おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

仏初祝!昇涙酒造蔵開き/プロローグ

2017年07月11日 | 旅(海外)
いよいよテーマの一件について書く日が来ました。
濃厚な内容につき、筆をとる手が重かったのと
忙しくてスケジュール的に無理だったのもありまして^^;


確かまだ肌寒い頃だったと思います。
京丹後に出張が入ると決まり
宇宙一怖いと名高い鳥取の山枡酒店さんに
日本海側まで行きますから
鳥取でお会いしませんか?と
かなり強引な約束を取り付けまして
スケジュールの確認なんかをしていました。
そこで展開された会話が下記となります。

山枡さん「6月の後半はフランスに行くのでいません」

私「いいですね、フランス。ずっと行ってないな〜」

山枡さん「行きますか?みんなでワイワイした方が楽しいし」

私「ちょっとお時間くださいませ」

時間をいただいた結果、
行く決断をしてしまったわけです^^;
初めは軽い観光気分で行きたい意向を表しただけですが
渡仏する最大の目的はテーマの通り。
フランス初の日本酒蔵の蔵開きを見届けることです。
前々からお話を聞いていましたが
この歴史的瞬間を見ない手はない。
行かなかったら絶対に後悔すると、
渡航の意思がしっかり固まりました。
詳細につきましては後日詳しく綴ります。


さて、渡航が決まったから
エアチケットを取って・・・
と思うもパスポートの有効期限が目の前に迫っております。
まずは更新の手続きをしてからでないと
当たり前ですがエアチケットは取れません。
すったもんだがあって
危なっかしいトランジットの格安航空券をゲット。
あとは山枡さんに情報をいただきながら
蔵周辺の宿を取るなどしておりました。
その後、義母の病気が発覚しまして
渡航をやめることも考えたのですが
キャンセル料100%のエアチケットで
行っても行かなくても料金は全額ペイ。
家族の理解と後押しがありまして
行く行かないの決断を先送りにすることにしました。
よって、本当にギリギリで渡航を決めたのです。
このことはごく一部の人にしか言っておりません。
正直、前日まで公私ともに劇的に多忙で
このままいったら倒れるんじゃないか?
と危ぶまれたほどだったんです。
当日の早朝、重い体を布団から引き剥がし
なんとか遅刻することなく空港に到着。



成田空港到着

名古屋からは直行便がないので
行きはセントレア→成田→パリCDGという道のり。




とりあえずビールで旅の無事を祈り
旅立たせてくれた義母に献杯。

しかしこのビールがまずかった。。。
サーバー洗浄怠っているのが丸わかりの饐えた味。
こういうところでは瓶ビールが正解ですね。




機内でウィスキーを啜りまったり

と眠るつもりが
映画を見まくって
本を読みふけっていたら
パリに着いてしまいました。




パリ市内行きの電車待ち

皆さんと合流する前に1泊パリで、
と考えていたのですが
先述の通りなんの準備もできぬままの旅立ちだったので
予習も何もせず
チケットを買うのに一苦労しました。
正直パリはノープラン。
かつてパリの二つ星レストランで
ソムリエをされていた方から
おすすめのお店情報を聞いていたので
それだけが頼りで後は真っ白です。
ま、なんとかなるでしょう、と
電車に乗り込んだら
熱波がフランス全土を覆っているというのに
車中は全然冷房がかかっておらず
帰宅ラッシュにぶち当たったのもあり
熱気と人いきれで頭クラクラ。
地下鉄を乗り継いで
ホテル最寄駅に着いたら
もう何かをする気力も体力も残っていません。



bookingドットコムで
出発直前に当てずっぽうで取った宿



エレベーター

この奥行き、わかります?
閉所恐怖症の人ならきっと失神します。



狭すぎて内観が撮れません(笑)



ゴスロリっぽさがありながら



エロティシズムに溢れ



リアリズムでもある

さすがホテル名にデザインが付くだけありますね(笑)



18時すぎていますが
全く夕方っぽさはありません。


この風景を見届けて
ベッドのシーツをめくり上げることもなく
そのまま倒れこみました。
何も食べたくない、飲みたくない。
むしろ食べたり飲んだら
もっと調子悪くなっちゃうよ、と
体が悲痛の叫びをあげていたので
12時間近くベッドに張り付いて寝ておりました。
パリの夜、台無しです・・・


翌日から本気出した私に乞うご期待。


仏初祝!昇涙酒造蔵開き/プロローグ〜完〜


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淑女会Vol.8・水無月の章/菜... | トップ | 仏初祝!昇涙酒造蔵開き/ひ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。