日々精進~2013年の起業を目指して~

バイオインフォマティクス研究者から創薬ベンチャーのサラリーマン、さらには自ら起業して感じたことの雑記。

書評一覧 2011/03/20

2011-03-20 23:34:37 | 書評
3/13に続き、良かった作品の一覧。
個別の書評は後日。

.NET開発テクノロジー入門 Visual Studio 2010対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)

[完全版] 究極のC#プログラミング ~新スタイルによる実践的コーディング

ひと目でわかるMicrosoft Visual C# 2010アプリケーション開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ)

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則

意思決定を支えるビジネスインテリジェンス―企業情報を見える化する実践的アプローチ

BI(ビジネスインテリジェンス)革命

ビジネス・インテリジェンス―未来を予想するシナリオ分析の技法

華麗なる交易 ― 貿易は世界をどう変えたか

「豊かさ」の誕生―成長と発展の文明史

土の文明史

NSC国家安全保障会議―危機管理・安保政策統合メカニズムの比較研究

子供が喜ぶ「論語」

子どもが育つ「論語」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書籍一覧 2011/03/13

2011-03-13 15:39:33 | 書評
書評を久しく書いていなかったので、良かった作品の一覧。
個別の書評は後日アップします。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか

遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

全貌ウィキリークス

ウィキリークスの衝撃 世界を揺るがす機密漏洩の正体

渋沢栄一 日本を創った実業人 (講談社プラスアルファ文庫)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

小説 渋沢栄一 上 (幻冬舎文庫)

小説 渋沢栄一 下 (幻冬舎文庫)

メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になる

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

イノベーションへの解 利益ある成長に向けて (Harvard business school press)

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

すべては戦略からはじまる―会社をよくする戦略思考のフレームワーク

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

医療戦略の本質―価値を向上させる競争

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~

個人事業、フリーランス、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。

見せるだけで売れてしまう「事例広告」の方法

アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術

わたしが芸術について語るなら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私、映画のために1億5千万円集めました。

2009-06-12 19:34:43 | 書評
先日読んで、とても感動した書籍を紹介します。

私、映画のために1億5千万円集めました。

普通の主婦だった著者「益田 祐美子さん」が、近所のペルシャ絨毯店を訪れたことから始まり、
いろいろな人を巻き込んで(巻き込まれて?)、
自らがプロデューサーとなってイラン映画を制作することになった顛末が描かれています。

著者自らのポジティブ思考と人並みならぬ努力で乗り越えた苦難は、想像を絶するものがあります。
その過程で得られた経験や教訓は、読んでいる自分にとっても素晴らしい教訓となりました。
笑いあり涙ありの感動作です。

ぜひ多くの方に読んでいただきたい名著だとおもいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療、金融サービス、教育

2009-02-20 10:25:21 | 書評
先週読んで、とても刺激を受けた本を紹介したいとおもいます。

ニューヨーク流たった5人の「大きな会社」―我々の仕事の仕方・考え方

著者は大手金融会社に勤めた後、ニューヨークで独立されたかたで、
表題の「医療、金融サービス、教育」に貢献する投資のみを行うというポリシーで
事業をされているそうです。

拝金主義からは距離をおき、ご自身の哲学の元に行動されている姿には感動しました。
組織の構築についても、とても勉強になりました。

オススメの1冊です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の計画から2週間経ちました

2009-01-17 23:56:45 | 書評
元日に今年の抱負を書いてから2週間経ちましたので状況分析をしてみます。

・仕事: テンポ良く仕事は進んでいるが、120%の成果にはほど遠い。もっと深く掘り下げたい。

・起業: 1ステップ進んだが、技術面と営業面の準備が予定未達。

・自分
  心:3冊の本を読んだ(下記にリンクと感想)。ブログも日記も概ね継続中
  技:技術のスキルアップは未達。2年前に書いた英語の文章を読んでショック。英語レベル落ちてます。
  体:筋トレは概ねできているが、ジョギングは1回だけ。早起きも達成率50%。・・・ダメですね。

ということで、達成できてない項目が多いですね。
ジョギングなんて、三日坊主にすらなってないし。
がんばります。


3冊読んだうち、2冊は上下巻です。

銃・病原菌・鉄 上巻
銃・病原菌・鉄 下巻


はっきり言って名著です!
人類史における文明や発展、民族について広い視野で述べられています。
文明や民族の繁栄や衰退がどのようにして起こったかという史実から
得られる教訓が数多くありました。

文章が少々冗長なので、一般的な読み物にすると半分くらいの分量にできそうですが、
深く追求された内容は一読の価値があるとおもいます。

得られる教訓は読むタイミングによっても変わってきそうなので、
数年後にまた読んでみたいとおもう著書でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成功のコンセプト

2008-08-22 22:59:47 | 書評
先日読んだ本の中に、今の自分の心に強く響く文言が数多くありましたので紹介します。

楽天の代表取締役である三木谷 浩史氏の成功のコンセプトです。

本書の中で一番自分の心に響いたのは、以下の一文です。
小さな手漕ぎボートでも、僕は自分で作った船で新しい潮流に乗り出したかった

これを目にしたとき、自分の想い(やりたいこと?)を
わかりやすい言葉で表現してくれていると感じました。

手漕ぎボートから始めて、今では豪華客船になっている三木谷氏はすごいですね。
本書には他にも、大切なメッセージや自分を磨く内容がたくさんあります。
是非ぜひオススメの一冊です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経営者の悩みを知ること

2008-06-18 20:47:57 | 書評
最近読んだビジネス書、「はじめての課長の教科書(Amazon.co.jp)」のなかに
興味深いことが書いてありました。

経営者はお金(株価を含む)のことで頭を悩ませている時間が非常に長い

頭ではわかったつもりになっていましたが、最近実感として理解できるようになってきました。

社員がお金のことで悩まず日々の業務に集中して取り組むためにも、
経営者はお金について真剣に考えなくてはいけないんですね。


そのことを意識しながら、今日は稟議書を書きました。
相手に支払う金額はもちろん、人件費や旅費も含めて金額を明確にして、
案件の効果や必要性を簡潔に箇条書きにしてまとめました。

おかげで、経理担当役員からのつっこみもほとんど無く、
無事に稟議が上に行ったみたいです。

仕事でもプライベートでもそうですが、
相手の立場にたって考える重要性を実感しました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

名刺

2008-06-10 13:37:07 | 書評
仕事の名刺とは別にプライベートの名刺を作ろうとおもいます。

会社の名刺はあるのですが、友人に会社のメールアドレスを伝えても連絡できないし、
メアドだけでなくブログのアドレスも伝えたいので、自分の名刺を作ろうとおもっています。

自分自身をどのようにアピールするか、ブランディングするかということを考えています。
ピーター・モントヤ著、本田 直之訳の、
パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
(Amazon.co.jp)を読んで、パーソナルブランディングの重要性を感じています。

訳者の本田 直之さんはご存じのかたも多いとおもいますが、
レバレッジシリーズの著者として、
自己啓発書・ビジネス書の分野では有名なかたです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事業計画書の書き方

2008-06-09 16:11:45 | 書評
始めにお断りしておきますが、このブログ中で
「事業計画書の書き方」を説明しているわけではありません。
自分が教えてもらいたいくらいです。


アイデアが思いついたらメモをとるようにしています。
常に小さなメモ帳を持ち歩き、首からぶら下げている社員証には
付箋を入れています。(ボールペンはワイシャツのポケット)

先日、「あったらいいな~」とおもうサービスのアイデアが浮かんだので
思いつく限りブレインストーミングっぽくアイデアを書き出しました。
これから、ヒト・モノ・カネのリソース面や事業実現性を考えて、
事業計画書を書き上げるところまで落とし込みたいとおもっています。

というのも、経沢 香保子さんの著書
自分の会社をつくるということ(Amazon.co.jp)に、
たくさん事業計画書を書いたとあったからです。

今からいろいろな事業計画書を書く訓練をして
慣れていきたいとおもいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンション購入を考えている人は必読の1冊

2008-02-24 17:53:05 | 書評
今日は風も強いし日曜日ということもあり、まったく外出せずに読書の日にしました。
今日読んだのは2冊で、その内の1冊を紹介したいとおもいます。

「ダメマンション」を買ってはいけない(藤沢侑 著)です

これは、マンション購入を考えている人には必読の1冊だとおもいます。
現役の三井不動産社員が書いているだけあって不動産販売の内情が記されてあり、
楽しく読めると同時に、マンション購入後であったら少々恐ろしい内容です。

「良いマンション」を買うためのアドバイスも豊富にあるので、
マンション購入の予定がある人は、事前に読んでおいて損はない1冊だとおもいます。

私は今のところ家を購入する予定は無いのですが、
ビジネス全般に当てはまる面もあるため、知っておいて損はない内容ばかりでした。

【Amazon.co.jp】
現役・三井不動産グループ社員が書いた! 「ダメマンション」を買ってはいけない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加