おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひとりパリ歩き・後半

2017年07月17日 | 旅(海外)
12時のチェックアウトを待たずに
荷物をフロントへ預けてまた街へ繰り出します。



出口を撮影

メトロは出口が沢山あるので
こうして写メしておくと間違えません。


メトロを乗り継いで向かった先は…




Laurent Dubois

熟成士のいるフロマージュリーです。
大変有名なお店で
店内はかなり混み合っていました。
まずは物色しましょう。



シェーブルとブルビ

垂涎の品揃えに目が輝きます。




白カビとウォッシュ

ウワァ〜、全部食べたい。




上段には硬質と半硬質チーズ

こりゃたまらん。


グルグルと見回して
ようやく購入の意思を固めたところ
お店のスタッフさんが手一杯で
なかなか私の順番が回ってきません。
そう、ここはマンツーマンで購入するシステムです。
スタッフにコレとアレ、と伝えてカットしてもらい
それを計量して包装してようやく精算。
みんな買う量が半端じゃないから
いつまでたっても終わらない^^;
存在感をアピールしまくっていたら
奥からマダムと思しき妙齢の女性が出てこられました。
「マダーム、エクスキュゼ モワ!」と呼び止め
ようやく買い物ができる状態に。
サレールのアルパージュものを500グラムと
サンマルスランのアフィネをオーダー。
すると
「あなたはジャポネね?
サレールは真空パックしてあげる。
だから日本に持ち帰ることもできるけど
サンマルスランは真空パックできないから
必ずパリ滞在中に食べること」
と念を押されました。
「アンタンデュ」と答えてニッコリ。
でも、パリでは食べませんが^^;

買い足りない気持ちは山々でしたが
フランスのホテルは冷蔵庫がないところも多く
この熱波でしかも常温ではすぐに傷んでしまいます。
「今日はこの辺にしといてやるか…」と
自分を納得させ隣の店でコニャックを1本購入。
パリから次の目的地へ向かう
車中で飲むお酒です^^

またメトロを乗り継いで向かった先は…



Le Petit Sommelier

モンパルナス駅のすぐ近くにあります。
パリの二つ星でソムリエをされていた方から
教えていただいたレストランです。
もう一つスペシャルなレストランを教えていただいたんですが
一人だし気楽な方がいいやと思い
リザベーションなしでも訪れることができる
こちらのお店にお邪魔しました。
土曜日だったのでランチメニューはなく
アラカルトからチョイスします。



DEC&DONOHUEのビール

クローネンブルグもありましたが
隣の人が飲んでるのが美味しそうだったので
ギャルソンに視線で訴えて
こちらをいただきました。
フランスのクラフトビールみたいです。
香りが良く適度な苦味も効いて美味。



アントレから一品

タイのタルタルとレモンのコンフィに
きゅうりのソース、ビーツのムースを合わせたアントレ。
色々な要素が混じり合って複雑な味わい。
でも、不思議と喧嘩したり
邪魔なものがありませんでした。
これに合わせてワインを所望。



アルザスのリースリング

この魚料理に絶対合うと
ギャルソンが言うので従いました。
飲んだ瞬間にやや雑味を感じましたが
料理と合わせると、なるほどと納得。


もう一杯はプイイフュッセだったかな?
そう、白ワインは2杯飲みました^^



プラ・プランシパルから一品

野生の鴨のフィレロースト、鴨足、
コンフィのペーストのパートフィロ包みと
アーティチョークのムースリーヌ。
鴨の火入れが絶妙な上、味わいも濃密で
アーティチョークのムースリーヌも美味でした。
街場の気軽なレストランでこのクオリティは凄い。
もちろん赤ワインと合わせましたよ♪



カフェで〆

隣にチワワを抱っこしている
初老の女性客がおりまして
目と目があってニッコリ会釈。
私がビールにワインを3杯を飲む姿をみ
「よく飲むわねぇ〜」
的なリアクションを送ってこられました。
確かに周りを見渡しても皆1杯だけで済ませてる。
ま、昼ですからね^^
私は日常ではなく非日常だからお許しを。

ギャルソンの対応も大変良かったし
お料理も期待以上で何よりでした。
良い店を紹介していただき感謝です^^


少し時間があったので
美術館は無理でも小さな博物館ならいけるかな?と
ルーブル美術館の敷地内にある
フランスの衣装や道具を展示している博物館に行こうと思うも
メトロに乗ったら最寄りの駅をスルーする。
あれ?すぎちゃった、と
今度は反対側のメトロに乗ってもスルー。
あの駅は何に乗ったら降りれたのでしょうか?
謎です。
そんなことをやっていたら
ビミョーな時間になってしまったので
ホテルに戻ることにしました。。。



ホテルの最寄り駅

二日間でこの駅、
何回もお世話になったわ。


メトロとパリ高速鉄道RERを乗り継いで
シャルル・ド・ゴール空港へ向かいます。
いよいよみなさんと合流!



仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひとりパリ歩き・後半〜完〜

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひ... | トップ | 仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ペ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅(海外)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。