万人を突破。トンでもねぇなと。
アルビが強ければもっと早くに更新できたでしょうが、ようやっと明るい話題が書けて素直にうれしいです。
ありがとうございました。
もはやワタシの生きる力です。(大げさ

今朝は4時半に仙台を出発。
朝8時前に新津着。
ここで庭と道路沿いの草刈り、そして浄化槽脇の地面の硬化作業。
10時前にはシャワーを浴びて、スタジアム出発。

段幕張りの後、今日は入待ち参加。



節目節目の入待ちです。
ここで勝たなきゃ。


こちらもゲーフラを掲げます。


届いたかな?





監督の顔しか分からんかった。手を振る選手が。



この後、縁起を担いで屋台でタレ勝丼とメンチ勝。


スタジアムに入ります。



最近、大人しめのチアダン。
そして
少人数でも声のでかい、サポーロサポ様御一行。
今年強ぇーし、不安になる。


選手が出てきます。
お目当ては


元気だったかい?  菊ちゃん。
まさかこんな形で再会できるとは。感無量です。
できれば、この試合、勲との15番対決見たかったー!。


おお、小野伸二もいる。
サブだけでも何ちゅう豪華なんだ、サポーロは!

一方アルビは・・・


神頼み。
監督交代ブースト発動するのか!?
というより今回は、呂比須監督がどんなサッカーをするのか確認するのが目的。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呂比須DNAとの融合  アルビ... | トップ | 呂比須サッカーは今ある素材... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。