おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

旅立ちの時

2017年06月20日 | つぶやき
6月16日、義母が他界しました。
明日荼毘にふす予定です。

我々が先週水曜日に見舞いした翌日
急激に血圧が低下したらしく
その翌日に息を引き取りました。
最期はギリギリ孫(姪っ子)とも会えたようで何より。
呼吸の状態が急変したので
妹が旦那さんと姪っ子を急遽呼び寄せ
到着して5分後に旅立ったようです。


末期のすい臓ガン告知を受けてからまる3ヶ月。
母の希望通り延命治療は一切せず
あらゆる痛みを抑えて迎えた最期でした。


宣告された余命よりも
かなり短くはありましたが
途中苛まれた痛みを100%取り除いてもらえ
最後の1ヶ月間は安らかに過ごせたと思います。
美意識とプライドの高い母に
あの状態であと数ヶ月過ごさせるのは酷というもの。
何度尋ねても「痛くない」と答えてくれたため
家族も安堵し、納得しております。


告知されて1ヶ月経過した頃だったかしら?
誰にもい会いたくないという母に
メールを一通送りました。
内容は二人だけの秘密にしておきますが
悲壮感に打ちひしがれて
「泣く」という行為さえ忘れていた母が
おいおいと涙を流したそうです。
別に泣かせる意図で書いたわけではありません。
とにかく安心してほしい一心で綴りました。
今までの人生に悔いはないという一言をいただき
むしろ私の方が免罪符をもらっちゃった感じです。



痛みに耐えかねて入院する間際に
妹へ託した最期の装束である
趣味のコーラスの衣装を身にまとい
身内贔屓、お世辞抜きにとっても美しい母。
明日はいよいよお別れのときですが
姿形は無くなっても私たちの心には
永遠に「優しいくて美しい母」として記憶に残ります。


母と呼べる人がいなくなりましたが
100%死を迎える人間としては当たり前の経験。
母の旅立ちを見送って
私たちも新たな旅に出なければなりません。



眠れなくなっちゃったので
徒然なるままに書かせてもらいました。
明日が終われば
また慌ただしい毎日が始まります。
意気消沈している父と妹が心配ですが
「時の経過」という強力な浄化作用に期待するしかありません。
人間は意外と弱いものですが
さりとて意外と強い生き物です。

前を向いて行きましょう♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョーズキッチンで好吃夜曲 | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。