ケミストの日常

大学化学系教員の日々考えること。
HNはchem@uと省略してます。

森友学園と加計学園

2017-07-12 23:36:28 | 政治動向
最近の政治関連ニュースと言えば、森友学園と加計学園に関することばかり。

ただし、森友学園問題も加計学園問題も、具体的に何が問題なのか、どういった法に触れているのか、一切の説明なしに、総理の意向だの、忖度だの、疑惑があるだの、そんな感じでいつまでも引っ張ってるだけ。

そんな感じで、長々とやってますが。

最近になってようやく内閣支持率が低下して不支持率と逆転していますが、これだけの密度で報道され続けてまだこれだけの支持率を維持していることに少し驚き。



今までは、メディアが一斉にある方向に振れると、世論が誘導されて、メディアの意向通りの結果になることが普通だったのですが、今回はどうなるのか、ちょっと興味がわいてきました。

きっと、このメディアの意向には官僚も乗っかっていますよね。

官僚が気に入らなければ、適当に情報をメディアにリークして政権や特定大臣に不利な状況を作るような、メディアと官僚の持ちつ持たれつが透けて見えていましたが。



今回は基本的には文科対政府という図式。

文科は天下り問題で政権への不満が蓄積しているわけで、特攻隊的に政権批判をするのは理解できます。

野党が政権への対案を示す能力もなくなって、反対するだけの野党に戻ってしまったのも見えます。

そして、メディアがそれに乗っているという図式。

安倍政権も続いたし、ここらで一丁メディアの力を見せつけて政権転覆でもやってやろうか、そんな意図が見えます。



今のところ、他の省庁は様子見なのかな?

安倍政権が続くようなら、下手なことして対立しない方がいいし。

逆に言うと、官僚が安倍政権は持たないと考えれば、今以上に様々な「疑惑」が湧き出てくると予想。



森友学園問題も加計学園問題も、決定的なものは何もなくて、印象操作だけが進む中、さて、政権は転覆するのか、持ちこたえるのか。

きっと、民主党(民進党?)は愛媛・中四国では議席を永遠に失ったな、ということだけはわかるけど、文科・民進・共産・メディアによる自爆攻撃の結果がどうなるのか。

ほとんど、エンターテイメントですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲地下水問題 | トップ | 国防とか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治動向」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。