おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

初秋のAUX CRIEURS DE VIN

2016年10月18日 | お出かけ
ここ数ヶ月、休息のための休日を過ごしていません。
仕事をしているか遊んでいるか…
はたまた飲んでいるか食べているか…
そして倒れこむように寝る毎日。
今の私には
何も考えずぼーっとする時間が必要かもしれません。
なぜなら、疲れが全然取れないから(T_T)
これが四十路半ばの変調か、と
身を以て感じております。だる〜〜〜。


さて、先日オークリウールドヴァンさんにお邪魔しました。
疲れた心と体を土井さんとシェフのお料理に癒してもらいたくて。



グジェール

定番のお口取り。
口内が戦闘モードになります。
いやいや、癒されに来たんだから^^;



タコとアヴォカドのサラダ

プリフィクスに前菜追加。
どれにしようか選ぼうにも
決められない捨てられない。
シンプルなサラダですが
タコの美味しい季節ですから
スペシャルな味わいになるのです。
火入れ加減が絶妙でした。



子羊のパテ

ゴロッとしたミンチが食べ応えあり。
噛み進めると独特の芳香が
口いっぱいに広がります。
粘りで結着しているというよりは
肉と肉が小指同士で何とか繋がっている感じ。
わかりますかね?この表現。
そんなホロホロ感が、好き。



赤イカの詰め物

詰め物の名前を忘れました^^;
ラタトゥイユ的な
野菜のトマト煮込みです。
印籠詰めのようになっていて美味!
派手な技巧を用いず
素材の良さを引き出す調理。
シェフらしさ満載だわ。




スズキのブールブランソース

クラシカルな料理でシェフの定番。
体高のあるスズキの身にフォークを入れると
ポロっと剥がれる丁度いい火入れ。
臭みなど一切なく甘みを感じます。
ブールブランの酸味とコクを纏うと
淡白めな白身であるスズキが
堂々とした存在感を放つから不思議。
野性味のあるツルムラサキと好相性でした。



ここまではこの白で。


さてメイン・・・


と行きたいところですが
写真撮ってない(T_T)
思惑通りにしっかり癒されて
撮影のことなど上の空。

お料理は

栗とキノコと豚肉のココット

でした。
旨味を凝縮した一皿に心酔。
写真なんてどーでもいいと思わせた
その味わいを想像してみてください。
美味しゅうございました。



グラスワインを所望



ブリュレ的なもの

いつもはフロマージュなんですけど
珍しくデセールをオーダー。
名前に惹かれたのに名前を忘れるという…
一口食べて大人の味わいに感動し
ハードリカーに合わせたいと思いまして




コニャックを一杯

素敵な余韻をもたらしてくれました。


やっぱり大好きなお店です。
土井さんとお話をしていたら
このブログを読んでくださっている方が
お客様としてご来店されたと伺いました。
稚拙なブログをご高覧いただき
毎度ありがとうございますm(_ _)m
私の大好きな味わいと時間を
みなさんと共有できたら幸いです。


さて、お仕事頑張りまーす!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第二回淑女会 | トップ | 里弄さん 上海蟹入荷二日前… »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。