おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひとりパリ歩き・前半

2017年07月14日 | 旅(海外)
ヒルのようにベッドに張り付いて寝ましたところ
驚くほど頭も体もスッキリしました!
無理しなくて本当に良かった。。。
あれで無理くり街へ繰り出していたら
このスッキリ感は絶対に得られなかったことでしょう。
現地時間の6時半頃に目覚めたということは
12時間ベッドの上にいたということ。
そう気づいた途端に喉が渇き、お腹が空きました。
手元にあるのは飛行機内でもらった
ペットボトルの水とあられのみ。
あられを口に放り込んでムシャムシャ咀嚼し
泣けなしの水で流し込んだところ
呼び水となって空腹感がマックスに到達。
腹の虫が大合唱し始めたので急いで支度し
パリの街へと繰り出しました。




メトロの一日乗車券を購入

一日乗車券は使用する範囲によって値段が異なります。
私はパリの中心部のみなので、1−2区間で。
元を取るつもりで今日はアグレッシブに動きますよ♪



メトロを乗り継いでバスティーユ駅で下車

目的地の最寄り駅はルドリュ・ロラン駅ですが
ちょっと朝の散歩も兼ねまして。
お腹の虫がうるさいけど^^;



ようやくパリっぽさを満喫

パツンパツンの縦列駐車が
ヨーロッパの街並みを象徴します。



アリーグル市場に到着!

この日は土曜日だったので
バスティーユの市場はお休み。
すぐそばのアリーグルまで足を伸ばしました。
まずはポワッソヌリーがお出迎え。
お魚屋さんです。



ブッシェリー

お肉屋さん。



フロマージュリー

チーズ屋さん。



エピスリー

スパイスやパスタなど
乾物を中心に置いています。



もう一軒のフロマージュリー



オリーブのブティーク

買いたいなぁ。



桃や杏、さくらんぼががいい香り



屋外マルシェ

みなさんキャリーケース持参です。
今夜の献立を考えながらそぞろ歩き。



アルティショー

アーティチョークも旬ですね。
ヨーロッパでは2回収穫期があるそうです。



極太ホワイトアスパラ

もう夏に差し掛かっているので
名残のホワイトアスパラでしょう。
そう、この日もかなり暑かった^^;



フルーリスト

お花屋さん。
カップ咲きのバラがキュートです。


コンテの30ヶ月ものを500グラム買いました^^




ギャレ・リヨン

リヨン駅まで歩きまして
また地下鉄を乗り継ぎ



ポワラーヌ本店



パンドカンパーニュ

ポワラーヌといったらこれ。
以前にトゥールーズかどこかで売っていて
Atsuと一緒に食べた記憶がありますが
本店で買うのは初めてです^^
半分に切っていただきました。


と、食べ物ばかりを見ているのに
ここまでお腹へ何も入れておりません。
とにかくサンドイッチが食べたい。
バゲットにバターとハムを挟んだ
極めてシンプルなカスクルートが。。。
そう思っていたら
フランスのファストフード店が見つかりました。
この際贅沢言ってなんかいられません。



バターとハムだけのカスクルート

ビールはなく炭酸水。
この状態でビールなんか飲んだら
胃がびっくりして
しゃっくりが止まらなくなること必至。
ガス入りの水がちょうど良かったです。
バゲットは食感的にイマイチでしたが
ハムとバターが美味しいので御の字。
ガツガツと一瞬で平らげました。
これが今回初めてのパリ食(笑)



モンパルナスタワー

モンパルナスタワーを眺めながら
ちょっと遅めのプティ・デジュネでした。


さて、チェックアウトを済ませるために
メトロを乗り継いで一旦ホテルへ帰ります。



半熟卵のゼリー寄せ

どうしても気になったお惣菜をマルシェで購入。
お部屋で立ち食いしました(笑)

チェックアウトして荷物をフロントに預け
再出陣いたしますよ。
パリ中心部の外れにホテルを取ったので
この時点で一日乗車券の元はとりました。
さて、後半へ・・・



仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひとりパリ歩き・前半〜完〜

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仏初祝!昇涙酒造蔵開き/プ... | トップ | 仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。