おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

土の色発見・楽焼作りと茶会体験「土・色・茶の湯」

2017年03月27日 | イベント
昨日とは打って変わって晴天ですね。
昨日の中部地方は一日中土砂降りでした。
そんな足元最悪な中行われたのが
テーマに掲げました

土の色発見・楽焼作りと茶会体験「土・色・茶の湯」

ところは瀬戸の陶磁美術館。
小学生以下のお子様と親御さんが
茶碗を作成し、泥染をし、楽焼をしてお茶会に参加するという
盛りだくさんなワークショップです。
講師は陶芸家でもある味岡伸太郎氏。
私は茶席にお出しする
茶菓子担当として参加いたしました。
3/5に茶碗を成形して素焼きをし
昨日楽焼するというスケジュール。




釜は耐熱ブロックで

先日湯谷の山荘におきまして
私たちがサンプルを焼かせてもらったものです。
これを瀬戸まで移動したとは…お疲れ様です^^;
器の焼成というと
何日も薪を焚べて夜通し見張り
というイメージがありますが
これは下焼きをした後の楽焼ですから
ものの数分で焼き上がります。
真っ赤に燃え盛る炉の中から
パチパチと音を立てながら取り出される器は
本当に神秘的です。
子供も大人も夢中になって覗き込んでいました。
皆さんの抹茶茶碗を見させていただいたら
何ともまぁ、個性あふれる面々だこと。
中には洗面器みたいなのもありました。
きっと大器朝成する子なのでしょう(笑)



菓子を盛る皿

こちらは成形も絵付けも当日済ませたそうです。
雨が釉薬に当たって飛沫が白い部分に飛び
偶然の産物ながらもアーティスティックな表情。
先生「うまく焼けたら一枚あげるわ」
と湯谷の山荘でおっしゃったこと
覚えてらっしゃるかしら?^^;
ちなみに焼成は陶芸家の稲吉オサムさんが担当。


無事器が出来上がって
茶室で茶会が始まります。



泥で染めた麻布と木で築いた茶室

使用した土は愛知県下の各地から集めています。
21種の土のグラデーションが美しいですね。



床の間の花器も掛け軸も土




茶菓子2種

先ほどの器に盛りました。
椿のゼリー寄せと蕗のアンゼリカ風です。
味岡氏から
「土をテーマにした会だから
菓子の素材も野のもので」
という縛りを言い渡されました。
ということで味岡邸にて
石蕗と椿の花を採取。
椿の花はジャムにしてから寒天で寄せています。
少し酸を入れて発色を促しましたが
基本的に使用しているのは寒天と砂糖のみ。

石蕗はアクが強いので
板ずりして茹でて皮をむいてから
かなり長い時間水に晒しています。
あとは重量の半量の砂糖で煮て
乾かしたら砂糖をまぶすだけ。
青い香りが清々しいと好評でした。




懐紙も土染め

小原和紙の作家である
加納夫妻が染めてくださった懐紙。
大変美しくてため息が出ます。
これは赤土で染めたものですが
黄土と黒土で染めたものも素敵でした。



抹茶茶碗

私の陳腐な器は行方不明になったので
どなたかが焼いたものを拝借。







3/5から当日の模様を小冊子で記録

当日の、ってところがミソです。
当日撮影した写真をレイアウトしてプリントし
せっせと裁断したものを
一生懸命ミシンで縫ってました(笑)
親子のいい思い出になりますね^^



お子様や親御さんによって
反応は様々でしたが
幼いうちからハイレベルなワークショップに参加できるって
とても幸せなことだと思います。
今は情報を容易に拡散できるし入手もできる。
積極性さえあればどんどん経験を重ねられます。
この日の楽しさに味をしめ
陶芸家が生まれたら素敵ですね^^


そんな様子を見ていて
自分の幼い頃を振り返ってみました。
うちは商売をやっていて
父は存在するけど母子家庭のような生活。
旅行といえば転勤族で日本中を渡り歩く
親戚の家に押しかけるだとか
たまーに温泉へ行くだとか、そんな程度。
平日は商売が忙しいので
土日は家事に当てるのが母の過ごし方でした。
平日は近所の幼馴染たちと公園で遊んでいましたが
土日は図書館から大量の本を借りて読み耽ったり
手製の人形で人形劇を開催したり。それも一人でw
お菓子や料理を作り始めたのも小学生時代。
とにかく本が好き、空想するのが好き、料理が好きだったんです。
思えばこの頃に私の素地ができていたのかも。
料理するライター…
なるべくしてなったんですかね(笑)


学びのチャンスって誰かに与えられなくても
以外と身近に転がっているものかもしれません。
もちろん様々な可能性に触れて
選択肢が増えることは素晴らしいですが
人と比べて悲観する必要はない気がします。
そんなことを考えた一日でした。


とにかく、ワークショップは素晴らしかったです。
私めが作った茶菓子が
美術の中に溶け込んでいたことを目の当たりにし
大変嬉しく思いました。
好きなことをやり続け
いい続けていれば
いつか必要とされる時が来る。
これも大人になって学んだことの一つ。
これからもウザいぐらいに
やって言って見せつけていきますよ〜。


話があっちこっちへ飛びましたが
今後もお付き合いのほど、
宜しくお願い致しますm(_ _)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大好きモカイオ3連発

2017年03月25日 | お出かけ
座って執筆する時間が長すぎて
最近、立ち上がると膝が痛いです…
悟りも開いてないし徳も積んでないのに
姿形だけ即身仏になりそうだ、と
久々にジムへ行ってきました。
気持ちよく汗をかいてお風呂に入り
心身ともにスッキリし、
さあ帰ろうとロッカールームから出たら
皆さんの眼差しが私の頭部に集中します。
なんだろう?と思って、はっ!と気づく。
バスタオルをターバンのように巻いたまま
受付まで出て行ってしまったのです・・・
恥ずかしさのあまり
その場でガバッとタオルを取り去り
櫛を通さずボサボサのヘアスタイルで帰宅。
まるで山姥のようでした。


さて、テーマのお話。
名古屋丸の内にあります
トスカーナ料理のモカイオさん。
何度かお邪魔しているのですが
飲みすぎなのかメンバーが原因なのか
とにかく最後まで写真が撮れない。
最後どころか会半ばでいつも断念。
だからここに書くのもなーと思っていたんですが
未投稿3回分が結構な量になったので
お蔵入りさせず
まとめてドンとアップします。

まずは11月に開かれた
生後10ヵ月前後の猪
チンギアレットを食べる会。


















これがチンギアレット。
美味しかったなぁーーー。




以上です。
どれもこれも美味しかったわ。
カリフラワーの塩ゆでにも大感動。
目からウロコの美味しさでした。
他にもリゾットやパスタなども食べたのに…


2回目は如月の淑女会。
この日は特別ゲストとして
スパイシーなコメンテーター
及び美食家として名高い
S弁護士をお招きしました。
そして熟、もとい淑女だらけに黒1点では
肩身がせまいでしょうと
モカイオの常連である大盛氏もお招き。
そんなこんなで
史上最強に写真が撮れませんでした(笑)











以上!!

諦めるの早すぎ。。
それだけ盛り上がったということですね^^
どうやって帰ったか覚えてませんが
目覚めたらちゃんと寝床におりました。
帰巣本能って凄い。



そして3回目。
名古屋ウィメンズマラソンのために来名した
N子先生のご友人らをお招きして
モカイオでお疲れ様パーティ。
私を含めマラソン無関係者が大半でしたが(笑)
ここで20年ぶりぐらいにY子さんと再会!
私がチーズに狂っていた時の出会いでした。
彼女は現在も日本のチーズ会を牽引されています。
私は日本のおばさん味覚になり
発酵食品といえば味噌醤油ばかり^^;
とにもかくにも嬉しい再会でした。




















全部美味しかったです。
猪のミンチカツ(?)美味しかったなぁ。
みんなが絶賛していた
リゾットが食べられなかったのは悔やまれます(涙)。



こうしてみてみると
フォカッチャとカリフラワーは
毎回必ず撮影している。
この二つに絞って定点観測しようか…


これからモカイオさんのことを
撮影チャンス泥棒と呼ばせていただきます。
美味しいお料理と美味しいワインは
それらを囲む人々の会話を盛り上げ
写真なんかそっちのけにしてしまいます。
大皿から取り分けるから
あたしの分…と目を光らせているうちに
忘れてしまうのも一因かも^^;
何れにしても毎回美味しくて楽しいです。


いつもごちそうさまです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

讃岐うどん巡礼/後半

2017年03月23日 | 旅(国内)
丸亀市における午前中の取材が
無事に終了いたしました。
丸亀からフランスへと修行に渡り
帰国してフランス料理店を開いたお方の取材。
本家をそのまま利用したという
大邸宅レストランに圧倒されました…
取材後の雑談でうどん愛について伺ったところ
フランスで修行していた時は
無性に食べたくなると
自分で打っていたそうです。
粉はいっくらでもありますもんね(笑)
讃岐人のうどん愛、すごーい。
ついでに周辺でオススメのお店は?
とお伺いしたましたところ
「日の出製麺もいいけど、
僕は山内うどん派です」だそう。
次回の巡礼の参考にさせていただきますm(_ _)m

取材陣ご一行とランチをいただき一旦解散。
讃岐うどん店はたいていのお店が
14時から15時ぐらいで閉店しますが
1店ぐらいなら行けそうだ!
と足早に街中へ。
ホテルから約2キロほど歩いて
県庁のすぐ近くにあるこのお店を再訪。





さか枝

前回訪問時、
小豆島行きのフェリーに乗る前に
手っ取り早く食べられるお店として選び
なかなか美味しかった記憶を頼りに。
ただ、塩対応なのもしっかり記憶。
セルフうどん店は店々で流儀が違い
毎回勝手がわからず挙動不審になります。

前回も勝手知ったように
「ひやひやで」とお姉さんに訴えたら
「なにそれ?」と返され瞬間フリーズ。
ここでは“冷たいかけうどん”が正解でした…
今回はその反省を胸に
「冷たいかけうどん小をください」
とお願いしたら「ないよ」と返されフリーズ。
この時期だからないのか
今日この時間がないのか
質す余裕など私にはございません(涙)
「では、かけうどん小をください」とお願いすると
「ぬるいのがいいなら湯通しやめて
そのまま出汁かけたらいいよ」とお姉さん。
つっけんどんなのか何なのかわかりませんが
悪い人ではなさそうです。



かけうどん小

ぬるいのは嫌なので
周りの作法を見ながら湯通ししました。
お会計も周りを見ながら済ませ
カウンターに着席してようやくホッ。
前回同様緊張するワーーー。

セルフうどんで茹で置きですが
回転がいいのでモチモチです。
出汁はコックでジャー、タイプ。
わかりますかね?(笑)
いりこがしっかり香るキレのある出汁です。



帰りはアーケード街を散策。



老舗の乾物店 丸一



節のパラダイス、略して“節パラ”

いりこも色々あって“いりパラ”でしたが
やまくにさんで大人買いしたので自粛。
ムロアジの節を100g買って200円!安っ!
こういうお店が近くにあったら
削りたてを小まめに買えていいですよね〜。




その他戦利品

香川のアンテナショップで
丸島の国産有機丸大豆醤油と
やまくにさんに教えてもらった
香川本鷹の一味を購入。
香川本鷹は豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に
参戦した香川の塩飽水軍が
戦利品として塩飽諸島に持ち帰ったとか…
逆に朝鮮出兵の際に塩飽水軍が
朝鮮半島へ持ち込んだという説もあります。
どうなんでしょうね。
安価な輸入品に押され
昭和50年頃に途絶えたと考えられていましたが
細々と栽培されているのを県職員が見つけ
復活プロジェクトを立ち上げたとな。
町おこしの教科書的なストーリーですね^^;
何れにしても美味しいものが復活するのは良いこと。
開封するのが楽しみです^^


この日の夜は懇親会とともに更け・・・



翌朝もスッキリ目覚め^^

カフェでインタビューを終えまして



上原屋本店へ

現地のお客様に教えていただきました。
せっかくなのでこのお客様のうどん論を記します。

香川県人にとってうどんはごくごく身近なもの。
わざわざ並んだり遠出してまで食べません。
むしろ県外の皆さんの方が詳しいです。
食べたいと思ったタイミングで
一番近い店に入るのが常。
これだけ競争が激しいと
いい加減なものを出している店は
遅かれ早かれ潰れます。
営業が存続しているお店ならば
一定レベル以上だと考えているんです。

だそうです。なーるほど。
上原屋本店も長く続く老舗。
すなわち県民に支持されているということですね。
うどん巡礼の人々もおりましたが
ほとんどが周辺のサラリーマン。
皆様慣れた手つきで天ぷらを取り
迷いもためらいも見せず
うどんをオーダーされてます。



ひやひや

昨日さか枝でフラれたひやひや(笑)
麺も汁も冷たい組み合わせです。
セルフなので茹で置きですが
回転が恐ろしく早いので麺の状態良好。
汁もキレのあるタイプでした。



こんにゃくの天ぷら



おでんのこんにゃく

こんにゃく愛炸裂です。
お腹にたまりにくいのもありまして。


取材陣ご一行様も
満足されたようで何よりです^^
これにてうどん巡礼終了!


今回はトータル5件伺えました。
普段はもっぱら蕎麦党ですが
讃岐に入ったらうどんのみ。
オリエンテーリングみたいで楽しいんですよね。
友人一同でツアーを組む予定もあるので
今回行けずに涙を飲んだ谷川米穀店は
絶対に入れてもらうことをここに宣告。
もちろん夜の部は酒甫手さん。

うどん県の皆様、ご馳走様でした!




独歩を飲みながら三河へ帰国…


讃岐うどん巡礼2017春  〜完〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居酒屋 酒甫手

2017年03月22日 | 旅(国内)

高松城址

難攻不落の城を
上から目線で失礼します。
琴電の終着駅を横に従え
旅情を誘う景色ですね。
天守台の修復を終え
天守閣復元を目指しているようですよ。
名古屋城が早いか高松城が早いか
どちらでしょう。
さて、私は不夜城へと攻め入ります。



中国・九州地方に多く見られる
巨大なアーケード街を横目に



目的地へ到着



居酒屋 酒甫手

燗酒と美味い肴がいただけるとの
噂を聞きつけてやってまいりました。




まずはビール

うどんを介した塩分過剰摂取と
温泉による脱水効果によりまして
カラカラのスポンジが
水を吸うかのごとく喉の奥へ消えゆきました。
小松菜のおひたし、美味!


一人カウンターに座って片目をつぶり
「カーッ!!」と出そうな声をこらえ
ビールをかき飲む一人女に興味を示されたか
女将さんがお声掛け下さいました。
「お仕事ですか?どちらから?」と。
愛知から仕事で来た旨をお伝えし
燗酒のおすすめどころを所望いたしましたところ
「じゃ、西の方中心にお勧めしますね」と女将さん。
ここでYさんとKさんの名前を出したら
一気に話が盛り上がりました^^



本日のお刺身盛り合わせ

ハマチ、平貝、サバ、ヒラメです。
サバの存在に少々ビビりましたが
このお店なら大丈夫、と意を決し
口に入れましたら美味しいこと!
少し熟成させているのか
脂がこなれて
光り物の良さが前面に出てます。
地物の平貝も美味しかったなぁ。




お馴染みの弁天娘ちゃん

色々飲まれたいなら半合ずつどうぞ
とお勧め頂いたのでご好意に甘えて半合ずつ。
ハァーー。落ち着く。



飯蛸の天ぷら

炊いた飯蛸を天ぷらに。
香川ではポピュラーな食べ方だそうです。
天ぷらというよりは
竜田揚げのような仕上がり。
お酒を誘って仕方ありません。



詰まってますよー



天穩 特別純米「馨」佐香錦

食中酒にピッタリな一本。
落ち着くー。しみじみ美味い。




葉たまねぎの天ぷら

新玉ねぎではなく葉玉ねぎ。
葉玉ねぎはそういう品種があるわけでなく
ごくごく若い「状態」を指す呼び方。
葉っぱも新芽状態だから柔らかいんです。
球根部分も辛味がなく美味しいんです。






玉櫻 きもと純米 山田錦70 27BY

玉櫻×蔵朱さんオリジナル濁りです。
700本限定のうちの1本を出していただきました。
濁りももちろんお燗してもらいます。
お腹の底から「あ”ーーー」と声が出そう。
お燗した濁りは脂や油によく合います。



焼きそら豆

春らしいお皿をオーダー。
豆の旨味を最大限に引き出す調理法ですね。



川鶴 純米無濾過 近江玉栄24BY

酒甫手さんは日本酒をこよなく愛していらっしゃり
地元の蔵で一般的な評価が高くても
納得がいかないと置かないそうです。
これはお二人のお眼鏡にかなった一本。
結構パンチがありましたが
こなれた酸味が好印象でした。



かきどうふ

メニューボードで一番気になった一品。
どういうものが出てくるか想像ができませんでしたが
「出汁で飲める一品です」とお伺いした途端
前のめりになってオーダーしました。
これは強烈な酒泥棒です。
出汁ひと匙で平盃一杯のペース必至。
牡蠣の数を数えて配分を考えながら




玉櫻 純米 佐香錦27BY

まだまだ角があって若い印象。



女将さんは玉櫻押しw
玉櫻セットで出していただきました^^



十旭日 山廃純米 24BY

去る平成24年、
試験的に山廃仕込みに挑戦したそうです。
試験だけで終わったそうですが(笑)
酸味と苦味がなかなかいいじゃないですか。
1回こっきりが惜しいです。



干し柿チーズ

お腹は満足だけれど
ゆるゆる飲みたいとの希望に
女将さんがオススメしてくださった一品。
これを出されてしまったら、
「ゆるゆる」を通り越して
「ダラダラ」際限なく飲みそうです^^;



日置桜のきもと玉栄 25BY

締めはこれで♪
あ”ーーー落ち着くーーー。



こちらでお燗してくれますよ

お忙しい中、
女将さんがお相手してくださって
美味しくて楽しいひと時が過ごせました。
燗酒を飲んでニヤニヤしていると
見せる用の瓶の裏から
特別な一本が出てきます(笑)。
「うちはヤラシイ店なんで」
と関西人特有の「ヤラシイ」という言葉を
しきりに使っていらっしゃいましたが
ヤラシイの大歓迎!

ちなみに俄か酒知識を振りかざし
なんでもかんでも
「冷」「常温」と叫んでいるおじ様には
大人かつ事務的な対応をされてましたとさw

香川を訪れた際は
また必ずお邪魔します^^
大将,女将さん、ご馳走様でした!
いいお店を紹介してくださった
YさんとKさんに感謝m(_ _)m


美味しい純米酒と
美味しいお肴に恵まれた翌朝は



目覚めスッキリ


讃岐うどん巡礼/後半に続く…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

親と子の宿命

2017年03月21日 | つぶやき
日記的、私書箱的な場として
このブログを利用しておりますが
ひとたびアップしてしまえば
全世界の人々から見ることができる窓。
書こうかどうしようか思い悩みましたが
自分の頭を整理して前に進むために
思いを記すことにいたしました。


義母が末期ガンを宣告されました。


青天の霹靂です。
数日経った今でも信じられませんし
むしろ時を重ねるほどに
「悪趣味な冗談」としか思えません。
本人が一番驚き、
信じられない思いをしていることでしょう。


年末に里帰りした時、
確かに少し痩せていたけれど
糖質制限していると聞き、
なるほどな、と思った程度。
最近疲れやすくて…とも言っておりましたが
70も後半になれば当然のことと受け止めていました。
病魔が体を蝕んでいたとはつゆ知らず…
滅多に愚痴や弱音を吐かない人なので
その時も相当しんどかったんだと思います。


私の家系は長寿か突然死かで両極端。
近親者で余命を言い渡された者はおりません。
だから今何をすべきかさっぱりわからないのです。
もしも経験があったとしても
捉え方は人それぞれなので
経験値が活きることはないし
それを振りかざすのも失礼な話ですけどね。


皆様薄々感じていらっしゃると思いますが
私は既婚者であるのに好き勝手させてもらっており
嫁らしいことは盆暮れにしかいたしません。
何を隠そう、電話が大の苦手で
実の親でさえ
ご機嫌伺いに電話するなんてことができず
寂しい思いをさせてきました。
今も離れて住む義母が
「まだ誰とも話したくない」
と言っていると聞き
心のどこかでホッとしている自分がいます。
なんて臆病で薄情なんでしょう。



とにかく今は
パニック状態から脱しきれませんが
大切な息子を一任された嫁として
何ができるのか真剣に考えています。
幸いパソコンとペンとノートさえあれば
どこでも仕事ができる自由な身なので
東海道新幹線内をオフィス代わりにし
義母、そして義父や義理の妹家族が
心地よく過ごせる環境作りをしたいな、と。


私の母には「ありがとう」さえ伝えることができず
突然のお別れとなってしまいました。

義母にはたくさんの「ありがとう」を伝えます。
人に心配をかけるのが何より嫌いな方なので
極力自然にさりげなく…

人一人につき親は二人。
所帯を持てば四人になります。
親を送り出すのは子の役目。
一番初めに私の母が逝っちゃったけど
いつかは三人にもサヨナラを言わなければなりません。
そう。順番だけは間違えちゃダメですね。
昨日聞いた話だと
「東京オリンピックを見たい」
という欲が湧いてきたらしいので
少しでも長く親孝行させていただきましょう。



そんなこんなですが
豊橋にいるときは
普段通りの生活を続けたいと思います。
お仕事を全うするのはもちろんの事
予定している遊びには極力参加しますよ。
溜まった記憶もブログで綴り続けます。
ここで宣言しておかないと
全てが「誤魔化し」や「フリ」になり
いつもシラけた気分になりそうで。
何卒ご理解ください。


では、次は讃岐紀行の続きでお会いしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加