おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

函館観光からの晩酌タイム

2017年09月22日 | 旅(国内)
山田農場を後にしまして
函館方面へと方向転換します。
天気もいいので大沼公園に寄り
独りボートにでも乗ろうかな?
なんて侘しすぎる行動を思いつきましたが
イベントか何かで近づける状態じゃありませんでした。
残念。ボート漕ぎには自信があるのに(笑)
他にプランが思いつかず函館市内へ。
そういえば五稜郭は未訪問だ、
と思いついて早速向かいました。


五稜郭の詳細はこちらを参照してください。
私め、幕末史が苦手でして。。。



箱館奉行所



五稜郭タワー

五稜郭タワー1階は
大陸の観光客で大にぎわい。
お土産購入に嬉々としている方達が
大声で喋るからホール全体にこだまします。
巨大なスイカとか買ったりしてるけど
お国まで持ち帰るのかしら。。。。
タワーの上まで昇り
五稜郭たる所以をこの目で確認しようと思うも
あまりの盛況ぶりに心が萎えました。
頭の中で星型を描きまして
昇ったつもりにでもなりましょう。


車を走らせ、今度は函館山へ。
こちらもインバウンドの方で賑わっていましたが
比較的個人行動の方が多いようで
混乱はありませんでした。



ロープウェー乗車



眼前にパノラマの情景が広がります

左には函館湾、右には津軽海峡がアーチを描き
函館市のくびれ部分を縁取ります。
穏やかな表情ですね。



静かに波打つ津軽海峡

波紋が美しいドレープのよう。



陸影は下北半島かしら

この海をマグロが回遊しているのね。
あっちは大間のマグロ、
こっちは戸井のマグロ。
そんな風に呼び分けられていることを
マグロたちはつゆ知らず。



パノラマ撮影

時間は16時過ぎ。
お日様はギラギラ照りつけていますが
夜景を見るために
観光客が続々と昇ってきます。
そんな動きと逆行して私は下山。
もうすぐ晩酌タイムが始まるから
ここで落日を待つわけにはいかないのです。



レンタカーを返却してチェックイン

えーっと…
この部屋、1人で使っていいんですよね?



キッチンもある!

市場で材料買ってくるという手もあったわ。



洗濯できる!

1泊こっきりの宿借りでは勿体無い設備です。
滞在型の旅にはもってこいですね。


さて、晩酌タイムへ突入しましょう。
訪れたのは日曜日とあって
めぼしいお店はほとんど休業。
とある方から教えていただいた
海鮮料理メインのお店へお邪魔しました。



つぶ貝



ホヤの塩辛



お造り盛り合わせ

うに、水タコ、マグロ、帆立貝柱
かに、ヒラメ、さっ・・・さば。
取材前夜につき鯖は遠慮しました。
自制心が働くようになって何よりです。


カニクリームコロッケ

お魚ばかり食べていたので
こってり火を通したものが食べたくて。

1人で飲みながらモソモソ食べていたところ
お隣で仲良く飲んでいた親子連れさんが
気の毒に思ったのか(笑)
お声をかけてくださいました。
意気投合して盃を酌み交わし
どういう経緯か覚えておりませんけど
最後にお名前と電話番号を頂戴してしまったわ^^;
お父様、カウンターに3人並び
楽しく飲んだことが相当嬉しかったらしく
あなたがもう少し若かったら息子の嫁に…
的なことをおっしゃっていた記憶がございます。
しかし、息子さんと私は親子ほど年の差が。
もう少しじゃなくて、
ふた回り若くないとダメですよ(笑)


程よく酔っていい夜になりました。
ありがとうございます^^

広すぎる部屋に帰って
しっかり体を休め
翌日に備えます。


函館観光からの晩酌タイム 〜完〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かね久山田手打ちそば店+山田... | トップ | 函館電車旅からの函館の幸満喫 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅(国内)」カテゴリの最新記事