呂比須サッカーは今ある素材を凶器に変える力を秘めている (vs 札幌戦 その最終)

2017-05-20 20:08:30 | Weblog

後半戦の開始です。
後半はちょっとギアが入れ替わります。
要は相手を少し刺激して裏に抜け出すという形。


以前の三浦監督の作戦と違うのは、常にコンパクトにスペースを潰していく。
当然、相手に付く場合、抜けた時のリスクがありますが、今回は相手がさほど人数をかけずに中盤から先スピードが落ちることを見越して最終ラインの手前から
プレスをかける。
何が何でも的なものではないので、ボールウオッチャーになる選手の少ないこと。
しかもしっかりブロック作るもんだから安定していた。


その中でも富澤選手のポジショニングは玄人肌と言いますか、味があって素晴らしい。
よくジェフが放出したなーと。

で、ゴールが生まれます。
当然相手のボールを中盤で奪い、目の覚めるような速攻。
パスの出どころ、出しどころが秀逸。
ホントにあとはホニにお任せ!


相手を置き去りですもんね。一瞬で。
あー、これでまた浦和に取られる・・・。



ホニとラファいたら・・・タラレバでした。

忘れちゃならないのが彼。


陰のMOM、大谷君。
今日はラッキーという言葉は失礼ですね。
浦和戦が相当応えたようで、ミスらしいミスは全くなく。
待望の無失点です。


後半から出てきたのが小野伸二かーっ!
もうボール持つだけでドラマなのだ。


ここから俄然、ガッチガチの攻防。
というのも、そうです。
中盤から足が止まり始めました。


何度もCKを食らう。
が、毎試合落ち着いてりゃいいのにね。
結局点は与えす。
1-0でのウノゼロ。
一番いい勝ち方で呂比須監督初采配を勝利で飾りました。



笛の瞬間、狙ってましたけど。
当然、へたりますね。



サポもヒヤヒヤ・・・今回はあの連続CKくらいでしょうか。



1年ぶりに踊るアルビ。


おお、ユニ交換していたのは・・・?
小野伸二と・・・森君?



ホント肩の荷下りましたな。



まだまだなんだが、今は歓喜に酔いしれよう。
森君が突っ込まれておるようで。



ジュフンも今日は上出来でした。
おつかれさまです。

さて、勲選手、これでおいしいお酒が飲めますな。

*******************************************
総括

今日の試合だけではまだ評価はしないほうがいいでしょう。

しかし見えてきたもの。
修正してきたもの。
呂比須監督は2列目に凶器を3段階用意してきた。
これまでの戦略ホニを逆手に取った。
つまり欠点である行ってこいホニ!の前に1クッション置く。
そしてオフサイドにはまらないやり方、しかし、かといってカウンターの切れ味が鈍ったわけではない。
恐ろしい切れ味です。
実質、ホニと武蔵なんですがどちらでもガリャが振れる二刀流なのです。
武蔵だから…当然?
こういうオチですが。

得点シーンと後半武蔵がぶっちぎったシーン。(ゴールしなかったけど

このシーンを見てゾクッときました。
あ゛ー!!!
シーズン当初からこれでやってりゃーな(またまた。
三浦監督の理想の斜め上を、今の戦力で成し遂げたと。
これが果たして上位陣に通用するかは別問題ですが。
当面このシステムは有効です。
相変わらず前線が守備を怠らないのは大前提ですが、まず失点は減るはず。
あとは武蔵とホニの得点能力に賭ける。

また選手の配置については・・・これで我慢するしかない。
初めにも言った適材適所は成されたのだ。

明日はもう少し突っ込んでみます。

というわけで、これから仙台に戻りまーす。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呂比須サッカーは今ある素材... | トップ | 鍵はCFなんだが・・・ルヴァ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝呂比須体制白星発進 (プク太郎)
2017-05-21 18:20:54
こんばんは
呂比須新体制の始動が白星発進で良かったと思います。適材適所の布陣での勝利は、今後の試合が楽しみです。簡単ではないかもしれませんが、降格回避の中位を目指して応援していきたいと思います。頑張れ新生呂比須アルビ!
ここからリスタート (アルビーノ)
2017-05-21 18:56:22
まず1勝。
やっとガリャがトップ下で起用されたんで、これから監督の攻撃イズムが叩き込まれて、ワクワクさせてくれると良いなと期待してます。
ラインは対戦相手に合わせてだと良いんですけど、ずっとドン引きだとね…どうでしょ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。