わんだふるライフ☆

我が家の家族、マンチカンのcooとラグドールのマリン
2にゃんの様子とガーデニングなど
日々の様子をお話しします^^

命の重み

2008年01月30日 12時51分43秒 | ワンコ
キャンディーが出産してから既に5年
今もあの頃の事を思い出すと複雑な想いがします
キャンディーの子どもが欲しい!と交配に踏み切ったけど
出産まで、お腹が大きくなって散歩を嫌がるキャンディーを
引きずるように散歩に連れ出した事
(出産予定頭数が多い場合、運動をさせておかないと、
子どもの大きさに偏りができ、
小さい子が育たない可能性が大きいと聞いたため)
妊娠中の食事にとても気を使った事
真冬の真夜中、赤ちゃんが包まれている袋を破り蘇生作業をしたり
ヘソの緒を切ったりした事
そして、死産の子を見た時のショック
とりあえず出産が終わったとホッとしたのもつかの間
元気がなくて死にかける子がいたり
1匹など、お乳がまったく吸えなくて
結局、離乳食が始まるまで、
2時間おきにカテーテルをのどから胃まで通し
注射器でミルクを流し込むという作業が続きました

あの頃、自営業をしていたので面倒を見る事も出来たけど
今はとても出来そうもありません・・・
気軽に犬を交配させたけど
みんな元気で生まれてくるわけじゃないし
生まれた子たちを可愛がってくれる家を探さなくてはいけないし
どこまで自分が責任を持てるか・・・

ゴールデンのクッキーを譲ってもらった時、血統書が欲しいと言うと
交配はさせないほうがイイデスヨ
生まれてから、ずっと付っきりでいないと
お母さんが赤ちゃんの上に寝てしまって重みで死んでしまう事があるし
本当に大変だからと言われました
今思うと、その人も犬の出産が本当に大変で
気軽にすべきでないという事が身にしみて分かっていたのだと思います

チェルシーを見ていると命の重みを考えさせられます
生きる事が出来なかった兄弟たちが埋められている庭に向かって
あなたの兄弟たちは元気だよ
ゆっくり眠っていてねと声をかけるんです
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑穀ごはん | トップ | 電気、電話、光の工事 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えるだだっこ)
2008-01-31 21:58:34
う~~~うるうるしてしまう~
子供産ませるのって大変なんですね。

でもそのおかげでカラオに逢えました。

ありがとう
ずっしり (ロビ母)
2008-01-31 22:18:29
こんばんは♪
読ませていただいて、ずっしり命の大切さ、重みを感じました。
Cままさんの様に、経験されて、より分かる事がありますよね。
正直、ポーを出産させたいと思った事はあります、ですが、色々なリスクを考えたら…
安易な交配でなくても予想外な事もあるでしょうし、
母犬も自分の命を削る思いをして出産する訳で、最悪ポーの身に何かあったら悔やんでも悔やみきれないというか…

未だに『♀だったら一度はお産させた方が長生きするよ』みたいな事を堂々と言う獣医がいるんです…
そして、その言葉を信じて交配させているオーナーがいる事に、とっても悲しく思っております。。。
えるだだっこさんへ (Cまま)
2008-02-01 11:26:25
カラオクンは本当にいいお家に行く事が出来ました^^
こちらこそ、感謝、感謝です!
出産後、死にかけた代表選手が
カラオクンなんですけどね(´゜艸゜)∴ブッ
あんなに立派に育ててくれてありがとう^^
ロビ母さんへ (Cまま)
2008-02-01 11:42:18
コメントありがと(*-人-*)
夫は、この日の書き込みを見て
いったい急に何を書いてるんだ?と不思議がっていましたが
ずっと心に思っていた事を書く事が出来て
自分ではホッとしています
別に誰に分かって貰おうと思ってたわけではないのですが・・・
ロビ母さんのように
犬の事を真剣に考えてる人ならばわかってくれるんですね^^

交配は、それぞれの人の考え方があるだろうけど
結局は、最後まで責任を持つ事ですよネ

ポーちゃん、すっごくカワイイから
交配を考えた気持ちわかるなぁ~
そういえば以前、ドッグショーへ
ポーちゃんを連れてロビ母さんが遊びに行ったら
交配させたら子どもを譲ってと知らない人に言われたって出来事を思い出しちゃった^^
Unknown (えるだだっこ)
2008-02-01 12:56:05
死産の子や死にかけた子がいたなんて
知りませんでした。
しかもカラオが死にかけてた代表選手だったなんて・・・
ビックリです。
今の元気なカラオからは想像できませんね。
健康優良児 (Cまま)
2008-02-01 13:44:40
カラオクンは、私たちが寝ている間に
にキャンディーのそばから離れてしまって
寒さと、お乳が飲めないので危なかったんです
徹夜で出産の手伝いを終えた私たちがウトウト寝てしまった間の事でした
犬用ヒーターの上に乗せ
スポイトでミルクを飲ませて復活!
カラオクンもお乳をなかなか飲まなかったので
犬用ミルクを哺乳瓶でずっと飲んでいました
それ以外は元気でしたよ^^

そして、離乳食までカテーテルでミルクを与えられていた子・・・
離乳食が始まると
どの子よりもよく食べ
ずっとお皿の中に顔を突っ込んでいましたw
そして、その子は、私の兄の所に行き
今でもすごい食いしん坊で元気です^^

ワンコ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL