グランパス磯村選手を獲得する事とその意義

2017-07-16 21:29:57 | Weblog

今日は早朝か朝5時から朝ツーリング。
というより日中が暑いので、朝のうちにチャッチャとしばらく動かさなかったバイクの尻を
叩いておこうと。


こちらにも農道はありまして、今の時期、草刈り以外さほど農作業はないので貸し切り状態。
朝もやの中、適当に飛ばしておきました。


エンジンは絶好調です。乗る人間は次第に錆ついてますけど。
7時前には自宅に戻りシャワーを浴びてもうひと眠り。(寝るな)

*****************************************

午前中は、先日割ってしまった眼鏡を新調に。
当然レンズ込々4000円程度のもの。30分で出来上がり。
そのあと、ジーンズを買いにアメリカ屋。
もうかれこれ10年、腿のあたりとか擦り切れたり色褪せたり。
ビンテージならそれでいいけど、個人的にはこういうのは好きではない。
で1本新調した。
黒のスリム、サイズは33。まったく裾直しとかいらなかった。
ほぼ標準体型なのだなと安心。
バイクに乗るのにも併用。
これでまた10年はこれ1本でいける。

午後は自宅でマリモたちの相手。
普段いないから休みの日は極力構てますが、構われるのはメルモばっか。
まりもにはウザがられます。少しでも睡眠時間を削られたくないらしい。

構いながらスカパーを見る。
たまたま見たのがスパサカ。
今回のゲストはなんと秋葉さん。
もとアルビレジェンド。そのうち監督として迎えたい候補の一人。


今回の議論は「ボランチの守備は状況把握力」。
まさに今のアルビに欠けているもの。
欠けているというか、中盤の守備をしっかりしないと押されてズルズルラインを下げられて
失点の元になります。
今、慶やロメロも含めていろいろ試されてはいるものの、守備についてはまだそれほど成果が
出ていないのも事実。

ミドルを打たれる際のボランチの位置とか、詰め方、この辺りは見ててなるほどと。


今の代表クラスのボランチの意識をどう変えたのか、また今後どう展開するのか、世界の
動向、トレンドなど。


秋葉さんの考えを聞いてるだけでも「ああこの人の考察力と分析力はすごいな。あとは指導力か。」
なんて思いました。
五輪代表コーチの任期終わったら、ボチボチお願いしたいところ。

************************************************
夕方からは、すでに解約したけどまだ契約期間の切れていないダゾーンをスマホで見る。
対戦カードは当然、「名古屋vsvs山形」J2です。

今回注目はグランパス磯村選手のプレー。
明日、クラブハウスで移籍会見があります。(facebookでライブあり)
ワタシは明日仕事なので見れませんが。

今日はCBとしてのスタメンでした。
あれ? ボランチって聞いたけど。
結果、1-0で名古屋の勝利。磯村選手は十分機能していました。
終始中継は磯村選手のアップを撮ってました。
それだけ名古屋にとっては生え抜きの「愛すべき選手」だったのです。
終了後、スタンドへ挨拶に廻る磯村。
そして「また戻ってきて」というゲーフラ。
最後は選手による磯村選手の胴上げ。

その磯村選手を獲得するアルビはしっかりした目的と役割を与えられるのだろうか。
CBにはすでに先発で獲得した大武選手がいる。
SBには本来貴章が配置されるべき。
だから磯村選手には当然ボランチとしての核を担ってもらわねばならない。
守備の底と中盤に名古屋の選手が一角を占めるわけだ。
果たして呂比須監督はどういうプランで中断後の後半戦を戦うのか。
3人が3人ともスタメンとしてFC東京戦に出るのであれば、その期待値は相当なものだと思う。
でなくてもタダでさえけが人ばかりのアルビにとっては、機能していただかなければ・・・。

終わりなわけです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏フェスはパス | トップ | 控えの層はこれで厚くなるの... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダサイ(^^) (新潟レッズ)
2017-07-17 06:28:09
秋葉のファッションセンスは相変わらずダサイですな(^^)
いずれは新潟の…
ようこそ (愛華)
2017-07-17 11:11:14
磯村選手ようこそ新潟へ😉
私個人的見解ですが (あるある)
2017-07-18 21:45:25
統率力でしょうか。
前線の選手、バックの選手で噛み合わない場面が目立つ、前半は良い内容でも後半必ずどこかで緩み
失点が止まらない悪循環。
選手の頭数は居るが主力選手と控え選手の差が大きすぎる、選手の半数近くが入れ代わり
原点回帰と言いつつ現実はどんなサッカーがしたいのか見えて来ない…
今回の補強はセンターライン、カウンター対策、と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。