近年イギリス英語の劣化は著しく、私の英語が本家(含むBBC)より'Classy'に(^_^;)。それって恥ずかしくない?

東大出の凡人。でも、その英語はクイーンズイングリッシュ。それも超一級。私より発音のいい日本人がいたら、教えて!

韓国チョ・ソンジンがショパン国際コンクールに優勝!

2015年10月21日 | Weblog

世界で最も権威のある音楽コンクールの一つ、ショパン国際ピアノコンクールの本選結果が21日未明、ワルシャワで発表され、韓国のチョ・ソンジンさん(21)が第1位になった。

韓国人の1位入賞は初めて。本選の10人に残っていた山口県宇部市出身の小林愛実あいみさん(20)は惜しくも入賞を逃した。

ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンの名を冠したコンクールは5年に1度開かれ、今回が17回目。若手ピアニストの登竜門として知られる。

弱冠15歳で中村紘子審査委員長に「久々に聴いた桁外れの才能」と言わしめ浜松国際ピアノ・コンクールに優勝したチョ・ソンジン。その彼が21歳となり挑戦した2015年ショパン国際コンクールに見事優勝しました。11月にはDGからデビュー盤がリリース、日本でも優勝記念リサイタルが開催されます。【読売新聞】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読売の記事では「チョ・ソンジン」となっていますが、英語のAP記事 (South Korean Seong-Jin Cho Wins Chopin Piano Competition) では ”Seong-Jin Cho”(ソンジン・チョ)。つまり「姓・名」の順でなく、「名・姓」の順になってます。

これを意外と思う人がいるかもしれませんが、意外でもなんでもありません。韓国ドラマのファンなら、そんなこと常識。だって、韓ドラの中で韓国人がアメリカ人に英語で話しかける時、「姓・名」の順でなく、「名・姓」の順で自己紹介するのが普通なんですから。フィギュアスケートのキム・ヨナ(金妍児)も「ユーナ・キム」って自分のことを英語で紹介してる。

なんのことはない、私たち日本人と同じじゃん。\(^o^)/

郷に入りては郷に従え?

でも「郷に入りては郷に従え!」だとすると、疑問な点が…

それは我が国における韓国人名の読み方。

私たちは万葉の時代以来、漢字名(中国人や朝鮮人の名前)を日本読みにしてきたわけですが、今は韓国人名は韓国読みにしてるじゃないですか。それって、「郷に入りては郷に従え!」に反しない?

過去を振り返ってみれば、1980年代前半まで私たちは彼らの名前を日本読みにしていた(金大中=キンダイチュウ、金日成=キンニッセイ、金正日=キンショウニチ等)のですが、韓国からの要求によって韓国読みに変えました。正確には、1984年の全斗煥(ゼントカン)大統領の訪日を期して、日本のマスコミは一斉に、日本読みから韓国読み(チョン・ドゥファン)に変えた/変えさせられた。

変えるに当たって日本側から一つの疑問が出された。それは、韓国人の名前を韓国読みに変えるのなら、中国人の名前も中国読みにしないといけないのでは?という疑問。

つまり、毛沢東は「モウタクトウ」ではなく、「マオツェドン」にしないといけないのでは?鄧小平は「トウショウヘイ」ではなく「デンシャオピン」にしないといけないのでは?という疑問だ。

この疑問に対して韓国側は、自分たちの名前だけを韓国読みに転換すべき理由を「相互主義」と説明した。

つまり、日中間では、私たちは中国人名を日本読みにし、中国人は私たちの名前を中国読みにしているから、中国人名の日本読みはそのままでOK。でも韓国では日本人名を日本読みにしているから、日本人も韓国人の名前を韓国読みにすべきというものだった。

いま振り返ってみれば、日本人ってなんてナイーブ(バカ?)な民族なんだろう/なんて騙されやすい民族なんだろうと思う。これでは「オレオレ詐欺」が横行するのも当然。

真実は、韓国人は戦後のナショナリズムの高まりとともにハングル専用教育を進め、漢字を使わなくなり/使えなくなり、漢字文化圏から脱落。その結果、漢字名で読める/書けるのは自分の名前だけになり、漢字教育を受けた世代のお年寄りが「近頃の若い者は大学を出ても親の名前も書けない(=漢字で)」と嘆く体たらくに。そんなこんなで、かつては韓国読みにしていた中国人の名前ですが、読めもしない彼らの漢字名をわざわざ韓国読みに変換するメリットなんてなく、今は中国読みにしてハングル表記しています。

なんのことはない。韓国人は私達のために私たちの名前を日本読みにしてくれているのではなく、自分たちの都合で日本読みにしている。それが真実。

日本人が韓国人の名前を日本読みにでもしようものなら、目を三角にして怒るくせに(>_<)。だったら、中国人にもなんで自分たちの名前を韓国読みにしろと言わないの?

我々はあなたたち中国人の名前を韓国読みから中国読みに変えてあげた。だから私たちの名前も、今あなた方がやっている中国読みから韓国読みに改めろ!となんで言わないの?言えないの?

アメリカ人には自分のほうから「私はソンジン・チョです」「マイネーム・イズ・ソンジンチョ」、「マイネーム・イズ ”ユーナキム”」と姓名の順をひっくり返してすり寄るくせに(>_<)。

アメリカ人や中国人に接する態度と日本人に接する韓国人の態度がこんなに違うのはなぜ?

それはね、日本は韓国より劣る文化後進国だから、「俺たちは兄貴分」という意識が元々彼らにあり、それに植民地支配の”日本の罪”が加わって、韓国がどんな無理難題を吹っかけても日本は受け入れるべきである!そういう風に思っているからです。ぶっちゃけた話、小中華思想と被害者意識がないまぜになって、他の国には要求できないことでも日本にならしても構わない。そのように彼らは考えるのです。

全くとんでもない民族で、私自身は彼らの名前を日本読みに戻してしかるべきと考えますが、「韓流ブーム」以来、韓国人名の韓国読みは日本社会に定着しており、客観的に見て、日本読みに戻すのは難しいと感じる。

でも、漢字名の日本読みは万葉以来の我が国の伝統であり、彼らの名前を日本読みにする権利は当然こちらにあるわけで、だとすれば、反日的な人たち、例えば、金慶珠や辛淑玉らに限定して日本読みで対応する。これがいいと思う。

すなわち、「キン・ケイシュさん」「ケイシュさん」、「シン・シュクギョクさん」「シュクギョクさん」と呼びかけて相手の神経を逆なでするのです。

「私はキムキョンジュ」だ、「シンスゴ」だと抗議されたら、「だったら、中国人にも同じことを言いなさいよ。日本人だけに韓国読みを要求して、中国人には要求しないって、それ完全に差別だよね!」と反論しましょう。

これで相手は撃沈!ぐうの音も出ない。\(^o^)/

そして、さらにこう続けましょう。

『あなた方、韓国人は、私たち日本人の70年前の過ちを責めて、”謝罪しろ!”、”反省しろ!”と繰り返す。私たちの同胞にも、70年が100年になっても謝り続けるべき/反省し続けるべき!と言う人たちがいます。でも、それはあなた方が”完全無欠”で一点の過ちもない場合ですよ。

いま私は、あなた方・韓国人が20余年前に犯した重大な過ちーすなわち、日本の歴史伝統文化を踏みにじる、不当な、韓国人名の韓国読みの強制ーを指摘したわけで、韓国人はもはや完全無欠じゃない。それでも尚あなた方が日本人に反省を求め続けたいと思うなら、ここは積極的に自分たちの過ちを正すべきです。日本人に謝罪すべきです。

”1984年に日本に要求し変更させた韓国人名の韓国読みは誤りだった。私たちは不遜に過ぎました。申し訳ない!”とまずは謝罪。次に、”私たちとしては、日本の皆さまに私たち韓国人の名前を日本読みに戻すことなく、引き続き韓国読みにしていただきたいとは思うのですが、日本読みに戻すか韓国読みにしていただけるのかの判断はあなた方にお任せしたいと思います。”

最低でも、このくらいのことは言ってもらわないとね~。

他人の過ちは徹底的に断罪するが、自分の過ちは認めない/謝らないでは、韓国人がいくら「反省しろ!」と居丈高に繰り返しても、その言葉に説得力は無いし、日本人も納得しませんです。

ついでと言ってはなんですが、以下も見て頂きたいです:

安倍首相「戦後70年談話」に韓国紙「コリア・ヘラルド」(英文)が噛みつく

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎難民問題:私が難民受け入れ... | トップ | ◎アメリカ:性同一性障害が使... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL