おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

予定より2ヶ月遅れのフラスカティ

2017年05月14日 | お出かけ
いつもお世話になっている
ギャラリーサンセリテのオーナーから
「怪しいイベントをやるからいらっしゃい」
とお誘いをいただきまして参加。
そこで繰り広げられたのは
アメリカを中心に活躍している「ひでお」さんと
現在開催中の展覧会のアーティスト
上村菜々子さんらのパフォーマンス。
テーマは「無常 無音」ですが
尺八の音や童謡や子守唄を謡う声が
ときに幽玄にときに怪しげに響き渡ります。
周りにはたくさん人がいるのに
ひとりぼっちの心細さを覚えました。
バックに展示してあった
上村さんが描いた人気のないスキー場の絵も
その思いを助長していたように思います。
ミステリアスな夜でした。



さて、テーマの話題に移ります。
フラスカティさんに行ってまいりました。
実は2ヶ月前にお邪魔する予定で予約したのですが
諸事情があって前々日にキャンセルしてしまったのです。
その節は申し訳ございませんでした。
その後も、潮干狩り後に友人たちが出かけたので
一緒に行く選択肢もあったのですが
もう少し落ち着いてからお邪魔しようと断念。
晴れて、と言うわけではありませんが
前を向いて歩くエネルギーをいただきにあがりました。



アンティパスト・ミスト・マーレ

西浦港水揚げ魚介類の漁師風盛り合わせです・
赤いか、よし海老(?)、イワシ、
生しらす、タコをシンプルな調味でいただきます。
シェフがわざわざ早朝の西浦港へ出向き
仕入れてくるそう。
言ってはなんですが
こうした魚介類のお値段は決して高くはありません。
何故かと言うと
チマチマとした下処理が面倒くさくて
普通のお料理やさんは嫌がるからです。
多分トロ箱でドーンと売られているのでしょう。
魚介類の個性と魅力を知り尽くしているシェフが
スルーするわけがありません。
宝物を見つけたように目を輝かせている姿
容易に想像できます^^
これだけの手作業量を考えたら
もっと取ってください、と言いたい。

さて、お味。
どれもシンプルながら奥深い味わい。
イワシのマリネには涙が出そうでした。
海沿いのイタリア料理ばんざい!





トリッパと豆、大麦の香草煮込み

フリウリ風でトマトを使わないタイプ。
トマトを使うローマ風も好きですが
やっぱりこちらを選んでしまいます。
安定の美味しさでした。




サマートリュフのパッパルデッレ

サマートリュフがメニューに登場!
これは頼まない選択肢はありませんね。
香りはやや控えめでしたが
私はこれぐらいの方が好みかも。
どぎつく香るものは
トリュフに限らず苦手です。
チーズと相まって官能的な香味でした。



ザンギエイのムニエル

遠州灘で上ったエイだそうです。
エイ、と聞くとアンモニア臭を思い浮かべますが
鮮度が良くてちゃんと処理してあれば
大変美味しいお魚なんですよ。
この筋繊維からするとかなり大物ですね。
アンモニア臭などかけらもなく
驚くほど美味でした。
口の中で儚くほぐれる感覚もクセになりそう。




ブルターニュの仔牛もも肉のお料理

お料理名は忘れました^^;
もも肉に粉をはたいてこんがり焼き上げ
ケイパーやトマト、ハーブのソースでいただきます。
いつもいただくビステッカトは全く異なり
大変複雑な味わいが口内に広がりました。
これはワインなしでは食べられない料理ですね(笑)



栗のカタラーナ

「栗のカ」と聞いただけで
カルタ取りのように「それで」とオーダー。
これはもう偏愛の域に達しております。
その偏愛にきちんと答えてくれるから
熱狂的な偏愛者にステップアップするのです。




アッフォガード

すみません終了間際の撮影で^^;
先日友人たちが感動していた一品。
私は初めていただきました。
ミルクジェラートの美味しかったこと!!!




自家製のくるみリキュール

マダム曰く養命酒のような味わいだそうです。
養命酒は飲んだことありませんが
苦味が少し効いた薬酒って感じですかね。
五臓六腑に良さそうです(笑)


今回も大満足でございました。
先日友人たちが訪れたことを
シェフは大変喜んでくださってるみたい。
Yちゃんがミルクジェラートを作ったらしいと伝えたら
「相当な変態だね」と笑ってました。
Yちゃん、お褒めの言葉いただいたよ〜(笑)

美味しいお食事でお腹を満たし
アットホームな雰囲気に包まれて
色々なパワーを充電できた気がします。
チカラめし、いつもありがとうございます!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春から初夏へと移ろう、里弄... | トップ | うな豊さんで、回顧録執筆未遂。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Y)
2017-05-14 19:21:14
お褒めの言葉ありがとうございます!
とよろしくお伝えくださいませ(笑)

確かにアンティパスト・ミスト・マーレは初っぱなからノックのアウトされた一品。
そして〆は栗のカタラーナお代わりという..
何れも美味しかった~
今度はご一緒しましょうね♪
Unknown (mie)
2017-05-15 10:11:20
Yて。。。(笑)

早速作ったって伝えたら、シェフ喜んでたよ^^
牛乳と砂糖だけで、あんなに美味しくなるなんて驚きだね。手間暇はかかるみたいだけど。

アンティパスト・ミスト・マーレ、私も感動した!
高級魚なんかよりも、こういう魚介類が好きなんだ、と再認識したよ。甲殻類・軟体動物・青魚LOVE🎶

今度は一緒にテーブルを囲もうね〜

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。