どうせ地球のチリだからな。

生き方を変えたから、ブログも変えようと思った。
企画屋の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レコーディング

2012-01-31 14:39:07 | Weblog
始まりました。
レコーディング。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日の報告もしなくちゃなんないけど。

2012-01-30 23:55:06 | Weblog
ちょっと、本当に大変な仕事の量。
それと、アポの量。
一つ一つやるしかねぇ。

時間に余裕がないので、近いうちに必ず報告するぜよ。
心には余裕があるけどね。
何故なら、神戸に行ったから。

神戸の武田さん、加藤さん、島根さん、おでこがテルさん、室崎さん、その他ゆかいな仲間たち。
本当にありがとうございました。

スコップ団のVTRが流れ、終了した直後に会場全体が拍手に包まれた。
優しい人達が多くて、照れるし泣きそうになるし、突然の申し出に困惑するしで俺はどうしようもないダメな奴でしたが、
元気をもらって帰ってきたように思います。

日本が狭いと思う。
本当に心からそう思います。
スコップ団は、本当に全国区なんだなぁと、客観的に見ることが出来た気がする。

あんなにイライラしてたのに、最近はとても穏やかだ。
でも、俺の初志は「怒り」だったりする。
現状に満足することなく、イライラを止めてはいけない。

商売上、イライラがとても大切です。
イライラしたらそれを解決するのが、企画屋だから。
それが、ビジネスだから。
人が出来ない事をするから、お金がもらえる。
誰でも出来る内容ならば、対価は生まれない。

俺達の活動だってそうだ。

やるからには価値のあることを。
それを、誰かの為に無償でやるから意味がある。

タダでもいらねぇものはいらねぇ。

毎日をどのようにクリエイトしていくか、それは俺次第。

・・・。

まずは、仕事を頑張ります。

ひ~。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

鉄人28号

2012-01-30 13:29:39 | Weblog
ゴスペラーズの島根さんが案内してくれた長田地区。
宮城もいつか必ず十七年という月日が経つ。
鉄人28号。
スゲーでかかった。

こういう人になりてぇなあ。
いるだけで強さと安心感を与えるような人に、俺はなる。

今から仙台へ戻ります。
何も起きなくて良かった。

ファック災害。
この感情は変わらんな。

昨夜、ヘラヘラ笑いながら被災者だの、被災地だのという政治家を見たが、しかし嫌になるね。
ま、関係ねぇけど。

飛びま~す!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

バイキング

2012-01-30 08:59:02 | Weblog
手前が俺。
奥が奴。

「なんか、その写真だと俺だけがバカみたいに食ったみたいだべや。」
「事実、そうじゃん?」

そんな爽やかな神戸の朝だよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ツイン

2012-01-29 23:54:14 | Weblog
本日は、午前中スコップ。
午後から移動して神戸のスコップ団イベントへ。
我妻とツイン…

何故だぁ…
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ワイルド ランディング

2012-01-29 16:17:44 | Weblog
着いた。
ワイルドなランディングにビックリしたけど、無事に関西入りしました。
写真は見送り団。
見送りありがとう。行って来ます。
ツナギ、かわいいね。
我妻は、ずっと寝てましたぶ~。

地震が多い。
何かあったら、ドックウッド集合。
メールも電話も役に立たない。
ブログのコメントは強い。

連絡はそこで。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

1/28の報告でござる。

2012-01-29 00:23:35 | Weblog
寒い一日でした。
実は、ここんとこの激務で寝不足。
朝など、体が動かない。
でもね。
男が一度やるっつったんだから、やるんだよ!

さて、行ってみよう!!

「おはようございます!」


「道具を積むぞぉ!」


あらま!銀世界!!


「ねぇ、おじいちゃん。探すものありますか?」
「ねぇの、ねぇの。なんもねぇんだから。」
「そうですか。じゃあ、キレイにしよう。最後にキレイにしてやろうぜ。」
「お願いします。」
「おう!でも、俺達はプロじゃないんだよ。失礼があったらすみません。」


「え~。気持ち悪くじゃれてるところ悪いんだけど。モノボケでもする?」
「しな~い。」
「しようよ~。おほん!」
「お、なんか始まるよ!」


「え~、今回のオスカー受賞に関してなんですが・・・」


「超つまんない。反応できない。」
「超つまんないか。」


「そうか・・・。」


「じゃあ、これはここに置いておこう。」


これらの木を、チェーンソーで斬る。
「ふふふ。またつまらぬモノを斬ってしまったのだす。」
「丸太だからね。面白くはないよね、リョウちゃん。今日、冴えないね。」
「うっせ。」
「うっせ。」


よし!
ガンガン行こう!!








この柱を切った時に、俺、膝負傷!
でもね、さっき晩御飯食べたから治りました。
明日も頑張ろう!!






へい!終わり!!
今日、エンジンかかんなくてごめんね。
朝一発目で、膝を強打したの。
てへ。


ナイスコップ!!






いらねぇって言ってたけど、こんなにも大切なものだらけ。


家が最後に笑ってくれているようだね。
俺は、ロマンチストではないが毎回そう思う。


スコップ団京都の皆様。
おにぎり、本当にご馳走様でした。


藤崎の上をお借りして、募金活動の説明。


本当に寒い中、皆の頑張っている姿を見てさ、おじさんは胸がいっぱいになっちまったんだよ。
ばあちゃんが最初に小銭を入れてくれた時。
ナカユウが号泣。
「止まらない。」
「涙?」
「うん。了さん。何も言わないで。」
「嬉しいね。」
「言わないでってば!!」
皆も同じ気持ちだったと思う。

俺が感謝することじゃないって知ってる。
それでも、知っておいて欲しいんだ。

みんな、ありがとうございました!

皆に、
「短気」
とか、
「人にお願いする才能ゼロ」
とか言われまくりましたが、三全では頑張りました。
でもね、今日は泣かなかったんだぜ。

何故なら、朝、山元インターで通行券を渡すとオジサンが、
「テレビで見ましたよ!頑張って下さってありがとう!私達も頑張ります!」
と言われて、一日ハッピーだったから。

ダンプに乗ってたゆっきぃが、
「なんか、初めて目の当たりにしました。」
と感慨深げに言っていた。

そうなんだよ。
むかつくことの方が多いけど、嬉しい事もいっぱいあるんだ。
いっぱいあるんだよ。

東京から来た高校生諸君。
本当にありがとう。

俺はね、阪神大震災の時。
君たちのようには出来なかった。

同じ高校生だったけど、出来なかったんだよ。

だから、君たちの勝ちだ。
またしても、俺は完敗である。

さて、期限が迫っています。
申し込みが済んでいないスコップ団、関係者。
早~く!!!!
あと3日で〆切!!!
こちらのフォームから申し込んでください。

おつコップ。

明日もよろスコップ。

今からでも遅くねぇ。
一緒に行こう。

そして、いつか堂々と子ども達にお話をしよう。
「あの時、父さんはスコップ団っていってね・・・」
と。

【スコップ団という考え方】
があったっていいと思う。
それを否定されたって構やしねぇ。

無関心が一番怖い。
そんな世の中が、俺は一番怖い。

待ってたって、誰も何もしてくんねぇよ。
誰のせいでもねぇだろう。

俺は、一人でだってやる。
でも、今は一人じゃねぇもんね。

一人じゃないって素敵なことね。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

寒い

2012-01-28 17:22:57 | Weblog
寒い中のスコップも無事に終わり、極寒の中の募金活動もヨコシン募金隊長のもと無事終了の連絡をもらいました。
俺は少しだけ募金隊に参加し、「萩の月」で有名な菓匠 三全に行ってきたぜ。
専務は高校の大先輩にあたる。
臨機応変のチカラ。
ゲリラの強さを評価してくださり、なんと言っても嬉しかったのは、山元町のNHKの取材の時のあの淀川さんが、三全の部長さんだった。
専務に、
「スコップを沢山持って、颯爽と、かっこいい人達が来てくれた。」
と、言ってくれていたそうだ。
「じいさんは元気で過ごしているのか?」
と聞くと、
「とても元気。平さん。私が代わりにありがとうございました。」
とのこと。

嬉しかったんだよ。
泣きそう。

じいさん、写真も送ってくれたっけなぁ。

そうかぁ。
偉い人だったんだなぁ。

ま、関係ねぇけど。

協力してくれるって。
フライヤーも、たくさん受け取ってくれた。

皆も知っておいてください。
俺だけが知っておくには勿体無い話だ。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ終わらぬ。

2012-01-28 00:53:19 | Weblog
仕事がまだまだ終わらぬ。
でも、いいんだ。
毎日が奇跡的である。
その事に慣れてしまってはいけない。
自重をしつつ、気迫で勝ろう。
現在、二千万突破。
大口無しで、二千万。

あと少しです。

おい、みんな。
あと少しだぜ。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

俺の負けじゃのう。

2012-01-27 04:26:28 | Weblog
朝から晩まで、とにかく人と会うだけの一日だった。
しかも、仕事じゃなくてスコップ関連で。
仕事がアホみたいに溜まってるが、俺は生きてるから何とかなるし、なんとかする。
それも出来ないようじゃ話にならない。
頑張るよ。
楽しいしね。普通に仕事が出来る楽しさや幸せを知ったから、強くなったなぁと思います。
その打合せの合間にエスパルに寄った。
そこで働くスコッパーがこう言った。
「団長、今日ね、高校生がお財布をひっくり返して募金箱に小銭を全部入れてたんですって。」
「マジか。」
「うん。高校生の頃ってさ、小銭って、すごい大事だと思うんだ。あたし、胸がいっぱいになっちゃって…」
と言葉を詰まらせる。

確かにそうだね。
俺、高校生の頃、そんなこと出来たかなぁ?

多分ね、しないと思う。
自信がある。
しない。
だから、俺の負けだ。

宮城には、いい若者がいるのう!
会った事もないし、今後、会うことがあるかどうかすら知らん。

それでも、僕は君に言いたい。

どうもありがとう。
完敗です。
素敵だね、君達は。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加