日々精進~2013年の起業を目指して~

バイオインフォマティクス研究者から創薬ベンチャーのサラリーマン、さらには自ら起業して感じたことの雑記。

自宅で使用している自作PCが不調なので、パーツ単位でリニューアルしました【後編】

2017-04-15 11:37:32 | Weblog
自作PCリニューアルの話題です。バックナンバーは【前編】【中編】です。

この【後編】では、OS再インストールと環境構築について書きます。

そもそものPC機器構成として、
SSD(OS用)HDD(データ用)という
2台のストレージを利用しています。
そのため、HDDはフォーマットせず、SSDのみフォーマットしてOS再インストールをしました。

ここからが手順です。
■手順1:事前準備
Windows 10のインストールイメージはマイクロソフトの「Windows 10のダウンロード」というページから入手できます。

ダウンロードしたファイルを実行し、16GBのUSBメモリ(FAT32フォーマット済み)を使ってインストールメディアを作成します。

【参考】
Windows 10が不調!速攻でUSBメモリーから再インストールする全手順


■手順2:Windows 10のインストール
手順1で作成したインストールメディアからPCを起動させるため、PCの起動順序を変更します。
詳しくはマザーボードのマニュアルを確認なのですが、起動ロゴが出ている際にDELキーを押して、BIOS(今はUEFIというらしい)設定画面を開きます。
そこで「Boot」という項目を見つけて、SSDやHDDやDVDではなく、USBデバイスの起動順番を1番目にします。

あとは、インストールメディアをUSBに挿し、PCを再起動すると、Windows 10のインストール画面になります。
インストール方法は非常にシンプルで、「次へ」を押していればインストールは完了です。

インストール完了後は環境構築なわけですが、その前にOSのライセンス認証が必要です。
もともとPC購入時はWindows 7だったので、PC筐体の横にはWindows 7のシリアル番号が記載されたシールが貼ってあります。このシリアル番号をWindows 10のライセンス認証でも入力すると、無事に認証がされました。

Windows 7から10へ無償バージョンアップしたことが記録されているみたいです。


■手順3:環境構築
好みの分かれるところですが、私は以下の順番でセットアップしています。
1.Windows Update適用(1時間くらい)
2.Webブラウザのchromeインストール
3.テキストエディタの秀丸インストール(20年以上ユーザーです)
4.Google日本語入力のインストール(長年Atok派でしたが、切り替えました)
5.Google Driveインストール(HDDにあるGoogle Driveのフォルダを設定)
6.DropBoxインストール(同上)
7.Adobe PDF Readerをインストール
8.マイクロソフトOfficeをインストール

あとは、業務に必要なソフトや音楽ソフトなどを入れたりすれば完了です。


■手順4:デュアルディスプレイ化
ここまで終わってから、2台目のディスプレイを接続しました。
1台目のディスプレイはHDMI端子に接続しここまでのセットアップをしました。
2台目はDVI-Dに接続です。マザーボード上のコネクタに接続しました。

と、ここでトラブル発生。DVI-Dに接続すると、HDMIに接続した1台目が映らなくなり、2台目のみが映る状態になりました。

BIOS(UEFI)を見てみると、「統合グラフィックス」という機能がDisableになっている。
これをEnableに変えると、無事にデュアルディスプレイ環境で動作しました。



後日談ですが、取り外したパーツを秋葉原の買取ショップへ持ち込んだところ、1万8千円になりました。CPUとメモリはバルク扱いですが、マザーはケーブル等は無いものの箱とマニュアルがあった状態の価格です。
(CPUはCore i7 2600、メモリはDDR3の4GB x 2枚、マザーボードはASUSのP8Z68-V PRO)

結果、7万円の支出に対して18,000円の収入なので、トータル52,000円で大幅性能アップを実現できました!

味を占めたのでSSDとHDDの換装にもチャレンジしたいのですが、またOS再インストールになるので、壊れるまで我慢するかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅で使用している自作PCが不調なので、パーツ単位でリニューアルしました【中編】

2017-04-10 16:38:23 | Weblog
昨日のブログの続きで自作PCリニューアルの話しです。

前編で、「後編ではOSインストールと環境構築をご紹介します」と書きましたが、その前に【中編】として新規PC購入ではなくパーツ交換に踏み切った理由を書いておきたいとおもいます。

・理由1「予算」
PCの耐用年数は、税務上4年となっていますので、6年間も活躍してくれた我が家のPCは、お役目を期待以上に全うしてくれたわけです。そんなわけで、新しいPCを購入することは吝かではありませんでした。
もちろん安いに越したことはありません。
国税庁の耐用年数一覧

・理由2「要求仕様=パフォーマンス」
自宅PCはデュアルディスプレイ必須で、仕事用にファイルを複数開いて作業します。そのため、一般家庭用ではありますが、1.比較的高性能なCPU、2.メモリ多め、3.デュアルディスプレイに耐えられるグラフィック性能、4.高速なSSD、5.大容量HDDを備えている必要があります。

・理由3「コストパフォーマンス」
結局はこれが一番の理由なのですが、上記性能のPCを購入すると20万円近くします。
一方で、最低限のパーツ交換(CPU、メモリ、マザー)であれば計7万円ほどで、上記仕様を満たすPCが構築できそうです。

SSDとHDDは不調でもないので、使い続けることが出来そうで、予算を抑えられる。
新規PCだとデータ移行が大変だが、パーツ交換だとデータ保管用HDDはそのまま使えるため、データ移行は手間が少ない。
さらに、PC自作は散々やってきてノウハウもあるし、投下時間は構築2時間、OS環境構築2時間でできる見込み。

そろばんをはじくと、新規購入20万円 - パーツ購入7万円 = 13万円の価値がPC自作にはあることになります。
投下時間は4時間だけなので、時給3万円以上の作業になる計算です。これはパーツ交換の手間をかけるべき!という結論に達した次第です。


土曜日の夜2時間と日曜日の午前2時間を潰して作業したのですが、トラブルも無く順調に最初の起動でサクサク動作してくれました。

パーツ選びには、昔から参考にさせていただいているDOS/V POWER REPORT 5月号をオススメしたいとおもいます。

次回【後編】では、本当に環境構築をご紹介します。

【参考】
DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート) 2017年5月号[雑誌]
クリエーター情報なし
インプレス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅で使用している自作PCが不調なので、パーツ単位でリニューアルしました【前編】

2017-04-09 17:48:11 | Weblog
久しぶりにビジネス以外の話題を書きます。

それは、学生時代からの趣味であるPC自作(ここ数年間は全くいじっていませんが)です。

学生時代(まだ20世紀でした)はPCが高価で、パーツ単位で購入して自作するほうが安価に最新型のパソコンを手に入れることが出来ました。
そこで、アルバイト代の半分は秋葉原でパーツを買って、パーツ単位でPCの性能アップをやっていました。

社会人になると時間もあまり取れないし、PCの価格も下がってきたので自作する意味が無くなってきて、PC自作業界からは距離ができていました。

ただそこは昔取った杵柄、自宅のPC(大手メーカー製ではなく、BTOってやつです)が6年選手のため、LANがデバイスごと見えなくなったり、OSも不安定になったりと不調になってきたので、マザーボード交換とOS再インストールを決断しました。


最近のPC自作市場を見てみると、CPUはCore i7 7000番代か~、自分のは2600で数世代前。
メモリもDDR3からDDR4に進化している。SSDもかなり高速になっている様子。
グラフィックボードも、当時はデュアルディスプレイにするために必須でしたが、CPU内蔵でトリプルディスプレイまで対応しているとのこと。

う~ん、技術の進歩は早いな・・・。
CPUの周波数は大して変わっていないのに、全体の性能は格段に上昇している様子。


どうせマザーボードだけ交換しても、Core i7 2600はWindows10の公式サポートから外されたみたいだし、そもそも互換性があるかもわからないので、CPUとメモリも一緒に交換しようとの結論に達しました。

ゲームしたり、CADしたり、ヘビーな計算をさせるわけではないので、普通の高性能くらいを着地点として調べると、以下の構成がコスパが良さそうでした。

CPU: Intel CPU Core i7-7700 3.6GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80677I77700 【BOX】
メモリ: CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16
マザーボード: ASUSTeK Intel H270搭載 マザーボード LGA1151対応 PRIME H270-PRO 【ATX】
CPUクーラー: サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000

合計額は、ちょうど7万円です。
新しいPCを購入する場合の半額以下なので、とても満足です。
予算の関係で、今回はSSDとHDDの買い換えを見送りました。


そうそう、CPUクーラーは忘れがちですが、必須です!
CPU付属クーラーもありますが、とても貧相で不安になります。

CPUクーラーには良い思い出が無いのですが、サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000は取り付けが簡単で、力をかけずにドライバーで取り付け可能なので、このあたりも「進化してるな~」と感心しました。

【後編】はOSインストールと環境構築をご紹介します。


【アマゾンで購入したもの】
Intel CPU Core i7-7700 3.6GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80677I77700 【BOX】
クリエーター情報なし
インテル


ASUSTeK Intel H270搭載 マザーボード LGA1151対応 PRIME H270-PRO 【ATX】
クリエーター情報なし
Asustek


CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16
クリエーター情報なし
Corsair


サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000
クリエーター情報なし
サイズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【業務連絡】明日6日(月)の午前中は、台風の影響により、業務はお休みとします

2014-10-05 23:33:26 | Weblog
表題のとおり、明日は台風上陸なので午前中の業務はお休みさせていただきます。
悪しからずご了承ください。

そんなわけで、今晩はゆっくり考え事でもしようかとおもいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイオインフォマティクス ワークショップで講師をさせていただきました。

2014-07-24 13:32:18 | Weblog
昨日(7月23日)、岩手県北上市にある「公益財団法人 岩手生物工学研究センター」で開催されている「Bioinformatics Workshop」で、「Linux概要」と「Unixコマンド講習」の講師を担当させていただきました。
http://www.ibrc.or.jp/in-the-news/events/bioinformaticsworkshop

このワークショップは実践的な内容で、全員がノートPCにLinux(もしくはMacOS X)環境を準備して、実際にコマンドを打ち込みながらハンズオンで受講するスタイルです。弊社が開いている「バイオインフォマティクス・スクール」と同じ、「習うより慣れろ」のポリシーです。

私は初日だけでしたが、初日の最後にはみなさんに疲労の様子もみられました。それだけ充実しているということですね。

参加者は、植物の研究をされている方が大半で、私はほ乳類(特にヒト)の解析が多かったので、植物についての知識も経験もほとんど無く、受講されている先生がたからのお話しは大変勉強になりました。

また、午前の私の担当する講義が終わると、午後には圃場(田んぼ)を見学させてくださり、現場でのデータ収集の大変さを目の前で見ることができました。


データ解析だけをしていると、そのデータがどのように集められたか、信頼性はどうか、ミスやエラーがおこるとしたらどのような場合かなど、データを集める段階での難しさや課題に目が向かなかったのですが、間近でデータ収集の現場に立ち会うと、いろいろなことが見えてきました。

講習中で大変お忙しいにもかかわらず、案内してくださった生工研の方に感謝です!
ありがとうございました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールに来ています

2014-05-19 11:31:48 | Weblog
5月19日(月)から学会に参加するためシンガポールに来ています。
今年最初のシンガポール滞在です。

国際学会に参加すると世界中から集まる研究者(や関係者)の熱気に圧倒されます。
学会以外にもいくつか予定が入っているので、情報収集してきます。


会社の方は事業拡大のため、2015年4月入社の新卒面接や中途採用で慌ただしくしています。
10人ほどのベンチャー企業にとっては人材が全てです。

優秀か否かというよりも、相性が合うか否かが大事だと思っています。

相性と一言で云ってもいろいろあって、人間性はもちろんですが、人生で大事にしているものやライフプラン、業務上や学術上の背景、技術的なスキルなどなど、ジグソーパズルのように今のアメリエフにとってちょうどぴったりとはまる、ということが相性が合うということだとおもいます。

会社組織はまさにご縁の集大成だとおもうのですが、今までご縁のチカラで助けられてきましたので、
これからもご縁を信じて業務を拡大させていきたいとおもいます。

「興味がある」という方はぜひ人材募集に応募してみてください。
仮にご縁が無くても、優秀か否かではなくタイミングですので、どうぞご遠慮なく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新入社員が抱える「不安感」と向き合ってます

2014-03-12 11:05:25 | Weblog
毎年新卒の新入社員が入社してくれるのですが、みなさん大きな不安感を持っている様子です。

もちろん自分の時(15年前だったかな)も不安感も強くありましたが、いっぽうで「どうにかなるさ!」という楽観や将来への期待感がはるかに上回っていたようにおもいます。(思い込みバイアスかもしれませんが・・・)

近年の新入社員は、よくいわれている「ゆとり世代」に当てはまるわけですが、どんな時代でも新卒の新入社員は不安だとおもいますが、期待と不安の強さというかバランスは各世代で異なるようにおもいます。

私は76年生まれ世代なので、従兄弟のお兄ちゃん・お姉ちゃんがバブル時代に入社しているのを見て、就職する時には氷河期に突入していましたが、自分もバブリーな生活や日常に憧れをもって社会人になったと記憶しています。

昨年から今年は少々景気が良い雰囲気もありますが、近年の世代は、両親や友人の両親など身近な人がが会社をリストラされたり、過酷な労働環境で働かざるを得ない様子を見ながら育っているので、期待感より不安感が強いことは容易に想像できます。

一方で、デジタルネイティブなので、ITの使いこなし方や情報収集能力は抜群で、飲み込みや理解力も早いです!
もちろん個人差も大きいのですが、自社の近年の新卒入社員をみていると、一般的に云われている「ゆとり世代の特徴」に当てはまることが多いな~とおもいます。

会社内の多様性(世代や性別、国籍や宗教、文化的な背景)が大事だと日々思っているつもりですが、まだまだ私の勉強不足で、修行が足りないと痛感しています。

社員や会社だけでなく、自分自身の成長のためにも、しっかり「向き合って」いきたいとおもいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンディエゴから東京へ帰ります

2014-02-26 11:07:41 | Weblog
3泊5日のサンディエゴ出張も、今日で最終日です。
すでにサンディエゴ空港に着いていて、20分後には搭乗です。

学会自体は2日間という短い&小さい学会でしたが、得られたモノは非常に大きく、大変有益な学会でした。
関係者のみなさま、お世話になったInfiniteBioのみなさま、ありがとうございました。

4月には米国がん学会に参加するため、またサンディエゴに来ます!
一ヶ月半後なのであっという間ですよね。

もっと英語力を磨いて、次回の訪問では今回以上に多くを得るために準備したいとおもいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンディエゴに来ています

2014-02-23 16:44:58 | Weblog
23日 日曜日から、次世代シーケンサー(NGS)関連の学会に参加するため、米国 サンディエゴに来ています。

日本時間の日曜夕方のJAL便(JL066)がサンディエゴまで直行なので利用しました。とても便利です。
機材も最新の「787」で快適に過ごせました。

日曜日の夕方に日本を出発したのに、サンディエゴに到着すると朝の10時前で、何度来ても不思議な感じがします。
時差ボケ対策に以前の米国出張時に購入した「メラトニン」(米国では普通の薬局で売っています)を利用したいとおもいます。

学会は月・火のみですが、西海岸はNGSのメーカーが集まるホットスポットなので、情報交換やネットワーキングが楽しみです!

早速、到着した日曜日からディナーのアポが入っているので楽しんできます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州出張から戻りました

2014-02-20 23:44:46 | Weblog
19日の朝から本日20日の夜まで、九州へ出張に出ていました。
心配していた雪も降らず、行きも帰りも飛行機は順調でした。

九州へ行ったのは昨年の9月以来なので約5ヶ月ぶりです。

多くの方のご協力で、徐々に九州でのアメリエフの認知度が上がってきています。
仕事も少しずつ任せて頂けるようになってきたのがとても嬉しいです。

一泊二日の出張では、馬肉から水炊き、海鮮丼と九州の美味を堪能してきました!

今年はもっと頻繁に九州を訪れることが出来そうなので、
九州の美味しい食事を楽しみつつ、仕事も全力投球で進めていきます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加