おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

ラムのハンバーグ

2007年07月29日 | 洋食


一昨日の夕食です。
・マリネしたサーモンのサラダ
・ラムのハンバーグと野菜のソテー
・ジャガイモのとろーりスープ

です。体のことを考えて、体脂肪を燃やす成分、L-カルニチンが多く含まれているというラムをミンチにして作りました。独特の香りにはパンチの効いたワインを、と合わせたのはコートデュローヌのルージュ。丸善の定番ですが、これ、旨いんです。ユーロの高騰、というか円が弱いため、どんどん値上がりしていますが、それでもこの値段でこの味はコストパフォーマンス高いです。また、仕入れなきゃ。
ところで、ユーロ、現実離れした高騰振りですね。ユーロができてからの為替の変遷を見ていたら、発行間もない頃は100円切っていたのに、今は170円を越す勢い。今年の初めに渡航したときが152円だったから、7ヶ月ほどで18円も値上がりしてます。このままではヨーロッパ旅行はムリですね。フランやマルクやペセタを使っていたころは良かったなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あづい~。

2007年07月27日 | 韓流

今日は暑い!とにかく暑い!昨日に引き続き、ぽんこつ軽自動車(社用車)で取材活動する私には、非常につらい季節です。クライアントのもとに付くまで吹き出し口から猛烈な勢いで吐き出される熱風。いつまでたっても「クーラ風」にはなりません。こんな日にはやっぱり冷たい麺類が美味しいですねぇ。というこで、昨日はピビン麺にしました。冷たくてのど越し良くて、たくさんのっけた具がおつまみになっていいですよ。生イカが安かったので、イカキムチを作ってトッピングしました。メタボぎみの人がうちには一人いらっしゃるので、今日も具沢山麺と具沢山汁ものにしようと思っています。あ-午後からまた取材。お日様の下に出たく無いーーー。決して夏は嫌いでは無いのですよ。タンクトップに短パンで、汗だーだ-流していいならいいけれど、炎天下の中スーツじゃね。ツライ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろごはん

2007年07月25日 | 和食


今日は大好きな鰻を食べにいったんですが、お中元・土用の影響もあって、正午前にもかかわらず大盛況でした。私達が常用するお店は家族経営で、拡大思考は無い様子。そのため、てんてこ舞いの状況を見越して、私の次のお客さんを最後にして、30日までお食事中止、との張り紙。セーフで食べられました。ただ、全国的に集中する需要のせいか、いつもより肉感が淡白で薄かったような・・・。仕方ないですね。
夜はパートナー希望の「いろいろ」なメニューに。
・赤いかのお刺身
・赤いかのゲソやらをワタと炒めて
・鮭のみそ焼き
・麻婆豆腐
・一口稲庭うどん
・お漬物など
です。手前味噌ではありますが、麻婆豆腐は自分作が一番好き。コクもあって最高でした。赤いかも新鮮で、歯ごたえがサクッとするほど。甘みもあっていいです。いろいろ出しましたが、素材からこしらえたものが殆どなので、コストは安め。人件費が私というのは大きいですね。

明日からまたブライダルの取材が立て続けに入ってます。しばらく暇で、それが忙しい以上に嫌だった私。腕まくりして頑張れることに喜びを感じてます。繁忙期に入ったら入ったでぶつぶつ言うわがまま娘、いや女なんですけれどね。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

子羊のロティなどなど

2007年07月23日 | イタリアン


昨日は母と姉を招いてのディナー
・赤いかのサッと湯引きと蝦蛄、ベビーリーフのサラダ メキシカンサルサを添えて
・ジャガイモと生リングイネのジェノベーゼ
・子羊のロティ バルサミコソースとミントソース

でした。大好きな赤いかは、生よりもサッと火を通したほうが甘みが際立って美味しいです。ハラペーニョが珍しく手に入ったので、トマトとあわせてソースに仕立てました。ジェノベーゼソースはベランダのバジルを使って。このバジル、春に種まきして手塩にかけて育ててきたのに、ついに青虫の痕跡を見つけることに。ぐんぐん葉っぱを大きくしてきたのですが、ところどころ黒い点々が・・・。そう、フンです。ハーブなどを育てたことがある方は、よくお分かりでしょう。探しても張本人が見当たらない。放置しておく以上、丸刈りにされる運命は避けられないでしょう。とりあえず奴等に食べられる前に、思いっきり利用しよう、とソースにしました。松の実が馬鹿高かったので、半分胡桃にしました。生リングイネより乾燥リングイネのほうが良かったかな。そしてメインは子羊のロティ。ベーコンと香味野菜の香りを移した脂ををまわしかけてゆっくり焼きます。そして火が通りきる前にお皿に移して余熱でロゼに。スペインの赤とよく合いました。最近イタリアンが続いているので、そろそろ盛夏の和食にしようかな。

最近本当に野菜が高いですねぇ。冷夏になるという予測も出ていて、1993年の傾向に似ているんですって。その当時、私は北海道をふらふら一人旅をしていて、道内のお米は枯渇しまくって、パンばかり食べていた記憶が。本州に入って、仙台で食べた釜炊きの白ご飯は格別でした。やっぱり日本人はジャポニカ種のお米が無くては駄目ですね。凶作になりませんように。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け間際に、おでんとぬる燗

2007年07月22日 | お出かけ

昨日はAtsuとの定例会。久々に今池の「たか」へ行って来ました。この店を初めて訪れたのは10年近く前。私がまだ前の会社(コンビに本部)に在籍していたころです。男女雇用機会均等法の改正により女性の深夜勤務が認められることになり、現場を知らなくてはいけない、と0時から9時までという普通のサラリーマンと真逆の生活を強いられていた時でした。その頃のことを思い出しつつ杯を重ねる私たち。
よく飲みましたね。ぬる燗で「百春」をぐいぐい。おでんもつまんで、ちょっと季節はずれな気がするけれど、この店はこれがいいんです。
豊橋にヨタヨタ帰ってきたら、駅にすごい人。そうか、今日はお祭りだったんですね。幼い頃は私も祭りの主催する町内に住んでいたから、一年のメインイベント的存在で大はしゃぎしてました。でも今は人ごみを極力避けるようになってしまったので、花火は離れてみるのが一番、と思います。人よりもテリトリー意識が強いだろう私は、半径50センチ以内に見知らぬ人が入ってくると、ヒジョーに不愉快になるんです。東京の通勤電車などもっての外!都会には住みませんな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポークの和風ソテー 丘ひじき添え

2007年07月21日 | 和食

昨日、頑張って仕事を済ませたため、今日は急遽お休みを頂きました。さあ洗濯!と思っても、この天気でままならず。。。向こうのほうで、不快な音を立てつつ乾燥機君が頑張っております。
昨日は美味しそうな豚肩ロース肉を見つけたのでソテーに。室温に戻して、焼きすぎないよう注意を払ったおかげで、ジューシーな味わいでした。肉の旨味を閉じ込めた和風グレービーソースと大根おろし、粉青唐辛子で頂きました。美味。そして先日ホテルニューオータニのステーキハウスで頂いた、丘ひじきのソテーを真似っこ。といってもただバターで炒めて塩胡椒しただけです。すっかりはまってしまいました。歯ごたえと香りがたまりません。丘ひじきメニュー、もっと開発しよう。もう一枚の写真は、おととい作ったいかゲソのわた炒め。胴体をお刺身にし、取り除かれたものたちをにんにく醤油でサッといため合わせただけです。美味しかったですよ。もちろん。安くて美味しい季節だから、どんどん使いたい素材ですね。
さ、今日は名古屋でAtsuとの定例会。私が歩くときだけ雨やんでくれないかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、忙し 東京紀行

2007年07月18日 | お出かけ


昨日今日と東京に行って来ました。話すとややこしくなるのですが、パートナーの叔父様が九州から仕事で東京までいらっしゃって、是非お話しましょう、ということで二人上京しました。宿は赤坂にとったところ、叔父様はお向かいのニューオータニ。ご招待いただいてステーキをメインにしたコースを頂くことに。その道で成功した叔父様は豪快な食べっぷりなのですが、お酒が一滴も飲めないという下戸さんです。遠慮せずに、と勧めてくれますが、私から遠慮を除いてしまったら・・・きっとドン引き。という不安でマイペース-50%でした。フォアグラや最高級麩フィレ肉のステーキを頂きましたが、やっぱり気を遣わない食事が何より、と改めて実感。わがままな私です。
写真はホテル33階からの景色と、新丸ビルで買ったもの。かつてバールとデリカテッセンを兼ねたお店を開こうと、真剣に考えていた頃、そのお手本として探し出した西荻窪の「ル・ジャルダン・ゴロワ」。あったかい街角の総菜屋さんで、キッシュも美味しいしパテも良かった。それが新丸ビルのきらびやかなフードアーケードに出店。本店の対面にはフランス人のマダムが立っていたが、丸ビル店ではツンとすました美しい売り子さんが。こうして発掘されるのはいいことだけれど、あの温かさを受け継がなければ意味が無いのに。気持ち、味も落ちた気がしました。残念。

東京ではバルサミコ、パルミジャーノ、濃縮無添加昆布だし、ヴィロンのパンetc.etc.結局食べものしかかっていない私。食べものオタクです。自認。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏・イタリアン

2007年07月16日 | イタリアン


昨日は母と姉を招いてのディナー。農協で旬のお野菜などを買ってきたのでそれを使ってイタリアンに仕上げました。
・軽く炙った鰯ののサワーマリネ フレッシュトマトソースにグリーンを散りばめて
・渡り蟹とかぼちゃのパッパルデッレ
・豚ヒレ肉の胡麻ロースト マンゴーソースとバルサミコソース

です。鰯は塩漬けしてワインビネガーに通し、オリーブオイルでマリネ。それを仕上げにバーナーで軽く炙って香ばしさを付けました。
パッパルデッレは近所のマーケットで生のものが売られていたので思わずゲット。かぼちゃをペーストにしたものと、渡り蟹をワイン蒸ししたダシでのばし、身と生クリームでソースに。ほんのり甘くて奥深い味でした。
ヒレのロースとは前日から塩砂糖、香草でマリネしておき、暖かいところで少し熟成させたあと、白胡麻をまとわせてロースト。ちょっと焼きすぎちゃったかな。17分焼いたけど13分ぐらいでよかったはず。冷凍マンゴーをピュレにして塩胡椒し、昨年イタリアで買ってきた15年物のバルサミコをトロトロかけました。味はよかったです。ジュラのクレマンと、イタリアサルディーニア島のカンノナウを合わせました。良くしゃべって良く飲んだな。その分今日もジムで消費してこなくては。

今日は本当にいいお天気ですね。湿気を台風がお持ち帰りしてくれたから、カラッとして清々しい。早速お布団干しました。気分いい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セブン&ダンチュウのコラボカレーを真似て

2007年07月14日 | 洋食


先日、ふとしたことから口にした、セブイレブンとダンチュウの共同開発カレー。少々酔った後に食べたので、贔屓めな味覚になっていたかもしれませんが、これが結構美味しかったんです。欧風カレーともインドカレーともタイカレー言えない、それ全部の要素をミックスしたような。よし、作ろう!と奮闘しました。
玉ねぎと人参をゆっくりと飴色になるまで炒め、にんにくしょうが、スパイス類も加えて炒め合せる。お手本はスーッとした香辛料も入っていたようなので、中国山椒も入れてみました。そのあとは鶏のスープでのばし、小麦粉をはたいて炒めた鶏もも肉、野菜類を入れて煮、ココナッツミルク、マンゴーチャツネ、トマトピューレ、魚醤、などなどを入れて30分ほど煮込みます。鶏もも肉が硬くなるので、煮込みすぎは厳禁。最後にガラムマサラとカイエンヌペッパー、サワークリームを少々加えて仕上げ。美味しかったです!かなり満足。自分作カレーの中でも上位にきます、これは。腰のある白ワインとあわせたかったんですが、高めの在庫しかなかったので、ミュスカデに。やはり負けてしまったけれど、辛さを和らげるにはよかったかな。
今日は母と姉とディナー。豚ヒレ肉のローストロゼ仕上げにするつもり。その前に「そう」の執筆を片付けます。そのあとは夜に備えてジム。相変わらず食べること中心に動いてます。

朝方の暴風、すごかったですね。窓ガラスがしなるような音に珍しく起こされて、しばらく外をジーっとみていました。昔の人は気象衛星なんか無かったから、突然の嵐を神の怒りに感じたんでしょうか。ジハードとか。しかしどんなに科学文明が発達しても、自然の猛威にはかないませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、ノスタルジック

2007年07月14日 | 洋食

きのうは「そう」の編集会議でした。相変わらず議論は白熱して9時半過ぎまでかかりました。来年発行の原稿もいただけまして嬉しい限り。ブライダル関係の執筆ばかりではつまりませんものね。ということで、昨日は買い物する暇も無くありあわせでディナー。
・レタスのサラダ
・ポトフ風キャベツのスープ
・ナポリタン
です。野菜とベーコンはあったので、喫茶店風ナポリタンに。いわゆる「粉チーズ」がうちには無いので、パルミジャーノレッジャーノをゴリゴリ削っていただきました(偉そうですみません。調味料だけはブルジョアクラスです)。ケチャップの少し香ばしくこげた香りが、幼い頃連れて行ってもらった喫茶店を思い起こさせます。コーヒー、ケチャップ、ウスターソース、カレーなどの匂いが入り混じり、インストゥルメンタルのイングリッシュポップやボサノバ、フュージョンがBGMに流れているような。。。ノスタルジックな雰囲気に包まれました。そして美味しかったです。
今日の雨は傘の存在を「これでもか」と無力化にするほど暴れん坊ですね。薄暗い部屋の中から、降りしきる雨を眺めるのは嫌いじゃありません。さっきまでは車の乗り降りでびしょぬれになって悪態をついていた私ですが。
皆さん、台風には気をつけましょう。変な〆!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加