おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

父と梅見

2017年02月21日 | つぶやき
怒涛の日々もピークを超え
心に少しだけゆとりができました。
で、いきなりですが
父の話をさせてください。

先日、父から電話がありました。
お恥ずかしいことですが
またmoneyの無心かと思い
渋々電話に出たところ
「梅祭りに行こう」だと…
は?梅まつり?そんな風流な趣味あったっけ、
と怪訝に思いながらも話を聞くと
昨年そこで出されたお汁粉が超絶美味しかったらしい。
今までなら「勝手に行ってきたら?」
で済ますのですが
なんとなく断れなくて悩んでしまいました。
前日に58人前のパーティ料理を作る予定があったので
その日はヨレヨレに決まってます。
しかもお汁粉がなくなるから
行くのは午前中だと言って聞きません。
自分の体力に自信がありませんでしたが
断ったら後悔する気がし
一緒に行く約束をしました。




梅の花

凛として隙のない花ですね、梅って。
お汁粉には想像を絶する長蛇の列が出来上がっており
残念ながらありつけませんでした。
私はどうでもいいけど(笑)
それにしてもいい天気。
お日様の下で父と二人きりで歩くなんて
生まれてこのかた無かったかも…
物心ついた時から父は放蕩人で
ボウリング、ビリヤード、ゴルフなど
遊びの域をずば抜けて極める人間です。
ゴルフに至ってはハンデ0で
クラブチャンピオンを12年連続獲得。
東海クラシックのアマ枠にも出てました。
とにかく自分の好きなことしかやらない。
やるときは徹底し、家族を顧みない。
飲む、打つ、買いはしないけどちょこちょこ遊ぶ。
おしゃれも徹底していて
色違いでカシミアのセーターを何枚も買う。
冬の下着はアンゴラ。
トランクスにまでアイロンをかけさせる。
ある日突然車が変わっている。
父がまともな時間に家でご飯を食べるのは
大晦日とお正月だけ。
よく何年も一緒に居られたな…母。
しかしこんな父でも腐っても父。
年老いて一人暮らしをしていると思うと
「生きてるかな?」と心配が絶えません。


「俺は紅梅の香りが大好きだ」


と梅の枝が折れんばかりに鼻へと手繰り寄せる父。
やっぱり他人の迷惑を顧みない。



「俺はうまいものしか食わない主義」


お昼ご飯を私に奢らせておいて
全くもって憎たらしいことを言う。


「お前はやっぱり俺の子だな」


何を言い出すかと思いきや
若い頃ゴルフのツアーに参加し(アマのくせに)
遠征先で食べた料理を新聞のコラムに
ちょこちょこ載せていたんだとか。
あと、依頼されて会社案内を作っていたと言います。
マジですか…今の私の仕事とかぶってる。


正直、似ている部分があることは自認しています。
自己中心的で猪突猛進
欲しいものは何がなんでも手に入れる
一度言い出したら聞かないところなど…
私が自己嫌悪して隠し通そうとしてるところを
全く隠そうとせず本能で生きている人。


この話を姉たちへLINEで送ると


「本当に幸せな人だね…」


と、ひとこと。
今更何を言っても変わらないでしょう。
健康的とは真逆な生活をしているので
そんなに長生きしないと思います。
とか言いつつ
ヘビースモーカーなのに肺は健康そのものらしい。
最近は公共のジムに通い始めたとか…鍛えとる。
とにかく、老い先短いには違いないので
後悔しないように付き合っていきたいと思います。
どこまででも調子にのるので本人には言いませんが
遺影写真撮影を兼ねて
姉妹3人と遠出でもしようかしらと思案中。
そう、遺影写真がないんですよ。
父の写真なんて撮った記憶がない…
姉たちも同意見。
まだピンピンしているのに
遺影だなんて不謹慎と思われるかもしれませんが
本人が全く終活のことを考えていないので
私たちがなんとかするしかないのです。
15年前までは
父の存在なんて記憶から抹殺してやる
なんて思ったものですが
やはり親子の縁は切っても切れませんね。
不思議なものです。



そんなことを考えた昼下がりでした。
なんかスッキリしたわ。
つぶやきにお付き合いいただき、
ありがとうございますm(_ _)m
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年初っ端の里弄さん | トップ | 淑女会Vol.4・睦月の章/菜の花 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。