おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

親と子の宿命

2017年03月21日 | つぶやき
日記的、私書箱的な場として
このブログを利用しておりますが
ひとたびアップしてしまえば
全世界の人々から見ることができる窓。
書こうかどうしようか思い悩みましたが
自分の頭を整理して前に進むために
思いを記すことにいたしました。


義母が末期ガンを宣告されました。


青天の霹靂です。
数日経った今でも信じられませんし
むしろ時を重ねるほどに
「悪趣味な冗談」としか思えません。
本人が一番驚き、
信じられない思いをしていることでしょう。


年末に里帰りした時、
確かに少し痩せていたけれど
糖質制限していると聞き、
なるほどな、と思った程度。
最近疲れやすくて…とも言っておりましたが
70も後半になれば当然のことと受け止めていました。
病魔が体を蝕んでいたとはつゆ知らず…
滅多に愚痴や弱音を吐かない人なので
その時も相当しんどかったんだと思います。


私の家系は長寿か突然死かで両極端。
近親者で余命を言い渡された者はおりません。
だから今何をすべきかさっぱりわからないのです。
もしも経験があったとしても
捉え方は人それぞれなので
経験値が活きることはないし
それを振りかざすのも失礼な話ですけどね。


皆様薄々感じていらっしゃると思いますが
私は既婚者であるのに好き勝手させてもらっており
嫁らしいことは盆暮れにしかいたしません。
何を隠そう、電話が大の苦手で
実の親でさえ
ご機嫌伺いに電話するなんてことができず
寂しい思いをさせてきました。
今も離れて住む義母が
「まだ誰とも話したくない」
と言っていると聞き
心のどこかでホッとしている自分がいます。
なんて臆病で薄情なんでしょう。



とにかく今は
パニック状態から脱しきれませんが
大切な息子を一任された嫁として
何ができるのか真剣に考えています。
幸いパソコンとペンとノートさえあれば
どこでも仕事ができる自由な身なので
東海道新幹線内をオフィス代わりにし
義母、そして義父や義理の妹家族が
心地よく過ごせる環境作りをしたいな、と。


私の母には「ありがとう」さえ伝えることができず
突然のお別れとなってしまいました。

義母にはたくさんの「ありがとう」を伝えます。
人に心配をかけるのが何より嫌いな方なので
極力自然にさりげなく…

人一人につき親は二人。
所帯を持てば四人になります。
親を送り出すのは子の役目。
一番初めに私の母が逝っちゃったけど
いつかは三人にもサヨナラを言わなければなりません。
そう。順番だけは間違えちゃダメですね。
昨日聞いた話だと
「東京オリンピックを見たい」
という欲が湧いてきたらしいので
少しでも長く親孝行させていただきましょう。



そんなこんなですが
豊橋にいるときは
普段通りの生活を続けたいと思います。
お仕事を全うするのはもちろんの事
予定している遊びには極力参加しますよ。
溜まった記憶もブログで綴り続けます。
ここで宣言しておかないと
全てが「誤魔化し」や「フリ」になり
いつもシラけた気分になりそうで。
何卒ご理解ください。


では、次は讃岐紀行の続きでお会いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 讃岐うどん巡礼/前半 | トップ | 居酒屋 酒甫手 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。